プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:未分類
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない




[広告] VPS

「コンバンハ」「ゴメン、ユルシテクダサイ」
「ジョウズジョウズ」「ア ヨイショ!」って言ってます。
そして相変わらずの「チュッチュチュッチュ~」もね♪



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



東北は震災で津波の被害が大きかった

石巻~気仙沼~越前高田などを見て回りました


復興工事の看板

あちこちで復興のための道路工事をしていました


地震と津波は一瞬でも

復興には何年もかかるんですね



瓦礫の山

あちこちに瓦礫の山


海岸近くにはここそこに瓦礫の山があり

パワーショベルが作業をしていました


ここに家が・・・

震災前には民家が立ち並び

家族団欒の笑い声が聞こえていたはず



ここまで来た津波

こんなに高いところまで波が押し寄せたのですね



巨大な舟が陸に流されて

巨大な舟が陸に流されて・・・今もそのまま



津波で・・・



新しい家もたくさん建っていましたが

壊れたままの建物もまだまだ残っています



テレビで何度も観た光景ではありましたが

やはり現地に行ってみると全然違ったものを感じます


テレビで報道されるのはごく一部でしかなく

私たちがその後何時間車を走らせても

津波の爪あとは延々と続いていました


山の中腹にはたくさんの仮設住宅が建ち並び

いまだ安息の日を迎えられない人々のことを思うと

胸が痛くなるのでした



知られざる場所にもまだまだ多くの人々が

辛い生活を強いられていますが

支援の手は届いているのでしょうか




あれから1年半


本格的な復興にはまだ時間がかかりそうです








最後まで読んでくれてありがとう

  

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

現実☆

今日は♪

ワイルドな旅の終わりは東北の現実を
見て来られたんですね。
なかなか復興が進まないようで、多くの人々が
苦難の日々を送っておられるんですね。
明日は我が身と思います。

それから前のコメントに付いて☆
私は学生時代の彼を振って
あまりに想像できないような家に嫁いで
苦労の連続でした。バチが当たりました。
今は立派な人生を送っている彼とメール交換をしてます。
励まされて勉強になります。


☆コメントありがとう

v-348akiちゃんへ
本当に明日は我が身かもしれませんね。
天災はいつどこに起こるかわかりませんもの。
しかしこれほど長期戦になると、仮設住宅の皆さんの健康状態が心配になります。
早く元の生活に戻れるといいですね。
akiちゃんが彼氏を振って後悔されたことは前に聞いて覚えていますよ。
その彼とメル友になられたのですね。・・・ステキ。
男女間の友情はありえないとか言われますが、
私たちの年齢になったら十分あり得る話です。
ステキな関係がずっと続きますように♪

同じ場所

あら~、マコトさんも気仙沼の船の打ち上げられた現場に行かれたんですね。
相変わらずヘドロの悪臭が立ち込めてたでしょうか?
そしてマコトさんが行かれた時は陸前高田の一本松はもう切り倒されてましたでしょうか?
街が丸ごと壊滅してるあの異常な光景は
テレビで見るのと実際目の当たりにするのとでは違いますよねぇ。

v-349まろ君へ
まろ君は早くに行かれたけれど、私は今頃になってしまいました。
自分勝手なわが身を恥じています。
ヘドロの悪臭はほとんど感じませんでしたが、実際に行ってみて
復興はまだまだだということを痛感しました。
そして、どうしてもっと急がないのか、国を挙げて支援活動を最優先しないのか、疑問がたくさん残りました。
現地の住民の憤りはもっともなことだと思います。
狭い日本の同じ国民同士なのに・・・。
義捐金だけ送って知らん顔していた自分も含め反省しなければなりません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ