プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:自然
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

コーヒー飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


パパリンが久々に私にくれたプレゼント



菜の花畑


菜の花畑に 入日薄れ


菜の花


見渡す山の端 霞ふかし



黄色一色


春風そよ吹く 空を見れば



圧巻


夕月かかりて 匂い淡し




ご存知でしょうか?
                 

童謡 「朧月夜」です              

                 


私が子供の頃はこういう童謡を歌いました                   


学校が終わると塾に行く今の子供たちと違って


こんな菜の花がたくさん咲く野原で


女の子同士夕日を見ながら童謡を・・・




・・・・・・歌った覚えはありませぬ





近所の男の子を集めて


風呂敷で作った紫頭巾をかぶり


切れないけど金属でできた刀を斜めに背負って





忍者マコト見参!




その辺の悪ガキを滅多斬り


タンコブだらけにして


母に連れられその子の家に謝りに行く毎日だったとさ




おしまい




最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~





テーマ : いいもの見つけた! - ジャンル : 日記

コメント

一面菜の花♪

(*゜ー゜)vオハヨ♪
菜の花綺麗~~
子どもの頃を思い出しますね
マコトさんは中々のお転婆さんだったのね(^ー^* )フフ♪
みつばちも土手をすべったり転げまわって遊んだ記憶が
木には登らなかったけど・・v-410
子どもが10人くらいは引っ付きもっつきして遊んでいましたね
・・たのしかった!
”自然”とお友達でしたねo(*^▽^*)o~♪

笑いましたともさ(*^_^*)

いつも楽しい日記ありがとうございます。

菜の花のお写真、朝から見せていただいて嬉しかったです。思わず唄いながら・・・というかメロディー覚えているか不安そうに・・・次々と降りていきました。
構成もなかなかお見事です!

>・・・・・・歌った覚えはありませぬ

思わず「せぬ」を読み飛ばしてしまって
うん?・・そうなんだ・・・へぇ・・・と、思いつつ
次を読み、何となくホッとしたというか、納得したというか、でした。


斬!!

お早うございます(*^-^*)ノ

ご主人様のプレゼントv-344
ビタミンカラーで とっても元気が出そうですねv-392
コチラ北国もやっとビタミンカラー福寿草やクロッカス…パンジーが咲き出しました

斬!!! 凹凹になった男の子達を見下ろしてニンマリのマコトさん
今ではレッスン生の皆さんを…?
でもそんな人に限って
菜の花畑でウットリのロマンチストだったりするんですよねv-392

すいません、教養がなく「朧月夜?」が読めません。マコトさんの子供時代は、なんとなく想像がつきました。
三つ子の魂百までもって言いますが、丸くならないでくださいな!

見事な菜の花畑ですね。
「朧月夜」がどこからともなく聞こえてきそうな風景です。

この歌なんかは日本語本来の美しさとともに、
優しく流麗なメロディが楽しめます。
名曲ですね。

菜の花素敵ですね。
情緒が今の世の中には、無い気がします。

昔の童謡って風景が頭に浮かんできますよね~。
私大好き♪
菜の花本当にきれい^^
なばなもおいしいしね♪

私は小さい頃、普通にままごととかして遊んでたな。

1枚目の畑を見ると・・自然の菜の花畑じゃないですね。
管理されてるんでしょうね・・すごいわぁ・・
 私もチャンバラやってましたよ・メンコもねv-218

(⊆・・⊇) むむっ
そんな童謡あったとな?
メロディ聴いたら思い出すかな。。。

マコトさんって、元気な女の子やったんですね^^
菜の花畑・・最近こういうキレイな癒し 見てないなぁ~
元気いただきました♪
ありがと~♪ヾ(^Д^*)ノ


マコトさん、こんばんは♪
綺麗な菜の花の写真ですね、パパリンさんが写されたんですね♪
綺麗な写真を見ながら朧月夜の歌を口ずさんでいました
マコトさんの幼少の頃は毎日刀を持って忍者ごっこをされていたんですか♪私もよく遊んだものでした。

うわぁ~、素敵な菜の花畑ですね!!
私は菜の花といえば、与謝野蕪村の

菜の花や 月は東に 日は西に

が頭に思い浮かびます。

マコト忍者だなんて、子供の頃のお転婆なマコトさん、
想像しちゃいました(^_^)

p.s.私もどちらかというと、いじめっ子派でした(-_-;)

こんばんは(*^_^*)~
菜の花畑の美しさに癒されましたよv-410
朧月夜のメロディーが流れてくるような綺麗なお写真でしたよ。
後半はいかにもマコトさんらしい・・・かなv-392

綺麗な光景を想像できて、オマケに後半部分では笑えて、一粒で二度美味しい記事ですネv-411
プププッ (*^m^)o==3

マコトさん、こんばんは~。
なんとか無事に仙台から、帰って参りましたぁ^^

「おぼろ月夜」
まだ小学校6年生?の音楽の教科書に載ってるんじゃないかな。

今の子ども達も、音楽の時間は‘お付き合い’で歌てくれても、友達と遊びながら歌うなんて、聞いたことないなぁ(笑)
良い歌でも、興味はないですモンね^^

おぉ~菜の花畑!
黄色のじゅうたんみたい!
で、、お転婆娘だったのね。
マコトさん、、、。
やっぱり!(笑)












こんばんは☆
うちの3号もちょっと前まで忍者の手前でした・・・だって剣とか家にいっぱいあるし^_^;
最近はようやく女の子と遊ぶようになりましたよ。
何でも子どもの頃は元気が一番だよねぇ♪

♪春かぁぜ そよ吹~くそーら~を 見ればー

風呂敷かけたる お転婆むすめー

すでに死語

オナゴさんは強くなりました、はい


とっても素敵な風景ですね!

何処の風景ですか?一面に菜の花~♪
とっても綺麗ですねぇ~!!
とか言いながら・・・
思わず、黄色は風水では金運があがるんだったよね・・・
なんて、思ってしまったのは私だけ?
・・・あ、そういえば、黄色い「美輪明宏」さんの
待ち受け画面を携帯で使ってると、お金に運があるんでしたよね^m^

「忍者ごっこ」ですか? あはは・・・似てます!
私の場合は、「チャンバラごっこ」でした!^m^
生傷が絶えませんでしたからねぇ・・・ww
人形遊びは、性に合わなかったです!(^_^;)

☆コメントありがとう

v-348みつばちちゃんへ
子供の遊び方から見ると昔のほうが健康的で子供らしい遊びをしていたように思うよね。
今の子は体中傷だらけの泥まみれになって遊ぶなんて
考えられないでしょうね。
それに確かに集団で遊んでたよね。
その中から学ぶことも多かったような気がするわ。

v-349六花ちゃんへ
ありがとう。
自然の色ってどうしてこうも美しいのかしらねー。
構成お見事?むふふ、褒められちゃった!
やっぱり最後は私らしかった?
お上品な側面もあるにはあるんだけどな。

v-350わこちゃんへ
わこちゃんのブログの福寿草見てきたよ。
まだ寒いんだね。
これはパパリンが淡路島にレースに行った時に撮ったものだと思うので・・・はて、どこだろう?
子供の頃から姉御だったから喧嘩も強かったよ。
テニスの弟子たちには罵声を浴びせております。

v-351光太郎ちゃんへ
若いのねー。
「おぼろづきよ」と読みます。
皆に少しは丸くなれよって言われるけど
光太郎ちゃんみたいに「丸くならないでください」とは
初めて言われた。

v-348共白髪さんへ
ご存知でしたか?
日本の歌は短調が多いのにこの歌は長調なので
明るく清々しい調べで好きです。
歴史に残る名曲ですね。
パパリンが言ってました。
写真は綺麗だけど、匂いが強烈だったって。

v-349haruちゃんへ
日本にはまだまだ情緒溢れる景色がここそこにあるのだけれど、
それに気付いて足を止める人間の感性が希薄になっているんじゃないかしら?

v-350まえくみちゃんへ
日本の童謡は歌詞もメロディーも優れたものが多いよね。
今の子供たちは全く違った歌を習ってるみたいで
昔の童謡は廃れていくのかしら?
まえくみちゃんはやっぱり食い気?私と同じだ。
おままごとは弟がよくやってたよ。

v-351kayoちゃんへ
どこだかはっきり聞いてなかった・・・。
淡路島方面だと思うけど。
凄い匂いだったって。
チャンバラとメンコってkayoちゃんは完璧な男の子だったのね。

v-348だっきゃちゃんへ
だっきゃちゃんは若いから知らないのかな?
ミミドーレミソソラソ レーミードレソミー
っていうんだよ。
あ、元気な男の子でした、なんちゃって。
私もこんな景色見ることないからパパリンが写真のプレゼントをしてくれました。
これはデジカメだけど割りとよく撮れてるでしょ?

v-349sakuraちゃんへ
パパリンは私よりは上手に写真撮るよね。
実物だったらハックションが出るかも。
忍者ごっこやお姫様ごっこ(のサムライ役)
大きくなったら専らドッジボールだったなぁ。
sakuraちゃんはおままごとのような気がするけど?

v-350vicoちゃんへ
蕪村?
教養あるなぁ。
私はいじめっ子じゃなくて常に正義の味方よ。
弱気を助け強きを挫く紫頭巾!ジャジャジャ~ン!
で、つい夢中になってトリャァ~! ゴチン!
「ウェ~ン!ママ~!マコトちゃんが叩いたぁ!」

v-351yomoちゃんへ
yomoちゃんも「朧月夜」知ってた?
割りと皆さんご存知なようで安心したわ。
一粒で二度美味しいって、私はグリコか!

v-348テルちゃんへ
お帰り~!
お疲れ様でした。
まだ教科書に載ってるの?それいは嬉しいね。
昔の歌は歌詞が綺麗だけど言葉が難しくて今の子供たちには歌いづらいかもしれないわね。

v-349あみ・もとちゃんへ
長崎の風景にかなわないかもしれないけど
素朴な菜の花もまた趣がありますな。
はい、やっぱり私はやんちゃ坊主でございましたね。

v-350夫婦レンジャーさんへ
できれば3号ちゃんのように男の子の遊びも女の子の遊びも両方やってみるのがいいと思うよ。
小さいうちは経験が大事だからさ、
何でもやってみることだね。
そう、元気が一番! 大人だってそうよ。

v-351かめちゃんへ
オナゴさんは昔も今も強いもの。
ただ男衆がめっきり弱くなったんでないの?
草食系だとか・・・
肉食系のマコト、草食系の男に断じて負けるはずがありません!

v-348ユニコーンちゃんへ
どこだろうねー・・・
たぶん淡路島近辺かな?
なるほど、黄色は金運か。
4枚も黄色の写真アップしたからには
金運が舞い込んで宝くじ買ったら当たるかしら?
ユニコーンちゃんも男の子の遊びをしてたのね。
お人形さんも遊んだよ。
顔にマジックでメイクして見れない顔になってポイ!

学校でしか歌いませんでしたが
なつかしいな~

私もそうだったな~
誰かがいたずらすると
必ず、私が詰問されました(TT)
ま、ほとんど犯人は
私だったんですがね(笑)

☆コメントありがとう

v-349げんえいさんへ
時にはこういう昔の歌を思い出すのもいいものでしょう?
げんえいさんはイタズラ坊主だったのね。
私の想像通りだわ、エヘヘ。
そこを通って今のげんえいさんがあるわけだからてん君にもいっぱいいたずらさせてほしいな。

最近の子供たちは童謡をどれだけ知ってるんでしょう。
うちの子供たちだって、いいとこ幼稚園時代にちょこっと
親しんだだけじゃないのかなぁ。
大人になってもふと口ずさめるなんていいですよねぇ。
日本の情緒ってやっぱりこういう美しい風景とか自然の音の中ではぐくまれるものですよねぇ。
いやぁ、なんか癒された、アネキの美しい歌声で。

。。。

悪がきを滅多切りにして、夕日を背になんとも男らしい忍者マコトのシルエットを思い浮かべながら。。。(笑)

アブラナ科

ウチの畑、コマツナやミズナが咲いちゃって、
ちょっとこんな感じになってました。
いえ、一畝だけど。
マコトさん、忍者やハリマオになってたんだろうなあ。
今は刀の代わりにラケットを?

☆コメントありがとう

v-350eritorieちゃんへ
日本の昔の同様は風情があって詩もメロディーも美しかったわ。
段々と忘れ去られていくのは寂しい限りね。
私は息子が1歳ぐらいの時から童謡を一緒に歌って育てたのでとても感性豊かに育ったよ。
いくら姉妹でも姉は妹のように歌が上手くありません。
そう、子供の頃は男か女か区別がつかなかったかも。

v-351こみ師匠へ
うちの実家の菜園もそうよ。
白菜だってキャベツだってブロッコリーだって
放っておけばみんな花が咲いちゃうよね。
師匠ったらハリマオを知ってるの?
「真っ赤な太陽燃えている
果てない南の大空に
とどろき渡る雄たけびは正義のものに味方する
ハリマオ ハリマオ 僕らのハリマオ」お粗末!

マコトさん、本当にランキングが無くなっていますのね?
でも、マコトさんのお気持ち、マムも良く判ります。
時々、ブログのために、何かを犠牲にしたり、我慢する自分を
発見しちゃうんですよね?
マムも、ダデイにも、「優先順位を勘違いしているんじゃないの?」と、
言われた事があったので、反省もしたりしました。
「いつまで、お互い元気で居られるのか判らないのだから、
二人の時間を大切にしようよ」・・・と、言ってくれる人は、ダデイだけ!
こんな素敵な写真を下さるパパリンとの時間を大切にして、
マコトさんらしく、しっかり輝いて♪下さいね。
応援していますわよ~~~~ヽ(^o^)丿

☆コメントありがとう

v-348マムちゃんへ
マムならきっとわかってくれると信じてた。
毎日の更新に追われて寝不足の私に
パパリンが何て言ったと思う?
「いつまでそんなこと続けるつもりかと思ってたよ。
マコトは自分で納得しないとダメだから黙っていた。」
そう、パパリンは私のブログを見たことも無く
黙って見守っていただけだった。
マムもダディとの時間を大切にしてね。
私はテニスと孫っちと遊ぶ時間が増えてご機嫌よ。
これからもっと輝いていくわ~。
ありがとね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ