プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



母を月一の診察に病院へ連れて行きました

循環器の専門医ですが小さな病院なので

駐車場が狭く数台しか停めることができません

今回も満車だったので道路で母を降ろし

空いたら駐車場に入れて待っているからと

母に伝えました



すぐに一台出ていったので

そこに駐車して漢字パズルをやりながら

母を待っていました



1時間ほどすると携帯に電話がかかり

母でした・・・


「あなた どこにいるの?」 と母


「えっ? 駐車場だけどお母さんはどこ?」


「家よ!」



急いで帰宅してどうして一人で歩いて帰ったのかと

母に尋ねると

私が駐車場にいなかったと言うのです

ずっと駐車場にいたという私の言葉に耳も貸さず

プンプン怒って私を酷いとなじり手が付けられません

たった数台の車から私の車を見つけられないなんて

どこに目を付けてるんだ!と怒鳴り返したかったけれど



私はいつものようにだんまりを決め込んで

じっと我慢の子です



そんな中でふと考えました

これがもし姑だったら私はきっとブチ切れて

文句の一つも言わなきゃ許せなかったでしょう


自分の母親だから許せるのだと思うと

亡くなった義母にちょっと申し訳ない気持ちになりました



私は良い嫁だっただろうか

もう少し優しくしてあげられたんじゃないだろうかって・・・




ほんと 嫁姑って難しい


今さらだけど・・・



最後まで読んでくれてありがとう
 

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


最近の母はよくヨロヨロっと

転びそうになってどこかにぶつかったりします

ワーファリンを服用しているので

ケガをして出血すると血が止まらくなり危険です

ぶつけたところは内出血して

大きな真っ黒いシミのようになります


週に3日は1人で過ごすので

私がいないときに転んだら大事になるかもしれません

だからと言って

ずっと母と過ごすわけにもいかないし・・・


パパリンも週に4日は1人なので

これ以上不自由させるのはかわいそうです


2軒の家を行き来する私にしても

普通の主婦の2倍近く負荷がかかってしまいます


この生活がいつまで続くのかわからないけれど

世の中には私より大変な人がたくさんいるはずだし

とにかくがむしゃらに働くようにしています




町内の一斉清掃もあっちとこっちと2週連続でやりました


合間にはテニスの会議やら試合やら

色々お付き合いもあるからねぇ

削れるものはやっぱり睡眠時間だけかも




あぁもうブツブツ言ったり書いたりはやめよう

一声叫んでおしまいにしましょ



んが-っ!!!



負けるもんか!
お絵描きしていた頃が懐かしい


最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


母を月に一度病院に連れて行きます

最近は食欲もあり元気にしているので

今のところは大丈夫みたいです



しかし


家の玄関から出てきた母は

私が待っている車には見向きもせずに

向い側に停めてある他人様の車へ真っすぐに歩いて行くと

後部ドアの取っ手を引っ張りました

鍵がかかっているらしくガタガタと取っ手を動かします

私がプッと鳴らしたクラクションも耳の遠い母には届かず



「あら、どうして開かないの?」

と誰も乗っていない運転席を覗いて

初めて自分の間違いに気が付きました


そしてきまり悪そうに私の車に乗ると

不機嫌な顔でブツブツと何やら文句を言いました




私はこんな時いつもだんまりを決め込んで

静まるのを待つことにしています

これは30年以上姑と暮らした経験から学習したことです

歳を取ると感情が自制できない時があるのです



でも母は可愛い人だと思います


病院からの帰りに私に言ったのです

「ごめんね
私 病院が嫌いだから
ついあなたに当たっちゃったわ。」



こんな言葉が出る間はまだまだ大丈夫ね

ただ

目がちゃんと見えてないんじゃないかと

少々不安になったのも事実です



目の覚める赤
テニス仲間が畑から採ってくれました



最後まで読んでくれてありがとう

  色んなところにガタがくるのね

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


4月母の引越の時に

植木屋さんにお願いしてすだちを植えてもらいました

実家に大きなすだちの木があったのを

持って来られなかったのが心残りだったので




お願いした時に

実が生るまでにどのくらいかかるかと聞くと

数年かかるかもと言われ

つい

高齢の母親が生きてるうちに実らせたいと

言ってしまいました



後日植木屋さんがすだちを植えに来た時

見ると1メートルほどの丈しか無いすだちに

ポツポツと小さな実がついていました


植木屋さんは言いました

「お母さんに見てもらえるように
実の生ってる木を探しました。」



嬉しかった・・・


でもちゃんと根付いて実も大きくなってくれるだろうかと

心配していましたが

母が毎日水やりをしたり虫を取ったり

よく世話をしたお蔭で

とうとう立派な実に成長しました


初採りすだち

早速焼き魚に絞っていただきました




最後まで読んでくれてありがとう

   優しい植木屋さんありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


この度

母がめでたく 89才 を迎えました


89才おめでとう




4年前に父が亡くなった時には

母もすぐに逝ってしまうような気がしましたが

重度の心臓病を抱えながら

よくここまで頑張ってくれました

自分のことは極力自分でやり

漢字パズルと格闘しながらボケることも無く

毎日毎日

「ありがとう」
「おいしいわぁ~」


を何回も繰り返し

手のかからない可愛いおばあちゃんです



引越直後は情緒不安定っぽい面も見えましたが

今ではすっかり落ち着いて

幸せそうな顔をしています


高齢者は引越をするとボケる


よく聞く言葉です

私も随分この言葉に惑わされました


もし皆さんの中に

遠方の親御さんを近くに呼び寄せたいけれど

ボケるかもしれないからと迷ってる人がいたら

私は言いたいです

そんなことはありませんと


ただ引越直後はとても不安になるので

しばらくは優しく寄り添ってあげてください

近くに越して来たからと言って

放っておいてはいけません


一番不安な時に

すぐ傍にいて話し相手になってあげてください


それだけでいいのです


落ち着いてきたらちゃんと自立できますから

いえ 自立してもらいましょう

自分でできることは極力手を貸さずにやらせること

そして些細なことでも褒めてあげてください


私の場合は食の細い母なので

食事の時残さず食べたら必ず褒めてやります


食は命の源ですから

ちゃんと食べたら当然元気になります


母は夏バテもせず掃除洗濯は毎日自分でやっています

信じられないくらい元気になりました


鼻歌を唄いながら庭の花に水やりをしている母を見ると

家を建てるという大事業を成し遂げ

スープの冷めない距離に母を連れて来て

本当によかったと思えるのです


誰が何と言おうと

私たちのしたことは間違っていなかったと心底感じて

応援してくれたすべての人たちに

感謝せずにはいられません



人間 一歩踏み出す勇気が


必要ですね



最後まで読んでくれてありがとう

   パパリンは徹底サポートしてくれました

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


いつも笑顔で
人は誰も笑顔で生きる権利があるのです


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



・・・・・・



まだ母と一緒に暮らしています




実は病院でドクターに言われたのです


「独り暮らし?
とんでもない! 無理でしょ!」



その上

「施設に入れたら?」


とまで・・・



幸い耳の遠い母には聞こえなかったみたいですが


いつ何時何が起こるかわからないから

監視の目は常に必要だと言うのです



そんなわけで私は帰宅を断念し

まだ宙ぶらりんな生活を続けています



何も知らない母は

毎日私が作る料理をおいしいおいしいと言って

食べています


これでいいのか悪いのかわからないけれど


no choice


そう

選択の余地は無いのかも・・・



最後まで読んでくれてありがとう

   やっぱり母には幸せに暮らしてほしい

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


いつも笑顔で
人は誰も笑顔で生きる権利があるのです


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


お母さん ごめんなさい・・・


私は家に帰ります


このままじゃいけないのだと思います


高齢のお母さんを独りにするのはとても辛いけど


用事で家に帰った時に目に飛び込んできたもの


薄汚れたお風呂やトイレ

ガランとした冷蔵庫

埃だらけのベッドルーム・・・


主婦の居ない家とはこんなにも悲しく殺風景だと

気付いてしまった今

私はパパリンの元に帰らなければなりません


これからもできるだけ

お母さんの顔を見に来ますから

どうか寂しさを克服してください



90歳になる母親にしっかりせよ自立せよと促す

私は何と薄情な娘でしょうね




最後まで読んでくれてありがとう


       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


いつも笑顔で
人は誰も笑顔で生きる権利があるのです


珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



母が突然言いました


「もう家に帰ってちょうだい。」


母が新居に越してきてから1カ月半が経ち

もうほとんどの事は自分でできるようになりました

私もそろそろ家に帰る準備をしようかと

思っていた矢先ではありましたが

もう少し一緒にいてあげようかと

様子を見ながら過ごしていた時でした


母はこう付け加えたのです


「あなたがいると
気が休まらないのよ。
独りでのんびりと暮らしたいの。」



思いがけない母の言葉に耳を疑いました

母はそんな私の戸惑いなどお構いなしに

その後も色々愚痴り始めたのです


私が掃除ばかりするのが気に入らない

自分の家なのにどこも汚すこともできない

あれこれ指図されるのが鬱陶しい



本当にびっくりしました

母は喜んでくれてると

信じて疑わなかった自分が哀れで情けなくて・・・



でも母の気持ちを聞いた以上

私は必要無いのだと納得して

涙が出そうになるのを必死で堪えながら言いました


「わかったわ。
そんな風に思われてるなんて
少しも気づかなかった。
お母さんのいいようにするわ。
家に帰るね。」



その夜

ベッドの中で悶々としていて

私は気づいたのでした


あの優しい母がそんなこと思うはずがないのです

きっと私に家に帰る決心をさせるために

わざときつい言葉を吐いたのだと思いました



翌日母は私に言いました


昨日は酷いことこと言ってごめんなさい

毎日朝も昼も会社で食事をして

夜はここに寄って夕食を食べたらすぐに

独りで家に帰っていくパパリンに申し訳なくて

あなたをパパリンに早く返さなくちゃと思ったから・・・

でもあなたを傷つけてしまってごめんなさい



そう

母はそういう人です


私は全てお見通しなのさ (ΦωΦ)ふふふ・・・・



最後まで読んでくれてありがとう

   親は幾つになっても親ですね

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない




[広告] VPS

「コンバンハ」「ゴメン、ユルシテクダサイ」
「ジョウズジョウズ」「ア ヨイショ!」って言ってます。
そして相変わらずの「チュッチュチュッチュ~」もね♪



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


母が越して来て一ヶ月が経ったというのに

私はまだ自宅には帰れず母と暮らしています

なかなか自立できない母を

いつ突き放して家に帰ったらいいのだろう

あるいはこのまま帰れない日が続くのだろうかと

不安と困惑の思いで眺めています


相手が子供なら突き放すことも容易でしょうが

年寄りになかなかできることではありません


私が家に帰ったら一人ぽっちになる母は

頼りの人も話し相手も失い

パニくってオツムがおかしくなってしまうかも・・・


そんなことを考えるとなかなか帰る決心がつきません


パパリンもずっと愛妻不在じゃかわいそうだし

そろそろ帰ってきてほしいんじゃないかと

それとなく尋ねてみたら



「俺はこのままで
全然かまわないよ。」





とどこか嬉しそうに答えたのが・・・少々気に入らん!







最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


一週間前にやっと

シャッターの操作ができるようになった母は

あれから見事に自立への階段を上り

洗濯・ゴミ出し・掃除・風呂の操作等々

何とかこなせるようになりました

背中が丸くなって届かなかった物干し竿に

手が届くようになったのには驚きましたね

それに換気扇のボタンも背伸びしたら届くようになって



丸い背中が少しだけ伸びたのかもしれません

腕力も脚力も徐々についてきて

表情にどこかしら自信が窺えるようになってきました

パパリンも毎日やってきては

押入れやクローゼットの整理を手伝ったり

大きな声で話しかけたりしてくれています

パパリンのあんな大きな声を聴いたことは無く

ありがたいことだと心の中でそっと手を合わせ・・・




たりはしませんが・・・オホホ


私がマイホームに戻れる日も近いかもしれません

あとはIHの使い方を教えたらもう完全に自立です


来年90歳になる母よ

ほんと よく頑張ったね

偉い偉い~



ウッドデッキ
母のために作ったウッドデッキ  母のお気に入りよ




最後まで読んでくれてありがとう

         また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ