プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:両親
速いもので

大好きな父がこの世を去って半年が経ちました



父の居ない実家はとっても静かです

仏壇の父の写真は決して怒鳴ったりしません



私がボロッカスに悪口を言っても

父はニコニコと笑っているだけ



ちょっと気に入らないとすぐに怒鳴った父はもういません


それはそれで平和でいいかなと思う日もありますが

今日メールをチェックしていて

ふと父の名前のフォルダーに目がとまりました



初めてのメールは2007年2月

慣れない私たち父娘は二人であれこれ試行錯誤して

どうにかメールのやり取りができるようになりました



以来5年近く父と私は

毎日のようにメール交換をしていました



そして最後のメールは8月・・・

父の肺癌が再発して入院する3日前でした



その頃の父は命よりも大切にしていた畑に行っても

身体が辛くて何もできなくなっていました



私が入院の手伝いに行くことになり

父から「気をつけて来てね。」というメールが最後で

それを読んだとたん


急に涙があふれてきて

私は泣き崩れてしまいました




そして決して忘れることのできない

病院での最期の筆談は


「お母さん、
退院したら孝行するからね。」





サッカーボールほどもあるブロッコリー

父が種を蒔いたパンジー

父が種を蒔いた珍しいパンジー

去年の今頃採れた作物




最後まで読んでくれてありがとう

   寂しい・・・

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング






テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

私もそのお気持ちわかります。

私は出るはずのない父の携帯番号に1度だけ電話をかけたことがあります。
出たら出たで、今なら「こわ!」と思えるけれど(苦笑)そのときはただかけたくて・・・。

何度も何度もつらい思いやさみしさの波が押し寄せてきては、そのたびに少しずつ本当の元気を蓄えてるんだと思います。

それにお父様を想うのはつらいけれど、とても大切なことだと思いますし。

元気だしてくださいね。

哀しみ☆

今晩は☆
お父様が亡くなられてもう半年が過ぎたのですね。
マコトさんは本当によくやっておられると思います。
私は優しかった父が亡くなってもう5月で17年ですが、
先日同窓生に父のことを聞かれて話しながら泣いてしまいました。
やはり癌で苦しんだ最期でした。
哀しみはいつになっても癒えません。何かの時に思い出して涙ぐむ自分がいます。
マコトさんも時々思い切り泣いて下さい。そうしながら
遺されたものは一生懸命に生きて行くんです。誰もが。
頑張りましょう!

本当に月日の経つのは早いですね。父上が他界されて半年が経つのですね。
先日 ある先輩の母上が94歳で亡くなりました。他人から見れば大往生と思いますが、亡くされた身内の方々は
深い悲しみに見舞われたことだと思います。人間いつかはなくなります・・・でもその人を忘れない事が、一番の供養になると思います。マコトさん決して父上の事を忘れずにいてください。そして母上の事も大切にしてくださいよ。。

☆お返事遅れてゴメンね~

v-348ちかおちゃんへ
出るはずのないお父上の携帯番号に電話をかけた・・・
これを読んで私もたまらなくなり泣いてしまいました。
ちかおちゃんのお父様への想いがひしひしと伝わってきました。
寂しいね、恋しいよね、たった一人の父親だもんね。
日にち薬、それしか悲しみを和らげる術は無いと思います。
元気出します、ありがとうね。

v-349akiちゃんへ
亡くなって17年も経ってもなお涙が出るのですね。
哀しみは癒えることはないのでしょうか?
いつかは訪れることでしょうが親を失うって辛いことですね。
なのに生きてる間は親不孝ばかり・・・。
せめて老い先短い母だけは大事にしたいと思います。
頑張って生きていきましょう。

v-350鬼瓦さんへ
父を亡くした悲しみは半年経った今、薄らいだように思っていましたが、実は全然癒えていなかったみたいです。
そうですね。時折父を思い出して供養をして、そしてまた元気を出して歩いて行かないとね。
母は体調があまり良くないので心配しています。
鬼瓦さん、いつもありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ