プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:世の中
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない




[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
記念すべきピーの動画なので
しばらくここにセットすることにしました
よかったらピーの「桃太郎」を時々聴いてやってくださいな



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



お若い皆さんはあまりご存知ないかもしれないけど


往年の名司会者玉置宏さん が亡くなった





ずいぶん昔のこと


「一週間のご無沙汰でした。
司会の玉置宏です。」


とか

「お口の恋人ロッテ提供
ロッテ歌のアルバム!」



顔も声もしっかり覚えているわ



当時の私は小学生ぐらいで


御三家が大流行してたのよ



御三家って誰のことかわかるかしら?


マッチやトシちゃん・・・?あれはたのきんトリオよ



郷ひろみ・西条秀樹・野口五郎?

あれは新御三家って言うの


かなり古いけど「新」が付くのよ





元祖御三家は舟木一夫・橋幸夫・西郷輝彦よ


皆さんご存知かしら?



そして私が熱を上げていたのが


三田明


デビュー曲は「美しい十代」


今でも歌詞を全部覚えているわ


しかしこれがまたえらく調子っぱずれでねぇ


私がそう思っただけかもしれない・・・たぶん


ファンであるだけに聴けば聴くほど気になって


世間知らずの私は事もあろうにファンレターに書いたのさ


「○○・・・の部分、音程が狂っています。」って


もちろん返事は来なかったわよ


小学生から音程が狂ってるなんて指摘されたプロ歌手は


どんな気分だったでしょうね




返事と言えば弟が


ファンレターの返事をもらったことがあったわね



私の弟は熱烈な奥村チヨのファンだったの


色っぽい声で「終着駅」や「恋の奴隷」を歌っていた人


でね


内容は覚えてないけど弟もその頃ファンレターを出したのよ


そしたら返事が来たの


確か・・・

「△△さん、お手紙ありがとう。
 チヨはうれしい!」



とか何とか書いてあったわ


ファンレターの返事をもらってない私は腹いせに


「こんなのマネージャーが
書いたに決まってるじゃん。
ばっかみたい!」



それでも弟はその手紙を

奥村チヨの直筆と信じてずっと大切にしていたわ




玉置宏さんの訃報で


半世紀前に思いを馳せた私



弟よ


わりかったね



意地悪なお姉ちゃんで・・・





今は安心してね






もっと磨きがかかってるからさ






最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : ゆるゆる人生 - ジャンル : 日記

コメント

う。。。うれしいっ。
一緒にワープできちゃうもんっv-355
出てきた名前、ぜ~んぶリアルタイムで知っとる。
いや~ん、なつかしい♪
東京ロマンチカやピンキーとキラーズも好きだったなぁ。
「音程が狂ってます」って、あははは。
後にも先にもアネキだけだろうな(笑)
しかも小学生の頃にv-405

私も書いたよ、ファンレター、いっぱい。

私は歌手になりたいです。
東京に行きます。
○月○日○時に上野駅で待っていてください。

上野駅だよ、上野駅っv-356

もらった方は、いい迷惑(笑)

マコトさん!
>「○○・・・の部分、音程が狂っています。」
と言うのは、ファンレターというより、クレームと言うんじゃないですか。三田さんのプライドを傷つけてたりして、、、、
でも、手紙を書くというのはいいことです。今やメールが当り前の世の中、これが何十年か後に残ってますかね?手紙なら一生ものですもんね!

マコトさん、こんばんは♪♪
三田明さんのデビュー曲の「美しい十代」は知りませんでしたが、三田明さんの事は親から聞いて知っていました。♪
「○○・・・の部分、音程が狂っています。」ってファンレターを出された小学生のマコトさんに私を尊敬します♪
私の小学生の頃は周りの事何も見えていませんでした。
20歳の頃たのきんトリオに夢中になりましたがファンレターは出せませんでした(≧◯≦)

一週間のご無沙汰でございます

って、懐かしいですね~

日曜日、「ロッテ歌のアルバム」欠かさず見てました。

私はちなみに三田明のファンでした(笑)
男の子達はほとんど西郷輝彦でしたね。
舟木一夫の「高原のお嬢さん」は白樺湖だったっけなぁ・・ロケが。
和泉雅子が可愛くて・・

古い世代ですねぇ。(笑)

私はジュリーにファンレター書いて、お母さまからお返事きました((´∀`*))ヶラヶラ
本人からももらいましたけど、「明星」のイベントで。

おはようございます!

ロッテ歌のアルバムは名調子でしたね。
玉置宏は著作権で干されてたんですね~
何だか気の毒・・・

三田明に奥村チヨかあ~
あの頃の人は整形してた人が多いんですね。
今になって気がついてます凸

玉置宏さんは、言わずと知れたモーホーの方だったそうですね?
ありゃ~!?・・・違いましたっけ?(汗 ・・とても感じの良い方で・・・(汗

一気に話は変わりますが・・・・、
マコトさんは、美男子的な男性が好きだったのね?
もしや、男のロマンを追い求めているパパリンも
意外と美男子だったりして・・・・(@_@。
マムの頭の中のイメージでは、スポーツ刈りのガッチリとした
体育会系ダンスイなんですけれど。

マムは、何と言っても、舟木一夫さんでしたわ~(^o^)丿
彼の映画は全部見たと思うけれど、肝心な、お芝居を見た事がないのが残念ですう。
座長されていて、それは素敵だと思うのですが・・・(*^^)v

こんばんは~
玉置宏さんはリアルタイムでは知らないんですが、スカパーの時代劇専門チャンネルの番宣に時々登場されてたんです。
(時代劇大好きのジジのせいで、時々時代劇見てるんですv-394
その時お歳のせいだと思ってたんですけど、えらくしんどそうなお顔だったんですよね。。。
そうおもってたら、この訃報。。。
あれだけ気持のいいしゃべり方は、近頃なかなかおられないですよね。
惜しい方だったと思います。
ご冥福をお祈りしたいです。

☆コメントありがとう

v-348eritorieちゃんへ
どうして若いeritorieが彼らを知ってるのか不思議ねー。
私が淡谷のり子を何となく知ってるのと同じかな?
うちの親は、ショウジタロウとかカグラザカ?何とかという芸者さんの歌手とかの時代で、
そうなると私でもさっぱりわからないのよね。
歌手生命も長いから、思ったほど年齢差がわからないのかしら?
それにしても半世紀前にワープしたら、
eritorieは生まれてないでしょうに。
上野駅と言えば、井沢八郎の「ああ上野駅」っていう歌があったっけ。

v-349光太郎ちゃんへ
あはは、私は幼くしてクレーマーだったのね。
確かに近頃は手紙ってものを書くことがなくなりましたね。
メールは便利だからついねー。
中学のころ彼氏との文通が400通・・・今も実家に眠ってるわ。

v-350sakuraちゃんへ
だよねだよね、sakuraちゃんのご両親の世代なのねー。
そっか、sakuraちゃんはたのきんトリオに夢中になってたんだ。
昔はね、ファンレター出すのは当たり前だったんじゃないかしら、たぶんね。
他にすること無かったし。

v-351kasaburankaちゃんへ
あらー、嬉しいわ。
三田明のファンだったの?
舟木一夫、つめえりがステキだったわねー。
私は小学生で「高校三年生」を歌ってたわ。
でジュリーにファンレターってずいぶん跳んでないかい?
「明星」や「平凡」いつも買ってたっけ、うふふ。
本当に懐かしいわ。

v-348共白髪さんへ
んまぁ! 共白髪さんって何でもよくご存知ね。
そんなことがあったんですか?
それに整形のことまでご存知とはびっくり。
へぇっ!あの人たちが?
って今更ですよね、みんなジジババですもの。

v-349マムちゃんへ
マムったら案外芸能界に詳しいのね。
私は割りと疎いのよ、昔っから。
パパリンは体育会系(モータースポーツ)と芸術家系(トランペッター)を兼ね備えた異色系?かな。
性格もまさに双方ミックスで私よりずっと繊細な人よ。
あ、私は全くそっちはダメ系でした、ショボン。
舟木一夫、時代劇がよく似合う顔立ちで
私も映画は全部観に行ったわよ~。

v-350yomoちゃんへ
yomoちゃんとは全く話の合わない世代でゴメンね。
それでもこうしてコメントくれて本当に嬉しいよ。
yomoちゃんはうちの息子と同年代だとすると
やっぱB'zとか嵐とか?
あ、私もカラオケではaiko歌うよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ