プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:世の中
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


暑中お見舞い
      申し上げます




しばらくご無沙汰していましたが

例の不正取引事件について報告したいと思います



まず事件の発端から説明しますと

ある日突然PayPalから

「PlaySp○○への代金支払いの
予約をお受けしました。」


というタイトルのメールが

異なった金額で立て続けに6件入って来ました



全く心当たりが無い私は驚いて

PC関係に精通している弟に相談したところ

弟はすぐにPayPal宛てに

未承認取引に関するクレーム

というのを送りました

同時に弟はすぐにパスワードを変更するようにと

私に言いましたので私は言われた通り

パスワードを変更しました



すると間もなくPayPalから

「先日、お客様にお心当たりがないか、
同意なしに取引が行われたという
報告をいただきました。
当社では、現在、次の取引を調査中です。」


というメールが来ました

続いて

「問題を解決するお時間をいただくため、
お使いのアカウントの機能を
一時的に制限させていただいております。

また、お客さまのアカウントに関して、
通常と異なるログイン操作が検出されました。」


とのメールが・・・



どうやら誰かが私のパスワードを手に入れて

買い物をして私の口座から引き落とし手続きをした模様



何日か経ってその6件分の金額が

銀行からすでに引き落とされていることを知った私は

不安に駆られてPayPalのお問い合わせセンターへ

電話をかけました

恐らくシンガポールであろう現地の女の子の対応は

さすがに流暢な日本語で

私の質問に答えてくれましたが

調査には2週間ほどかかるので待ってほしいとのことで

教えてもらった情報から察するに



私の口座からお金を引き落とせることを知った犯人は

PlaySp○○(ゲームソフト関連の会社らしい)から

続けて6つのソフトをダウンロードした

私が即パスワードを変更し

更にPayPalが制限をかけて

出金できないようにしていると知らない犯人は

翌日再び同じことを試みた

ところがログインできないので

何度もパスワードを色々替えてやってみたが

結局それ以上の操作はできなかった



多少の推理は入っているものの

恐らくそういうことだったのではないかと思います



そして昨日やっとPayPalから調査完了のメールが来ました


「未承認取引のクレームの調査が
完了しましたので、
取引金額を払い戻します。」




えっ? 
それだけ?



ええそれだけです


恐らくお金は全額戻って来るのでしょう

その上補償金として5ドルくださるそうです



でも

犯人はどうなったのでしょう?

経緯はわかっても犯人を特定することまではできない?


だとすると

犯人は今頃もう次の餌食を見つけているかもしれません



泥棒は警察に捕まって罰せられるのに

ネット上の泥棒は捕まらないのでしょうか?




PayPalというのはアメリカを中心に世界中に普及している

決済サービスの会社で

(金銭の授受をPayPalが仲介するため、
取引先にクレジットカード番号や口座番号を知らせる必要がなく、安全なサービスであると謳われている。)

と書いてあります。



でも現実に私のパスワードは漏れたのです

口座からお金が引き落とされたのです

被害者にはどうなったかを知る権利があると思うのですが




今回の事件で私が学んだことは

複数のパスワードは覚えられないし面倒でも

金銭絡みのパスワードは別々のものにするべきだということ


パスワードなんか一つで十分だと思ってきた

昭和の化石みたいな私は


今あちこちのパスワードを変更する作業をしています

もちろんメモは忘れずにね



今日の記事が少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです


ネットでお買い物をする皆さん

どうかパスワードに気をつけてください


それとこのような不正に気付いたら

すぐに異議申し立てをすることも忘れないでください

メール受信後45日以内と書いてありましたから

そのまま放っておくと取り返しがつかないことになります



皆さんが私みたいな怖い目に遭わないことを

心から祈っています





最後まで読んでくれてありがとう

  たくさんの皆さんにご心配おかけしました

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

コメント

マコトさん、こんにちは(^_^)

マコトさんが言うように
犯人が 次のターゲットを見つけて
同じことをやってるかもしれないと思うと
腹立たしい限りです。

詳細も知らされないままというのも
なんだか納得いかないけど
とりあえずお金だけでも戻してもらって
よかったですね。

犯人、捕まるといいですね。


こんにちは!

どうやら無事に解決したようですね。
犯人はきっと海外サーバー経由でしょうから、
捕まる可能性は低いと思います。
PayPalの決済システムに惰弱性があるのかもしれませんね。

怖い!

そう言うことって実際にあるんですね。
マコトさんは本当に災難でしたね。
私はその件に関して全く疎いのでいつターゲットに
なるか分かりません。
でも詳しい弟さんがいらっしゃって心強いですね。

それって立派な犯罪ですよね。
うちも、ウィルスにやられた時は、
パスワードとかのデータ読み取られて
不正に使われたりしないか心配しました。
そんな緊急事態時の対応とか
できないから、困り果てプロに
頼みましたよ。

弟さんがいてくれて
心強かったでしょう。








☆コメントありがとう

v-348五月うさぎちゃんへ
PayPalでは不正だと判断できた場合、
客の損害を100%補償するのが役目だそうで、
それ以上は動かないみたいです。
犯人を捕まえたいなら警察に届けてくださいと言われました。
その場合日本警察に対して情報提供は惜しまないと。
でもねぇ、そこまで私がするべきでしょうか・・・1万円ほどの被害で。

v-349共白髪さんへ
はい、お陰様で損害は被らずに済みました。
でも犯人探しはしないそうです。
犯人を捕まえたいなら警察に届けたらどうかと言われましたけど。
どうしたものでしょうかね。
こういう輩は世界中にいるんでしょうね。
科学の進歩にはリスクがつきものってことでしょうか。

v-350akiちゃんへ
akiちゃんも聡明な息子さんがいらっしゃるじゃありませんか。
もしもの時にはきっと助けてもらえますよ。
アナログ人間には住み難い世の中です。
でもakiちゃんはちゃんとついて行ってるから凄いですよ。

v-351あみ・もとちゃんへ
そう、どうしようもなくなったらプロに依頼するしかないものね。
私もウィルスにやられたことありますよ。
でもウィルスバスターが捕獲してくれて助かったんだけどね。
まるで生き物みたいだなぁって変に感心したものでした。
こういう事変には全くついていけません、私。

まずは良かったですね・・私はカード(銀行カードのみ)を持たない主義ですが、今の世の中カードがないと
不便であるかのようなTVのコマーシャルをはじめ多々有りますね。マコトさんだけでなく私にとっても
いい教訓になりましたよ。。。お疲れ!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ