プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:教育・育児
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない




[広告] VPS

新しい動画です。
「コンバンハ」「ゴメン、ユルシテクダサイ」
「ジョウズジョウズ」「ア ヨイショ!」って言ってます。
そして相変わらずの「チュッチュチュッチュ~」もね♪



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



皆さんの周りに有名人とか


ある分野で非常に優れている人がいますか?


そういう特別な人というのは


子供の頃からどこかしら


我々凡人とは違っているように感じます




Aさんの場合


小学校の同級生だった彼女は


とにかく声が大きく澄んでいて


教科書を読むのがとても上手でした


その彼女はあるグループの歌手になり


よくテレビに出ていましたっけ


そのうち非常に有名な家柄の息子に嫁ぎ


幸せに暮したかどうかは定かでありませんが


今思えばやっぱり皆と違っていたなぁと思います





B君の場合


彼もまた小学校の同級生で


父親も祖父も文学者という血筋の息子でした


彼こそどこにいてもメチャクチャ浮いてましたね


運動神経はからっきしダメで


学校にいてもずっと本ばっかり読んでいました


小学一年生の時


授業中に先生の問いかけに


延々と講釈していましたよ


「孔子曰く・・・
何が何して何とやら・・・
それすなわち○○なり
いわんや△△をや。」


とか何とか小学一年生の話す言葉じゃありません


我々一年坊主たちはいつも


ポッカーンと口を開け鼻たらしながら


B君のいつ終わるともしれない


わけのわからん弁舌を呆然と眺めていたものです


「ねぇ スナワチってなに?」

「さぁ」

なんてボソボソささやきながらね




あの時代はよかったです


ちょっと人と違っているからといって


即いじめに繋がるようなことはありませんでした


個性が育った時代でしたね




Cさんの場合


彼女は中学の同級生でした


アメリカ人とのハーフだったCさんは


目は透き通るようなブルーでブロンドヘア


白い肌にすらりと長い手足で


ハーフといっても見た目はまるっきりアメリカ人


ハーフの子はよくいじめられたと聞きますが


私はCさんのあまりの美しさに


憧れて憧れて


自分もアメリカ人の親がよかったのに


どうしてズンドウ短足の日本人なんだい・・・なんて


本気で羨ましく思ったものです




そして最後に

D君の場合


D君は日本人なら知らない人はまずいない


歴史の本にも載っている有名な


物理学者の息子でした




D君は




普通のアンポンタンでした



トンビがスズメを産んだというような例もあるんですな






最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       人と違うってステキなことよ~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

コメント

マコトさん、こんばんは♪
私の周りには有名人も非常に優れている人も
いませんでした。
中学生のクラスメイトで野球部に所属していたとってもスポーツ万能で頭の良い子がいました。
女の子の憧れの的でみんなからもてはやされている子でした
その子がプロ野球の選手になりたくて県内でも有名な野球の強い高校に推薦入学で入りましたが結局プロ野球の選手になれなくて田舎の市役所に就職したそうです。
それくらいの話しかありません(>▽<)

涼しくなりましたね
一気に寒さが増していますので
体調管理に注意して下さいね。

最近思いますが、それぞれに十人十色であって、それがそれぞれの得意分野で力を発揮できる組織や社会が一番幸せじゃないかなって。
その得意な分野を見出し、生かしてあげるということが難しいだけど、それを見出して自覚させてあがるのが教育なんじゃないかな。
マコトさんだって、昼寝が得意でパパリンの操縦が上手い。お姑さんとの付き合い方だって完璧じゃないですか。

こんにちは!

D君には近しいものを感じるな♪
金持ちのアンポンタンは行動が面白いよね。
歴史の本に載るくらいの物理学者って誰だろう・・・

有名人になった知人はいませんがお向かいのおばぁちゃまは秋本順子にそっくり、お隣の若奥様は瀬川英子に目元と声がそっくり、ちょっと離れたところの元気印の同年の奥様は加藤登紀子にそっくり・・とうことに最近気がつきました。そういえば秀才だったA君はNHKのアナウンサーになって時々ニュースを読んでましたっけ。でも、有名じゃありません(-_-;)で、思ったのはNHKって優秀出ないと入れないんだなぁということでした(*^_^*)

今晩は!

読んでいて面白い! 最後の「アンポンタン」が良かった!です。
人と違っていてもいじめられない世の中はいいですね。
兄弟でもそれぞれ違うから違うことは当然ですよね。

私の周りで有名人になった子と言えば、中学生の時に
前後ろで座っていた今はテレビに始終出ている料理研究家です。
中一の時から家族の弁当を作ってあげてると言っていた。
やはり違ってましたね。

お久し振りです。
私の周囲には有名人や著名人は
居ないですね
みんな凡人ばかりでした。
私も、その一人ですね~。

D君の父は、誰かな?
アンポンタンに爆!
天才とバカは、紙一重って
云うしね。違った?

うーん、、周りに有名人いなーい。
これから、出てきてほしいデス(笑)

あはは、あんぽんたんって!!でもかわいらしくて、憎めない響きですよね~。

でも、昔は変わり者だからいじめられるということはあんまりなかったような?
今は変わり者は浮きまくりますもんね。

あんぽんたん派

身近で大物はいないなあ。
コモノだから知らないだけなのかなあ。
ああ、あんぽんたんなことを言ってしまった・・・
行方不明になってしまったやつは何人かいます。

こんばんは~
昔は変わりものは変わり者で生きる世界がありましたけど、今は人と違うと叩かれる時代。
こういうことでは何も発展しないと思うんですけどね。。。
そう思うと昔はいい時代でしたね。

「トンビがスズメを産んだ」には笑えましたv-408
そう思うと現代にもそういう例は結構ありますよね。
某有名監督の息子とか、某政治家の息子とか。。。
親自身があまり偉すぎると、その分子供への目配りがおろそかになるのかも知れないですねv-394

あぁ、なんか読んでて
「産んだかも」って思った(笑)
ポジティヴに考えると将来が楽しみだわ~。
いずれにしても人の記憶に残る個性ってみんな持ってるんだよね。
それを大切にしてあげたいって子供達を見てて思う。
でも確かに名を残すような人はやっぱりエピソードも違うよね~。
ん。。。?
やっぱり我が家のおとぼけ君は。。。将来。。。
ぷぷっ




☆コメントありがとう

v-348sakuraちゃんへ
野球少年は多数いるけれど、
プロ野球選手になれるのはほんの一握りだけ。
夢砕かれて諦める人が殆どですものね。
でもその彼、草野球でステキな人生歩んでるかもよ。
でももし、彼がプロ野球選手になってたら
きっとsakuraちゃんテレビに釘付けになって応援してたでしょうね~。
だいぶ涼しくなりましたね。
やれやれです。
sakuraちゃん、いつもありがとう。

v-349光太郎ちゃんへ
そうですよね。
今の教育は皆が同じことをやらなきゃいけないでしょ。
個性が潰されちゃう。
もう少し自由に個性を伸ばせるような教育をするべきだと思うんだけどね。
昼寝が得意って・・・こらっ!

v-350共白髪さんへ
あはは、共白髪さんはD君に近いのかな?
それも個性だったんじゃないかと思います。
アンポンタンと書いてしまった以上
名前を教えることはできないよねー。

v-351六花ちゃんへ
六花ちゃんはそっくりさんに囲まれてるんだ。
それもまた楽しいね。
NHKのアナウンサーはアナウンサーの中でもエリート、
試験も非常に難しいと聞いてます。
すごいねぇ、A君は。


v-348akiちゃんへ
ひどいアンポンタンじゃなくて、
普通のアンポンタンよ、普通のね、うふふ。
天才の息子ともなると凡人じゃアンポンタンに見えたりして。
人と違うことは悪いことじゃないのに、
今の教育はそれを善しとしないものね。
その有名な料理研究家さん、
中一の時から家族の弁当を作ってあげてたって
ちゃんと片鱗が見えていたんだね。
そしてそれがちゃんと実を結んだ、素晴らしい!

v-349せいパパさんへ
まぁっ、本当にお久しぶりです。
順風満帆の毎日をお過ごしのことと思います。
世の中の殆どの人が凡人ですから
有名人が身近に居なくても自然なことです。
私が子供の頃住んでたところはちょっと特殊な地域でしたから。
今はどうしているのやら・・・。

v-350あみ・もとちゃんへ
父上は天才に間違いないけど、
D君もバカではなくてごく普通の子だったんです。
それでもあまりにも父親が偉大すぎて
普通じゃアンポンタンに見えてしまったのね。
これからあみもとちゃんの近くに有名人が誕生したら
ブログにアップしてね。

v-351ちかおちゃんへ
私もね、アンポンタンって響きがわりと好きなの。
そして私もある意味アンポンタンかも。
人と違うことがどうしていけないのか私にはわからない。
子供を十把ひとからげにして個性を潰してるのは教育者、
みんな違ってそれでいいのにね。

v-348こみ師匠へ
あはは、師匠らしいコメントだなぁ。
師匠はコモノじゃありませんよ。
とっても個性豊かなステキな人です。
行方不明? まさか拉致られたとか・・・はないか。

v-349yomoちゃんへ
そうよね、なぜ人と違っちゃいけないのか。
人類がみな同じ視点に立って同じものの考え方をしてたら、
何の進歩もありゃしないし、
世界が偏ってしまうのに。
よく親の七光りっていうけど、
芸能界はそれもありでしょうが、
学問の世界はそうはいかないものね。
そういう家柄の子供は案外気苦労して育ってるのかな?

v-350eritorieちゃんへ
そうそう、ぜひともeritorieには母として
おとぼけ君の個性を大事に大事に育ててあげて欲しいわ。
個性の無い人間なんて、どんなに味気ない生き物?
ま、eritorie自身が非常に個性的だから心配いらないね。
人間の真価はそのあたりにあるんじゃないかな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ