プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:テニス
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


[広告] VPS


せっかくの隠し撮りだからしばらく見てやってね

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



姑が胃癌の手術のために入院して


月日は矢のような速さで流れてゆき


ふと気がつけば5月5日のこどもの日も終わっていた




ずっと昔

一人息子が家に居た頃には

4月のうちから姑の故郷加賀百万石の

前田利家公の大きな鎧飾り

家の外には見事な鯉のぼりがたなびいて

賑やかな端午の節句を祝ったものだった


息子が大きくなるにつれて

五月人形は息子のおもちゃと化し

刀が消え弓が無くなり

近年は姑の部屋の床の間に

ひっそりと鎧兜だけが飾られるようになった



しかし今年の5月5日は・・・

主の居ない床の間に五月人形の姿は見えない

きっと今も天袋の暗闇の中で

「今年の端午の節句は遅いのう。
はよう外に出たいのう。」


などと利家公がつぶやいておられることだろう




そんなこんなで

すっかり忘れていた端午の節句の日

私は枯れ木も山の賑わいクラブ

テニスの練習に行ったのだが

クラブのある女性が柏餅を持参し

「今日はこどもの日だから。」と言って

クラブの全員に一つずつ配っていた


日頃あんこがちょっと苦手な私だけれど

彼女が私に柏餅を持って来た時

この時だけは何だか食べたくなって

ベンチに腰掛けていただいた




すると突然!!!


胸にたまっていた何かが急に溢れてきて

頬を伝う一筋の涙を慌てて手の甲で拭った


よかった 

誰にも見られなくて



誰かに見られたらどうせ言われる




「鬼の目にも涙!」




ああ かっこわりぃったら・・・








最後まで読んでくれてありがとう

  お陰さまでお節句が祝えました

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

柏餅の甘さに、ふっと気が緩んだんでしょうね。。。
病気、それも大病を患っている人が家族にいると
心を鬼にしてなきゃやってられないってこともあるし。
でも、鬼は鬼でも心優しき鬼なんですよね。
くれぐれも、お疲れの出ませんように。。。

共鳴しました

わたくしも今回のお引っ越しで天袋に長年眠ってた鯉のぼりと“小さな”鎧飾りとお別れしまして、
記憶は無いものの、こんな物飾って親に祝われてた時代があったのかと
何か込み上げる物がありましたですよ~。(oノェ;o)
なのでマコトさんのお気持ちはよ~く分かります。

まぁしかし、マコトさんは大変でしょうけどお姑様も相変わらずのようで
わたくしとしましてはホッとしております。
この調子なら手術も乗り越えられるでしょうね。

古き教えを踏まえた上で、時代に即応したものに変える。そんな積み重ねが歴史や文化となって後世の人達に伝わって行くんでしょうね。
今生きる人びとは、せめて後世の人びとに、色々なことを伝える義務があるはず。その義務を果せない環境が、現代の歪なんでしょうね。


マコトさん、こんばんは、
息子さんの小さい頃、主の居ない床の間・・
マコトさんのお話を聞いてまして
私も熱い物がこみ上げて来ました。

そうですか、、
張り詰めていた気持ちが、す~っと
緩んだのでしょうか。
涙を流すのは、ストレスを軽くするそうですよ。
我慢せずに泣くのも、いいのかもしれませんね。
無理しないようにね。


「鬼の目にも涙」は特別なものなんだ、アネキ。
その涙、いろんな思いが溢れたんだね。
そして「鬼の妹の目にも涙」。。。

明日は「母の日」だね。
大切に過ごすよ、アネキv-352

鬼の目にも涙、絶対言われますよね。
私もメールで送ろうかと思ったぐらいです。

年々行事はおろそかになっていくけど、
記憶を置いておくためにはいいスパイスになってるんだねえ。
ちょっとしたきっかけでふっとでてくるものです。
甘いものはやさしくなるしね。

こんにちは!

涙を流す時がありますね。
そういう時は我慢せずに泣いた方が良いですよ。

こんばんは~
日ごろお姑さんのことで気が張り詰めておられるんでしょうね。
で、かしわもちを頂いて昔の記憶と結びついてそれが緩んだのでしょう。
人間ぴんと張り詰めているだけでは、いつか壊れますしね。
時には発散することも必要だと思います。
泣くことは決して恥ずかしいことではないですから。
どうかあまりため込みすぎず、無理なさらないでくださいね。


わお!

インコさんすごいですね!
ご自分で飼われていらっしゃるんですか。

特にあのおばあさんが川に行った後の「間」は・・
どこの唐十郎劇団ですかw

はじめまして!
ブログランキングから参りました。

これからもちょくちょくお伺いさせて頂きます!

泣くとストレス発散になって
気持ちもスッキリするらしいです!!
泣きたい時はちゃんと泣いてくださいね!
(年下なのに生意気なこと言ってスミマセン・・・)

マコトさんのお気持ち、すごく伝わりました。
私も1年前、母が胃がんになり、全摘という大手術で、本当に気持ちが不安定でした。
気を張っているときはいいんですけど、そうじゃないとき涙が出てしまうんですよね・・・。

お孫さんのお手紙、温かいですね。
手術の成功を、お祈り申し上げます。

☆お返事遅れてゴメンね~

v-348ひらりちゃんへ
ありがとう。
ほっと緊張が緩んだ時は危ない危ない。
心優しき鬼?
いえいえ、あかんたれの鬼なんだわよー。
まだまだ緊張は続きそうだけど、
とりあえず手術は成功しました。

v-349まろ君へ
あらぁ・・・まろ君の話も感動的。
お引越しのときにさよならしちゃったのね。
ずっと持ち歩くわけにもいかないし、
いずれはお別れするお道具なんでしょうね。
まろ君の仰るとおり姑は無事です、強い人です。

v-350光太郎ちゃんへ
確かに日本の伝統も昨今はないがしろにされる風潮があるようで。
歴史や伝統は長く続くから価値があるのにね。
老人から若者へと引き継がれるべき日本の良さを
今一度見直すべきでしょう。

v-351sakuraちゃんへ
ああ、sakuraちゃんも共感してくれたのね。
何だかしょっぱい柏餅になってしまったけど、
急にこみ上げて来るものを止めることができなかったわ。
涙なんか私には似合わないのにね。

v-348あみ・もとちゃんへ
そっか、知らず知らずのうちにストレス溜まってたのかな?
どうにも止められなくて焦った焦った。
泣くのはいいけど、人前ではちょっとねー。
ご心配かけましたが手術は成功しました。

v-349eritorieちゃんへ
「鬼の妹の目にも涙」か・・・ありがとね。
きっと同じこと、感じてくれてるんだね。
母の日ね、慌しく過ぎ去ったな。
雨の日も風の日も欠かさず病院通いしてるんだから
毎日が母の日みたいなもんだよ。
やっとぐっすり眠れる、今夜は。

v-350こみ師匠へ
んまっ!正直な師匠だこと。
やっぱり私って鬼っぽいのかしら?
その鬼の目の涙は甘い柏餅のせい?
私でも甘党になったら優しくなれるかしらねー。

v-351共白髪さんへ
そうですね。
こういう突然の涙は抑えようがありません。
泣くってほどのものじゃなかったけれど、
自分でびっくりしてしまったわ。


v-348yomoちゃんへ
優しいね、yomoちゃん。
自分でもびっくりしちゃったよ。
いつも通りにテニスやってたつもりなのに、
やっぱりいつもとは違っていたのね。
でもやれやれ、無事に手術は終わりました。
色々励ましてくれてありがとうね。

v-349舟太郎ちゃんへ
はじめまして!
ようこそマコトブログへ!
ちょっと湿っぽい記事になってますが
いつもは楽しい記事なのよ。
ピーは我が家の家族で来月2歳になるの。
可愛いでしょ?
舟太郎ちゃんのブログも面白いね~。
FFのモルボルグレートキングの「くさい息」に
いつも麻痺してたの思い出したよ。
これからもよろしくね。

v-350むらさきちゃんへ
ワンワン泣いたらすっきりするでしょうけど
あのくらいじゃ・・・びっくりしただけ。
家に帰ってからオイオイ泣いてみよっかな。
生意気だなんて、むしろ感謝してるわよ。
優しさをありがとね。

v-351ちかおちゃんへ
ちかおちゃんのお母様も胃癌で全摘したの?
そりゃ心配で心配でいても立ってもいられなかったでしょうね。
うちは高齢なので半ば諦めていたんだけど、
なんと手術は成功しました。
優しい言葉をありがとう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ