プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:美容と健康
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



認知症


怖い言葉です


私・・・なりかけのような気がします


マジで





先日ちょっと大きな買い物をして

銀行にヘソクリを下ろしに行きました


カードを作っていない通帳なので印鑑が要ります

でも印鑑は確かパパリンが

通帳と印鑑は別の場所に置くほうがいいからと言って

強引に会社に持って行ったはず



家に無いんじゃないの!


そこで会社に電話をかけて印鑑をもらいに行きました

ところがパパリンから受け取った印鑑はまん丸で

私が預けたはずの印鑑は楕円形

でもパパリンはその印鑑しか預かっていないと言います


仕方なく家に帰って印鑑探しを始めました

あてもなく小さな印鑑を探すって本当に重労働です

だって自分で片付けた覚えが無いんですもの


(パパリンが預かるって言ったんじゃないの!)

ぶつぶつとパパリンに恨み言を言ってもしょうがないけど



しまいにはプルプル怒りに震えながら

パパリンの書庫の引き出しの中まで探しました



そしてとうとう見つけました 2時間後・・・


とんでもない場所に隠したのは私自身でした



気を取り直して再び銀行へゴー



印鑑で酷い目に遭った私は銀行で言いました


「カード作りますっ!」


そしたら印鑑無くてもお金下ろせるもんね



すると銀行さんが言いました


「お客様・・・
すでにカードをお持ちですが?」




いいえっそんなはずはありません!

などとほざいても通用する所ではないですから銀行は



「それではまず紛失届けを出してください。
その上カードの再発行に1050円かかりますが
よろしいでしょうか?」




と、とりあえず一度探してみますと返事をして


慌てて退散したのでありました



カードなんか見たこともないし使った覚えもありません


家に帰った私にはもう

ヘソクリ専用カードを探す気力もありませんでした





最後まで読んでくれてありがとう

   あらどちら様ですかぁ~? 私はだ~れ?

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

まだまだ大丈夫!

こんばんは~。
先日はブログにお越しくださりありがとうございました。
長らく疎かにしてしまいましたが、心の整理がついたので(と言っては大袈裟ですがe-330
またぼちぼちお邪魔させていただきますね~。^^

普段から使ってない口座ならそんなもんでしょう。
うちも分散して保管してたせいで普段使わない口座の事まで覚え切れなくて
カード作ってないと思ったら、結局探したら出て来ました。(笑)
最近再発行でなく新たにカード作るだけでも有料なのは腹が立ちます。e-262
金利低いし、どこで元取ればいいんだか…。

☆コメントありがとう

v-348まろ君へ
お久しぶりです。来てくれてありがとう。
私よりずっとずっと若いまろ君でも同じようなことがあったんだ。
ちょっとホッとしました。
でもまろ君はきっとすることがたくさんあるから忘れたのでしょう。
私は時々自分が怖くなるんですよ。
また忘れないうちにカード探してみます。

大丈夫

銀行やら保険やらのことってややこしいんだもん。
使ってなかったら忘れちゃうって。
それよりも、その大きな買い物をして忘れるようになったらご用心。
私も何か忘れ物に関するエピソードを書こうと思ったんだけど、
忘れちゃいました。

v-349こみ師匠へ
あはは、大きな買い物はマイカーだから忘れないですよ~。
しかし日に日に物忘れがひどくなってきて、
この前なんか、近所の奥さんに
「あ、やっぱり戻ってきた!」なんて言われちゃった。
秋風が師匠とはちょっと違うオツムを吹きぬける・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ