プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:世の中
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


ピーの最新の動画です
「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜




≪JIN -仁-≫ 終わっちゃったね


最終回どんな風に締めくくられるのかと興味津々だったけど


ストーリーの構成がすごいなぁって感心した



皆さんはパラレルワールドって信じる?

並行世界とか並列世界と言って

この現実世界と似て非なる世界


ある時空から分岐して

私たちが住むこの世界と並行する

別の世界が存在するという説なんだけど



たとえば宝くじを買った私がいて

落選してしょぼくれた人生を送っているこの現実世界と

2億円当選してセレブになった私がいる別の世界がある

みたいな・・・



そんな世界があるって私は信じてないけどね 

小説の題材にはうってつけ


だから≪JIN -仁-≫は面白かった





しかし年をとったら

テレビばっかり観るようになるんだろうか

パパリンと私・・・




「おい、犯人はきっとAだぞ。」



「あらやだお爺さん、
     犯人はAですよ。」



みたいなわけのわからん会話してさ



むふふ
こんな元気?なチェリーがあったわ


最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

コメント

こんにちは!

「JIN -仁-」が終わったので、
日曜夜の楽しみが減っちゃった・・・
何とかワールドってのはあると楽しいのにね。
オイラでもドラマがひとつ出来そう~

私も観ました!
子供には難しかったみたいだけど、ちゃんとしたストーリーでしたよね。

キズのシーンは苦手でしたが、本当にいいドラマでした。
終わってしまい、残念です~。

JIN、宣伝はいっぱい見ましたが、本編は見てません。
ドラマは続きが気になるからなあ。
パラレルワールドは考え出したらキリがないですね。
自分よりうまいことやってる世界があったらくやしいし。
で、このチェリーはJINというより、チ・・・

マコトさん、こんばんは(^^)

私もドラマはずっとみてましたよ。
マンガは読んだことないんですけどね。
本当に面白かったですよね。
パラレルワールド。
私にとっては、あっても行けないのなら無いのも同じ。
なのでやっぱり私も信じてないのかも?

☆コメントありがとう

v-348共白髪さんへ
そう、なかなか面白くて奥の深いドラマって無いものね。
楽しませてもらったなぁ。
パラレルワールドは思い通りにならない世の中にあって人が見る夢の世界かもしれないね。

v-349ちかおちゃんへ
ああそっか・・・子供には難しい展開だったかもねー。
手術の場面が多かったからちょっと生々しかったよね。
あの万華鏡が印象的だったと思わない?

v-350こみ師匠へ
あらま、師匠は観なかったんだ。
うちも日曜は観れないことが多いから全部録画してたの。
パラレルワールドは師匠の得意分野のような気がするけど?
はい、このチェリーはJINというより、チ・・・ェリーどす。

v-351五月うさぎちゃんへ
うん、うさぎちゃんの好きそうなドラマだと思った。
「人生やりなおしたい」ってよく言うじゃない。
それができるのがパラレルワールドみたいなものかな。
でも第三者的に見ないとわからない世界だから
やっぱりテレビ向きの発想かな。

jin終わってしまいましたね。
私も誠さんと同じでタイムスリップは信じないけど
時間や空間も信じて無い私です。
今しかない過去も未来も無い世界です!
最初のjinの最終回はつまらなかったけど
今回は構成がしっかりして面白かったですね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ