プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

コーヒー飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


男子厨房に入らず


中国の故事が起源で

孟子の語録にもあるんだけどね


その昔 中国って国は台所で生きた鶏をシメたり

豚を殺っちまったり・・・


その断末魔の声を男子に聞かせてはならないということで

男子を台所に入れなかったらしいのね


(女性だって断末魔の声なんぞ聞きたくないわい・・・)


それを日本が取り入れたのは恐らく江戸時代よりもっと昔



なので死語みたいなものよ


男子厨房に入らずなんて今時ね



なのにうちのパパリンときたら


それを忠実に守っちゃって


炊飯器がボタンひとつで炊いてくれるご飯さえ


炊くこともできないの



とにかく料理と名がつくことはなーんにもできないのよ




ずっと以前


玉子を焼くのに油も入れずに玉子を焼いて


私の優秀な鉄のフライパンを


見るも無残なコゲコゲ状態にしてくれたっけ


(生意気に鉄のフライパンを使うなんて百年早いわ)





別に普段食事を作ってほしいとは言わないわ


私というプロのシェフがいるんだからさ


でもね


何もできないといざというとき自分が困るのよ





あ・・・困らないのねパパリンは


私がインフルエンザで寝たきりになってるときも


確かにパパリンは困らなかったわ


毎日外食してたもんね・・・自分だけ!


そしてお粥でも食べたいと思っている私に向かって


「お寿司かハンバーガーでも
買って来ようか?」
って言ったわ



(40度熱あるときに食えるか!んなもん!!)



そんな旦那は今時お払い箱よ


男だって得意料理の二つや三つあってもいいでしょう


せめてお米といで目盛まで水入れてスイッチポンぐらい


できないでどうすんのよねー



若いうちにしっかり調教指導するんだったわ

ほんとに甘やかして失敗したと後悔してるのよ





でもねでもねでもねでもね・・・・


聞いてよ皆さん


パパリンがとうとうやってくれたのよ~


初めてのお手伝い




大根おろし


今年の土用の丑の日は7月19日だけど

我が家は諸事情で昨日うな丼を作ったのよ
(諸事情って・・・うなぎが安かっただけよ)


それで大根おろしをするのに

私はちょっとテニスで手首が痛かったから


パパリンに頼んだの



そしたら案外嫌がらずにおろしてくれたのよね


もの凄い速さで


グヮシャグヮシャ・・・


ものの5分で



大根1本丸ごと全部おろしちゃた・・・




ど どうすんのさ

そんなにたくさん大根おろして




でもパパリンが全部ぺろりと食べました





私の配偶者は人間じゃなかったみたい・・・




大根おろしデビュー
馬か・・・牛か・・・   人間じゃねえっ!




最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~


テーマ : ガンバレ私! - ジャンル : 日記

コメント

あはは、、
初めて自分ですった、おろし大根が
美味しかったんでしょうね。
今度からドンドン仕込んでみたら、
パパリンさん、なんでも出来る様になるかも~。。

ちなみに、うちの旦那と息子は料理結構
作れますよ~。
なにかと心強いです。

おはようございます!

大根おろしが1本分だとかなりの量ですね。
全部食べちゃったなんてワイルド・・・

これがきっかけで料理に目覚めちゃうかもしれません。
大根おろしの次は何でしょうね。
奥が深いですが、やっぱり玉子焼きかな・・・

出張いたしますが。

「男子厨房に入らず」の起源、いやぁ、勉強になりましたぁ。
そういうことだったのか。
我が家のダーリンは、明日、私がぽっくりいっても
家事全般に支障をきたすことはないくらい、一通りできるようになっとります。
私がしつけたのではなく、必要に迫られてですが(笑)

アネキ、ほんとにいろいろなことが出来てすごいなぁと思う。
そんな女性と結婚したパパリンは、ちゃんとわかっているのだろうか、どんなに幸せなことか。
いやいや、わかってるよね。
きっと感謝してる。
じゃなかったら、大根1本丸ごとおろせないわよ、なかなか(笑)
きっと、感謝の気持ちがありあまって。

もし、幸せを自覚していないようだったら、
私が代理妻してあげる。
えっと、多分、半日でアネキのありがたみを痛感するな。

そうよそうよ。
イマドキは男だって何でもできなきゃ。
ウチの旦那もなんにも出来ないの。
カップラーメンくらいよ。
こっちは今更どうにもならないけど
子供達にはちゃんと教えとかないとね。

って何にもしてないけど。
次男坊はたまにお手伝いしてくれるから
少しはできるかなぁ。
でも1人は無理だなぁ。
大根おろしはやってもらう^^
(私がやりたくないからですが何か?)

まぁ!頼もしいパパリン様!

マコトちゃん(*^_^*)ご無沙汰です。
いつも読み逃げでごめんなさい。

大根おろしって結構疲れるんですよね。
大根一本を5分でできるなんて凄いことだと思います。

今度から私も誰かに頼もうかな。
一応元気そうにしているけれど・・・寄る年波には勝てません^^;

わが家の料理部長は相棒でして・・・
手際といい、包丁使いといい、私は三歩くらい後ろをあるいています。
多分ですよ、センスが違うと。
私は事前にレシピを確認してその通りの量の調味料を使いますが相棒は頑なに計量しません。
そのくせ美味しく仕上げるから悔しいほどですがでもありがたいものです。

ただし、外食したときには痛烈に批判したりと如何なものかと思う時もあるのでどうでしょうね~
確かに勉強不足の料理人もいるのでこれもまたしょうがないことでしょうか。

すごいわ~、さすがはマコトさん、厨房のお話し、
お勉強させて頂きましたわ♪
それと、パパリンのイラストがとてつもなくマッチョ!?
やはり、男のロマンを貫くために必要なのね~。

大根を1本おろしてくれる旦那さまなんて、いまどき
そんなに居るもんじゃないわ~。
ダデイなんか大根1本持てないんじゃないかしら?(笑
だって、最近は、書斎にこもってマウスしか持ったことないもの。

アッ、でも、どういう訳か、マコちゃんを抱っこする時は、
すごい力を発揮するの。・・・何処かで鍛えているのかしら~?

運動した方が良くってよ!って、言うと、
「びんぼう揺すりじゃだめかな~?」って、言っていたけど。

男子は厨房に入らない方がいいですよ!下手に料理が上手だと奥様に作ったものに対して口をはさんで煩わしくなりますよ。
パパリンみたいに何も出来なければ、マコトさんの料理を感謝して食べるはず。
やっぱ、男子厨房に入らずは夫婦円満の秘訣のように思えますが。

そないな故事であったとは…勉強になります

野生のパパリンは、少年ジャンプの人気漫画「トリコ」の主人公をおもわせますわ、豪快です。

煮る焼く炒める和える切る揚げる、料理の工程のほとんどは、そんなんちゃいます。
片付ける洗うもとの位置にもどす、それがメインですねん。


美味しく作るより、生ごみの後片付け、使い残りの食材の始末、調理器具の洗浄、飛び散った汁は拭き、まな板は洗って干すほうが大事。


自称料理の達人またはヨメイラズのリアル夫がめが作業した後は、よお洗剤の広告でゆう「さわりたくない汚れ」

調味料や食材はダブルで買うてありーの、使えるフキンは一枚も無うなったりーの、
包丁は赤錆(うちの包丁はほんまもんの鋼)、
使用ずみフライパンを、水いれてレンジに放置するから(汚れが緩んで落ちやすくなるそうです)、
持ち上げると、ビシャっと水がウチの顔にかかる、
三崎港でマグロの頭を買うてきたときは、目ン玉だけ煮て、すごい脂で配水管、詰まってもうて…

カレイの煮付けの汁が、天井についてたいう、華麗なる技量の持ち主ですわ。
なんやったら、マコトさんがお風邪めされてるときにでも、ますらお派出夫といたしますが、いかがですやろか。








こんばんは~
今は女性も活動範囲が広がってるし、忙しいからね。
ちょっとでも手伝ってもらえるとありがたいですよね。。。
そのうち家のこと何にも出来ない男性は、絶滅種になってほしいものです。
でないと安心して出かけられないし、働けないものね。

ちなみにヨモスケはチャーハンくらいならできます。
おばあさんに「厨房に入らず教育」を受けたらしいので、その反動かしらねv-394

入っちゃった

厨房、楽しいのにねえ。
パパリンは人にできないことをできますからねえ。
バイクでジャンプしたり、ワゴン車を改造したり・・・
でも、料理は覚えておいて損はないですよね。
まずは、ダイコンを次回のために残す、を覚えてもらいましょう。

☆コメントありがとう

v-348あみ・もとちゃんへ
料理を全くしたことが無いから
加減というものがまるでわかっていないのよ。
1本全部おろすなんて・・・。
いいわねー、あみもとちゃんは。
ご主人だけじゃなくて息子さんもお料理ができるのね。

v-349共白髪さんへ
ボールに一杯ありましたよー。
ほんと、ワイルドよね。
でも大根おろしは胃にとても良いんですって。
毎日大根おろしの汁を飲んで胃潰瘍を治した人もいるのよ。
だからまぁ良しとしましょう。
玉子焼きは無理だと思うけど、目玉焼きならできるかな?

v-350eritorieちゃんへ
いいなぁ、ダーリンは何でもできて。
パパリンは必要に迫られてもできないものはできないとあっさり諦める人なのよ。
私は不幸な女だわ・・・(つд⊂)エーン
今更どうにもならないと思う。
代理妻? 家事じゃなくて添い寝でもしてくれる代理妻ならパパリンも大喜びするわよー。

v-351まえくみちゃんへ
あらら、まえくみちゃんちもうちと同レベルみたいね。
カップラーメンなんてお湯入れるだけだもんね。
お料理をする男性としない男性って
いったいどこで分かれたのかしら?
育ち方かなぁ。
だったら姑が悪いのね。
結婚してからの躾け方だったら私が悪いのね。
次男君お料理できるように育ててあげてね。

v-348六花ちゃんへ
六花ちゃん、来てくれてありがとう。
大根おろしは怒っておろすと辛くなるって言うでしょう。
時間をかけて優しくおろすほうがいいのよね。
だからパパリンがおろした大根おろしは
粒が粗くて滑らかじゃないのよ。
バカヂカラなんだからねー、ったく。
でも確かに力が要るから男性に頼みたい作業よね。

v-349nanaちゃんへ
そうでしたね。
nanaちゃんの相棒さんは食通だから
お味に結構厳しいように書いてあったわねー。
でもnanaちゃんは美味しいものを作ってもらえて幸せだわ。
私も調味料はすべて目分量。
相棒さんは間違いなくプロだわね。

v-350マムちゃんへ
確かに1本そのまま持っておろすのは重いわねー。
でもパパリンは平気なのね。
「色男 金と力は無かりけり」と言うけど
パパリンは金は無いけど力は有り余ってる。
マムのダディーは金はあるけど力は無いのね。
でも金も力も無い色男なんていらないわよね。
貧乏揺すりは運動ちゃうちゃう。

v-351光太郎ちゃんへ
さては光太郎ちゃんもまったく料理ができないクチね?
言っときますけど、私は料理得意ですから。
それに30年も一緒にいればパパリン好みの味付けぐらい
目をつぶっていたってできるわよ、プイッ。
光太郎ちゃんも少しはお料理できる男になりなさい。

v-348かめちゃんへ
やっほ~、かめちゃん!
もう、楽しいコメントで大笑いしちゃったよー。
かめちゃんのコメントって何と言うか絵画的だよね。
マジ、想像してしまう。
夫が料理はしてくれるけど後始末が大変だという話は
聞いたことがあるわね。
ほんと、最後の片付けまできっちりとやっていただきたいわ。
なので派出夫は遠慮しときますです。

v-349yomoちゃんへ
私は働いてないから手伝ってとは言いにくいよね。
でも私が体調悪いときだけでも何か作れたらいいと思うの。
ヨモスケさん、チャーハンが作れるんじゃ大したもんだ。
徐々に色々教えて作っていただきなさい。
きっとヨモスケさんならやってくれるわよー。

パパリンさん、男の中の男って感じですよ~
今の日本、女オトコが多くない?パパリンさんの存在は貴重ですわよ。
やさオトコの父を見てきた私・・優しさは頼りなさに繫がってしまうんですよね~
どうせなら、ナヨナヨ男より、牛か馬か人間じゃない?のようなバイタリティのあるほうがいい!
・・って、今更どっちを好むと言ったところで仕方ないけど・・
それにしてもマコト節の炸裂記事は、梅雨期でもスカッとしました。

パパリンさん、男の中の男って感じですよ~
今の日本、女オトコが多くない?パパリンさんの存在は貴重ですわよ。
やさオトコの父を見てきた私・・優しさは頼りなさに繫がってしまうんですよね~
どうせなら、ナヨナヨ男より、牛か馬か人間じゃない?のようなバイタリティのあるほうがいい!
・・って、今更どっちを好むと言ったところで仕方ないけど・・
それにしてもマコト節の炸裂記事は、梅雨期でもスカッとしました。

☆コメントありがとう

v-350こみ師匠へ
師匠はお料理上手ですもんねー。
ちづるちゃんはどんなに幸せなことか・・・。
師匠はメインの仕事の他に畑もしてお料理もして
最高のご亭主だと思います。
パパリンに爪の垢煎じて飲ませた~い!

v-351kayoちゃんへ
お互いに無いものねだりをしてるみたいね。
私はマメな亭主が欲しかった・・・。
マッチョなんて何の役にも立ちゃしないわよ。
kayoちゃんとこのご主人は畑も釣りもされて
とっても素晴らしい旦那様よ~。
マコト節、しっかりと唸ってみたいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ