プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



突然施設から家に帰ってきてしまった姑ですが

徐々に退屈になってきたらしく

夫を亡くして独り暮らしになった義姉のところへ

ほんの少しの間だと念を押して出かけて行きました

もちろんパパリンの送迎付きですけどね



だから何も世話になっていないなんて

言ったらダメですよね~


絶対に看ないと言っていた義姉も独り身になった今

姑が行くのを断る理由も見つからないのでしょう

渋々承知したみたいです



ところが姑を送り届けてほっとしたパパリンが

ある午後のこと急に私の実家に現れました

気になっていた物置の片付けをすると言って



長い間使っていなかった物置の中には

父のゴルフ道具や釣り道具が

天井まで積み上げられ

もらったけれど気に入らなくて

日の目を見ることもなかったような置物や飾り物だとか

昭和初期の名残りのような火鉢とか

どのように言い表したらよいのかわからないような

奇怪なモノ?????



それらを全部物置から運び出して

パパリンの車にギュウギュウに詰め込んで

市の粗大ゴミ収集センターに運んで行きました



母はそんなパパリンを見て感激し

ありがとうありがとうと何度も何度も頭を下げるのでした



そんな母を見て私は思うのです

母の百分の一でいいから

姑に感謝の気持ちがあったらなぁと



パパリンにありがとうと一言言ってくれたら

ちょっとは可愛いおばあちゃんに見えるのにね



あなたの息子はこんなに優しい人なのですよ



それが見えないなんて

あなたの目は節穴



それが感じられないなんて

あなたの心は空洞



誰がその空洞を埋めてくれるのでしょうね


寂しいですね

そんな終焉って・・・



最後まで読んでくれてありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

内緒☆

今晩は☆
優しいパパリンさんですね。
夫には到底望めそうもありません。
義父母からは叱られたのは
数限りがありませんが、一度もお礼など
言われたことがありません。夫の弟達は言うに
及ばずです。でもそれも運命です。
マコトさんは大変ですが、パパリンさんが
そこまでして下さるからまだいいです。
それはマコトさんの人徳です。
人はなるようにしかなりませんが、マコトさんの
姑さんでのこれからの修行が短いことを願ってます。
内緒!

本当ですね・・・ありがとうのひとことでどれだけ救われるか・・・と考えてしまいますね。

そういう言葉や気持ちが自分の中に残っているようにしたいです、どんなに歳をとっても。

私は結婚するカップルに必ず お祝いの言葉として”ありがとう”と言う言葉が、誰にでも自然にいえるような
お二人になってくださいと・・・言います。

☆コメントありがとう

v-348akiちゃんへ
akiちゃんは本当に義父母さんと旦那様の両方にご苦労されてきたのですね。
それでもご自分の生活をしっかりと確立されてることが素晴らしいと思います。
そして強くなられましたよね。
私も強くなりたい。
これから修行です。短いといいね、ホントに。

v-349ちかおちゃんへ
「ありがとう」って不思議な言葉ですね。
心から思っていないと言葉に出てこないみたい。
だから姑は本当に感謝していないのだと思います。
私は弱虫だから周りの皆に助けられて生きています。
感謝感謝の連続です。
ちかおちゃんはきっと大丈夫よ。
「ありがとう」を忘れるような人にはなりません。

v-350鬼瓦さんへ
鬼瓦さんはとても素敵なメッセージをお祝いに贈ってらっしゃるのね。
そういう鬼瓦さんもきっと「ありがとう」を笑顔で言える人なのでしょうね。
私もそういう人になりたい・・・。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ