プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜




突然施設を出て家に帰ってきた姑を

毎日パパリンが説得し続けました

家にいても面倒を見てくれる人は居ません

誰も食事を作ってくれないし

掃除も洗濯もしてもらえない




なのに姑に理屈は通らないのです


 

考えてみてください

物事には道理というものがあって

筋道を立ててこそ結果が導かれるものです



ところが姑の場合は感情オンリーで動くので

いくら事細かに説明しても

納得することは無いのです


ただあるのは

いやだ!という感情だけ



施設の方からも

聞く耳を持たないのでどうしようもないと

匙を投げられてしまいました


しかも家に帰るのだと勝手に周囲に言いふらし

入所仲間の中には帰りたくても帰れない事情の人が

たくさん居られるのに

その人たちの動揺を煽り

施設内をパニックに陥れたと

施設からお小言を頂戴し


これではもう二度とこちらでお世話になることは

叶うまいと諦めざるをえなかったのでした


あそこならと本人も二つ返事で承知して

一年近くも待ってやっと入れた施設だったのに





そして強引に退所した姑は

私に食事のデリバリーを注文させ

部屋にたてこもること一週間



今度はその宅配の食事がまずいと文句を言いだしました



30年間世話をしてきた私に

今までもあんたの世話になってないし

これから先も世話にはならないと

そうはっきり言ったことは

きれいに忘れてしまったみたいです



言われた本人は決して忘れられるものではないですけどね



そして私は相変わらず実家と家を行ったり来たり

忙しい毎日を送っています



何も知らない実家の母が

今日も嬉しそうに私を迎えてくれました



母には言えないのです

姑が家に帰ったことを知ったら

母は間違いなく私に来なくていいと言いますから





しかしこれも弱虫の私に与えられた試練で

ここを乗り越えて行くしかないのでしょう




私は思います

きっと優しくてにこやかなおばあさんになりましょう

いつも周りの人たちに感謝の気持ちを忘れない

温かい心をもったおばあさんになりましょう



最期の時に

ああ いい人生だったと

そう心から思えるように・・・







最後まで読んでくれてありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わかります、その大変さ。
辛いですよね。
ケアマネさんとかのお知恵拝借
できませんか?

おうちも、今、介護真っ只中。
3人+実家2人 おります 、、。
お互いに介護疲れにならないように
しましょうね。。






少しの楽しみ♪

今晩は☆
本当に周囲のことを気遣って優しいおばあちゃんに
なりたいですね。
現在はマコトさんは苦難の真っ最中ですね。
理屈は通らなくて感情だけで動くのは夫も
同じです。結局人生は最期まで大変と悟りました。
その中で少しの楽しみを見付けるってことです。
頑張りましょう!

人には品格と言うものが有ります。そして、その品(人)格を変えるには、難しい年齢の姑さん・・・実子のパパりんの説得にも耳を貸さない・・・・・30年ひとつわかること姑さんは、マコトさんを愛していると思います(愛し方を間違ってますが)  そんな姑さんを放って置けないマコトさん・・・施設からも嫌われてしまったら外部からの援助は期待できませんね・・パパりんの出番でしょう 絶大なる協力が必要ではないでしょうか・・・・そして マコトさんは、御自分の体調を壊さない事が大事かと・・・

☆コメントありがとう

v-348鍵コメさんへ
ご心配いただき胸にグッときました。
その心配が無いわけでもないので、しばらく様子を見て対処しようかと思っています。
いつも親身になってくださってありがとう。
とても心強いです。感謝します。

v-349あみ・もとちゃんへ
ケアマネさんもとてもいい方なんですけど、
姑は気に入らないと口もききませんから・・・。
あみもとちゃんも大変なんだね。
身体に気をつけてください。
お互い長期戦になると思うので。

v-350akiちゃんへ
akiちゃんは間違いなく優しいおばあちゃんになれますよ。
人の心の痛みがわかる人ですもの。
苦労してきた分、きっと人に優しくできますよ。
私もそう思って日々暮しています。
絶対にいいおばあちゃんになりましょうね~♪

v-351鬼瓦さんへ
愛し方を間違えた・・・そうなんですね。
そう思うことにしましょう。
そのほうが姑を憎まなくて済みそうですから。
パパリンはこれ以上無いくらい協力的だし頑張ってくれています。
もう何も望むことはありません。
それに私は元気だし体力もあるのでまだまだ頑張れます。
いつもご心配くださってありがとう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ