FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:教育・育児
色んな方のブログ巡りは楽しい


ついついハマって泣いたり笑ったり






ある方のブログを読んで


どうしても書きたくなった


自分の記事として・・・




嫁姑問題に悩み


ブログに愚痴を書いて


ストレスを発散させている人は多い


そのこと自体は私はいいことだと思っている


そういう人はある意味


姑をたてて自分が我慢している偉い嫁だ


いつも姑を攻撃して泣かせるような嫁なら


ストレスも溜るまい


だから私は


その方のブログを時々訪問しては


共感して読んでいた


でも


はっとする記事に遭遇してしまった


息子が祖母に向かって


「アホか!」


と言ったと書いてあった


そして


よくやった・・・と



悲しくなったよ


いいのかな それで?


息子は常日頃


母親が祖母にいじめられてるのを


見て育っているのだろう


その家庭によって


色んなことがあるだろうけど


たとえどんなことがあろうと


子供が老人に向かって


アホ呼ばわりするって・・・


絶対してはいけないことだと私は思う


自分が姑に抵抗できない分


息子がスカッと言ってくれたことに


内心拍手を送る母は


きっと心に深い傷を負っているのだろう


そんな嫁にしたのは姑かもしれない


悲しいことだ





でももっと悲しいのは


その息子のことだ


どんな人になるんだろう


自分の母親が年老いたとき


優しくいたわれる男になってるだろうか


難しいと思う






うちも息子が幼いときから同居だ


私は姑とのいさかいを


息子には見せないようにしてきた


だって息子は必ず母親の味方だ


母親の私をかばって姑に敵意を抱くだろう


姑は可愛くてたまらない孫に憎まれる


そのやるせなさをまた嫁にぶつける


悪循環


そんな悲惨なことってある?


嫁姑戦争に息子を巻き込むことだけは


どうしても嫌だった





息子は


おばあちゃん子ではなかったけれど


何にも知らずに大人になった


今は3歳の息子を厳しく躾けている


特に言葉遣いにはうるさい


もし


私の溺愛する孫っちが


私をバカにしたりしたら


容赦なく父親ののビンタが


孫っちの頬を襲うに違いない




三つ子の魂百まで・・・


小さいときは平和に育ってほしい


弱者をいたわる心は親から学ぶものだ


大人の戦争に


夫婦戦争・嫁姑戦争に


子供を巻き込まないで


子供はいつもあなたを見ている








ranking_1.gifランキングアップにご協力を


ポチッとお願い


こちらもよろしく

コメント

本日の記事

うんうんと頷くばかりでした。
うちは母親とジジババがあまり仲良くなかったけど
どちらかと言うと歳とったジジババの味方してましたよ
子供ながらに母親とじじばばの 間に入って つなげていました。でもジジババがなく亡くなった時 母は寂しそうでした。弱いものを労わるこころ
これ大事ですね。
そうでしたか・・・MTマコトさん
あなたタイピングはプロ並み!
素晴らしい!!!
失礼なチャイニー陳より(-.-)

10/17 の脳内メーカーみてきたよ!
よくにてるけど、usokoメーカーの脳内メーカーではないかったさ♪でも、脳内メーカーだし♪
たぶん、いろんなメーカーの脳内メーカーが・・・・#$%’%(&」 (意味不明でゴメン)
ま、それはいいとして、老人をいたわる心ってほんと大事だと思う!こんな私でも子供育てるにあたって弱いものの気持ちがわかる子になるようにとそれだけを重要に考えてましたよ。ま・・・おかげで勉強はからっきしになっちゃいましたが・・・w

はじめまして・・・

こんにちは!
初めてコメントさせていただきます。
書いておられる記事の内容は、ごもっとだと思いますが、人のブログの記事の内容を自分のブログであれこれ批判されるのは如何なものかと思います。
もし、私がそのようにされたらすごく傷つくと思います。
そのようなしっかりしたご意見をもたれるのであれば、本人さんに意見してあげたら良いのでは・・・と思いました。
要らぬコメントでゴメンナサイ・・・

チャイニー陳さ~ん

お初ですかね?
どこかでお会いしましたような・・・

子育てはほんと難しいですよね。
なんと言ってもやり直しがきかないし。
だから面白いのかな?

rinさ~ん

うん、色んなのがあるらしいね。
私の記事は文字ばっかりでつまんなかったでしょ?
できないんだよ・・・
そのうちおせーてね。
いい子に育ててるじゃん。それでいいそれでいい。

小牧清立さ~ん

あなたのような方がきっといらっしゃると思っていました。率直なコメをありがとうございます。そして私の思いも解って頂きたいと思います。もちろん本人様にはちゃんとコメを残してきましたよ。自分の名前で。そこには名無しで私のようなコメを残しておられる方もありましたけど。私は批判をするつもりなど全くないのです。だって気持ちは痛いほどよく解るんですもの。ではなぜ自分の記事に取り上げたか。それは彼女に私のブログに来て読んでほしかったからです。もちろん他の人にも読んでもらってわが身に置き換えて考えてほしいですよ。あなたのおっしゃるあれこれ批判をしたつもりはなく、読んで傷つくのでなく気がつくことを願って全て経験してきた自分の老婆心を綴った次第です。よくある誹謗中傷と一緒にしないで下さいね。またご意見ありましたらお聞かせください。

こんにちは。

嫁姑問題ですか・・。
私も一応は嫁ですし、息子がおりますので姑になる可能性もあるわけで、他人事ではないですね。
今は自宅から歩いて2分ほどの場所に主人の実家があります。
とりあえずは良好な関係を保っていると思っていますが・・。

嫁姑問題、永遠のテーマですね。

うさこさ~ん

そうね、できるだけ仲良くやってほしいわ。
うさこちゃんならできると思うよ。
それといくら嫁が努力しても姑の根性が悪すぎてどうしようもない場合もあるんだよね。ボケてくるってこともあるし。
まあその時その時臨機応変にやってくしかないんだろうけど、努力だけはしないとね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんわっ
このお話を読んで、
ものすごく私の中にすーーっと入ってきました。
そしてドキっともしました。

私は実家で祖母と暮らし、
嫁姑問題を抱える家で育ちました。
最初はうまくいっていたと思います。というか、
母の中ではいろいろと思うところはあったんだと
思いますが、私たち子供には、
全くそんなそぶりを見せませんでした。
私が中学3年のとき祖母が倒れ、
そのとき祖母方の親戚や叔母(祖母の娘)から
母が集中攻撃をくらっているのを
目にしてしまいました。
母も私に見られていたとは
思ってなかった様子でしたが・・・
それから私は祖母に対して、親戚、叔母に対して、
表には出すことは控えましたが、
心の中では怒りが沸々と湧き上がるのを
感じずにいられませんでした。
その後、徐々に嫁姑問題が悪化。
兄の結婚が決まった頃からは、もぉ修復不可能状態。
父もあきれるばかり・・・
一体この先どうなるのだろう・・・
自然にわたしは祖母と距離を置くようになりました。

STマコトさんがおっしゃるように、
子供はものすごく敏感です。
母はありがたいことに楽天家なところがあって、
ポジティブなところが救いでした。
でも、やっぱり家族の中がしっくりきてないと、
今後の人生に必ず何か影響を及ぼします。
でも子供とて、
大人の理不尽さに納得できない部分はあります。

感情のコントロールは難しい・・
私はその頃から平和主義。
うちに秘めることが多くなりました。
そして貯め込み過ぎると体がおかしくなります。
胃薬は未だにかかせません・・・

鈴子さ~ん

はじめまして! ようこそです。
コメを読んだだけであなたの人柄がわかります。
おっしゃる通りです。私も同様の経験をしています。
子供は純真無垢なだけに敏感だし感化されやすいですよね。大人が気をつけてあげないと。
平和主義の鈴子さん、これからもどうぞよろしくね。

難しいですよね。

嫁姑問題は、時代は変わっても
永遠のテーマですものね。
色んな複雑な要素が絡んでいたり
家庭環境もひとそれぞれですし。。
嫁は、他人だけどその子は、血の繋がった
可愛い孫ですしね。
うちの子達は、結構、じいちゃん、ばぁちゃん等を
みぞがって(可愛がるかな?)いましたよ。
私も今は、嫁の立場ですが、あと何年かすれば
(上手くいけばの話)姑ですからね。
順繰りまわってくるんですよ!
子供だけでなく周りの人を巻き込まないように
しなくてはと思います。
いやな思いをさせないように・・・。




あみ・もとさ~ん

ほんとに順繰りですよね。
同居がマイナスでなく思いやりを育む機会になってくれたらと思います。
でも理想と現実は違いすぎて・・・
自信がないので今は同居反対派です。
「同居はいいよー」って言えるようになりたいわ。

そうそう

そうですよね。
嫁姑の問題は本当に家族にも影響を与えるけど、子供にとってはきっと優しいおばあちゃんにちがいありません。

孫がそこまで言うのはやっぱり母親としてはたしなめなきゃならないですね。

いずれ自分も老いていくのは間違いないんだから切り替えを上手にしなくっちゃ。

それにしても同居は大変。
そのことをわきまえて私達も姑べんきょうしましょうね
v-209

私も同居反対派ですよ

ひなたんばーばさ~ん

おはよう~。早いね!
私たちはよく似た視点に立ってるから考えも似てるのかしら?
お互い仏姑になれるようガンバ!
明るい家庭にするも修羅場にするも嫁と姑次第のようですからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ