プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:インコのピー
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)





ご心配おかけしましたが

ピーは元気です



昨夜は一晩ピーのケージの近くで眠りました

長い夜でした

夜中に血は止まったみたいですが

止まり木は真っ赤になりました



今日もお昼頃まで全然喋らなくて

痛いんだろうなって思うと辛くて・・・



それでも午後になると少しずつお喋りが始まり

「ムカシムカシ アルトコロニ・・・」

っていつものように賑やかになりました



夕方パパリンが止まり木を買ってきて

黙って血だらけの止まり木と取り替えてくれました

一言も私を責めなかった

パパリンの優しさにも感謝です



夜にはいつものようにパパリンと私の間を行ったり来たり

酷い目に遭ったことも忘れて

ご機嫌に遊んでいました



よかったです 本当に



ピー 元気になってくれてありがとう


これからはもっともっと気をつけるからね





励ましてくださった皆さんにもお礼を申し上げます


本当にありがとうございました


取り急ぎご報告まで



安心して居眠り




最後まで読んでくれてありがとう

   
       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

コメント

よかった~。
安心しました^^

病気とか怪我とかして始めて
普段の健康のありがたさがわかるのは
人間も動物もみんな同じですね。

今晩はじっくり寝てください^^

心配しましたマコトさん

デカイ小僧は2ヶ月に1度、獣医で爪切りします。

去年から飼い始めたコザクラの「つくねちゃん」は私が切ります。
何かあった時の為に必ず止血剤を用意しています。
是非、ピーちゃんの為に用意してあげてください。

私も何度も小僧の為に眠れぬ夜を過ごした経験があるのでマコトさんの気持ち、良くわかります。
ピーちゃん元気になって良かったですね。

安心しました

ホント良かったです~。
ピーちゃんも痛い思いした事も気にしないで
いつもと変わりなくマコトさんパパリンさんと仲良く遊んでるんですね。
こりゃぁいい子いい子ですな。(*´Д`*)
こんな小さな体ゆえ一時は心配されたのも当然ですけど
足の1本もげても普通に生きてる鳥なんていくらでも居ますから
多分このくらい何て事ないんでしょうね。
人が爪を切らずとも勝手に磨げる止まり木とか
そんな便利グッズはないものでしょうか。
どうかどうかくれぐれも注意してピーちゃんがいつまでも健やかに過ごせますよう
わたくしからもお願いいたします。((○┓ペコペコ

あぁ、良かったぁv-395
ピーちゃんの出血も心配だったけど、アネキの心中を察すると胸が痛くなった。
母も草刈してて、愛犬が小動物か何かが動いてると思って草に隠れた草刈機の刃に飛びついちゃって横腹を切ったことがあるのよ。
その犬の傷よりも母のショックの方が痛々しくてつらかった。
それを思い出しよ。
今夜はぐっすり眠れそうだね。
ピーちゃんの回復力と無邪気さに救われるよね。


ピーちゃん、良かったぁ、、
ほっと安心しました。

生き物飼ってると予想できない
事が起きてビックリしますよね。
元通りのご機嫌で元気なピーちゃんに
なってくれて嬉しいですね☆


おはようございます!

ピーちゃん良かったです。
マコトさんの心を思い安心しました。
ピーちゃんの小さな爪を切るのは難しいでしょう!
やはり獣医さんがいいのでは。
ダンナサマの優しさにマコトさんは救われてますね。
人徳です。我が夫も結婚時は夫の方が感激して優しかったけど・・・

大切な命をこれからも守って下さいね。私も
守りたい命をいくつも抱えてます。
自分の過失で命を亡くすと耐えられません。
サブ(享年6ヶ月の子猫)を亡くした時は私のせいと思って辛かった!です。
いつもは家の中に入れてやるのに、お客さんを招き入れるのが先と思って、
ほおっておいたのです。

こんにちは!

血が止まってホッとしましたね。
猫も爪に血管が通ってましたから、
鳥も同じなのかな・・・

感染症とかにもなるようですから気をつけてあげてくださいね。
お大事に。

おしゃべりできるようになってほっとしました。
うちも犬の爪切りは獣医さんでやってもらうことにしてますが、家でやる場合止血剤があると安心だと本に書いてました。
でも、血が出たら動揺しちゃいますよね・・・マコトさんも本当におつらかったことと思います。
元気だしてね!

ピーちゃん良かったですね!
安心しました。
何事もない幸せをお祈りします。

いや~、よかったよかった。
やっぱり体って、ちょっとのことじゃへこたれないようにできてるのね。
ピーちゃんみたいに小さい体でも、
生命力がたっぷり。
それにしても、第一声が「むかしむかし・・・」とは。

☆コメントありがとう

v-348まえくみちゃんへ
ごめんねー、まえくみちゃんにまで大変な心配かけて。
手のひらにすっぽり入るような小さな身体なのに
フリースのジャケットの裏までしみ込むほどの血が出て
よく助かってくれたと思って・・・(泣
私の過失で本当にかわいそうなことをしました。
もう少しで小さな命を失うところでした。
ありがとう、まえくみちゃん。

v-349Reiちゃんへ
Reiちゃん・・・(´Д⊂グスン
心配かけちゃったね。
ダメな飼い主だ。
止血剤、初めて知ったよ。
すぐにネットで注文したからね。
あんなに出血するなんて本当に驚いた。
私が包丁で指を切った時よりずっとたくさん出たのよ。
止血剤のこと知ってたら慌てなくて済んだかもしれないのにね。
元気になってくれて本当によかった。
小僧とつくねちゃんによろしくね。

v-350まろ君へ
まろ君が可愛がってくれてるピーを傷つけてしまって
本当にごめんなさい。
過失とはいえ大変な目に遭わせてしまって
今も毎日ピーに謝っています。
でもピーは前とまったく変わらずに私の後をついて歩き
本当に愛しいです。
涙が枯れ果てるって本当だと初めて知りました。
爪を研ぐための止まり木にかぶせる紙やすりのカバーがあって、前に使ってたけど、ピーが紙やすりのざらざらをつついて食べちゃうから慌ててはずしたのよ。
腕白坊主だからね。

v-351eritorieちゃんへ
翌朝目がポンポンに腫れ上がって人相変わってたよ。
恥ずかしいくらい大声で泣き叫んだからね。
パパリンびっくりしたかも。
ピーは何事も無かったかのように私のところへ走ってきてくれる。
助かって本当によかった。
eritorieにもすごく心配かけたね、ごめんよ。
お母さんのお気持ち考えただけでまた涙が出るよぉ。

v-348あみ・もとちゃんへ
ありがと、あみもとちゃん。
立派な家族の一員なので大事にしてきたのにこんなことになって・・・本当に情けない。
生き物を飼うってことは責任重大だと改めて再認識しました。
もっと気をつけてあげないといけませんね。
元気になって本当によかったよ。

v-349akiちゃんへ
akiちゃん、ご心配かけました。
そうなの、パパリンが少しも私を責めなかったので
救われました。
サブちゃんを亡くしたときのakiちゃんの気持ち
今の私には痛いほどよくわかります。
小さな命、飼い主が守ってやらなきゃね。
これからは一層気をつけます。

v-350共白髪さんへ
え? 猫の爪も切るんですか?
鳥の爪は長いけど、かなり先のほうまで血管があります。
感染症・・・そういう心配もあるのか。
まだ安心はできないのね。
どこでも歩き回るからばい菌も入りそう。
ご心配くださってありがとう。

v-351ちかおちゃんへ
ちかおちゃん、ご心配かけました。
前に犬を飼ってたときは舗装道路のお散歩でいつも爪は短かすぎるほどだったの。
止血剤のことは皆さんのコメントで初めて知った次第で、
早速手配しました。
辛かったよ。
でも自分の責任だもの、仕方が無いよ。
何の罪も無いピーに・・・可哀想なことして。

v-348光太郎ちゃんへ
光太郎ちゃん。・゚・(*ノД`*)・゚・。
o(TヘTo) 。゚(゚ノω`゚)゚。
情けないよ、本当に。

v-349こみ師匠へ
師匠、何度も来てくれてありがと。
元気になって本当によかった。
でも今はまだすごい貧血だろうと思うわ。
栄養つけてあげなくちゃ。
霜降りステーキ食べるかしら? 
って自分と同じに考えちゃイカン。

マコトさん こんばんは~♪

ピーちゃん 良かったですね♪
お喋り始めたそうで本当に良かったですね
お喋りする子がお喋りしなくなると
本当に具合が悪いそうです。
元気なピーちゃんになってくれて嬉しいですね。

v-350sakuraちゃんへ
sakuraちゃん、心配かけました。
もしも死んじゃったら私発狂するんじゃないかと思った。
今はすっかり元通り、元気そのものです。
これからはじゅうぶん気をつけますね。
ありがとうsakuraちゃん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ