プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

コーヒー飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜




「おーい、婆さんや。

久しぶりだのぉ。

おまえは一体いつまでそっちに居座るつもりだい?

ワシが三途の川を渡って30年近くになるというに

おまえは寂しい素振りも全く見せやしない。

デイケアとやらに通って友達も大勢作り

黙って見てれば何かい?おまえはエアロバイクとやらで

トレーニングまでして足腰鍛え

まさかホノルルマラソンに出るつもりじゃぁあるまいな?


家でもワシがおったときのまま二部屋をぶんどり

自由気ままにやっとるじゃないかい。


しかもワシの代わりにエアコン、冷蔵庫、電子レンジにIH

部屋に備えさせておまえはワシより便利だと抜かしおった。

実に快適な暮らしをさせてもらっとるようだな。




だがおまえは気付いてないじゃろうが

最近のおまえの物忘れは相当ひどいぞ。


電気は点けっ放し、水は出しっ放し、トイレは開けっ放し

言われたこともすぐに忘れて聞いてないと強情をはる。

物忘れの域をとうに脱しておるわい。

嫁がどんなに苦労しとるかわかっとるのか?



それに仏壇もほったらかしじゃないか。

おまえは言ったな。

「うちの仏さんはほっとけさんだから」じゃと?

ほざけ!誰がほっとけと言ったか!

ワシは何でもお見通しじゃよ。

おまえときたらお供えの菓子も1分も経たないうちに

さっさと下げてパクパクうまそうに食ってしまう。

まったくなんてヤツだ。
お婆が食べる
90を目の前にして

おまえもそろそろこっちに来る心積もりをしたらどうじゃ?

もうじゅうぶんじゃろうが。

若い者を自由にしてやったら良いと思うがのー。


ここは極楽だぞー。

酒は飲みたいだけ飲めるし咎める者もおらん。


綺麗なおなごもたんとおる。

助平ジジイだのセクハラだのと非難する者もおらん。



だが・・・待てよ。

おまえがこっちに来たらまたうるさく小言を言われるかのぅ。

せっかくの極楽が元の世界と同じになっては

いかんいかん、それだけは断じていかん!



そうじゃ!

おまえはやっぱりもうしばらくそっちで世話になっとれ。

ワシは元気だからちっとも心配はいらんぞ。


マコトさんにくれぐれもよろしくな。



                   あの世の爺さんより  」









小説家になれるかしら?

ranking_1.gifまた銀のカップがもらえるかしら


5~6位 ありがとう!

ファイブ ブログランキング
5位 ありがとう!

テーマ : なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル : 日記

コメント

プッ・・笑い事じゃない?

あの世の爺さんてば・・早く婆さんを呼んでくれなくっちゃ・・・
気疲れでお嫁さんが先にいっちゃうじゃないですかぁ!
・・って、この世の婆さんのお返事も小説にしてくださいね・・楽しみです~

大丈夫よ、おじいさん。
そちらには女性用にイケメンホストがいっぱいいるはずだから
おじいさんのことなんてかまっちゃいられませんって。
お互いに気楽にやっていこうじゃないの。

だけどね、わたしゃもうちょっとここにいて
肖像画を描いてもらいたいのよ。
まだ当分いけそうにないねぇ。

さて、今日はどんなことをしてマコトさんを
困らせてやろうかしら♪

海外大好き小池さんです

long time

文才があるんじゃないですか?
小池さんは確信しています。

自分には文才はないと。。。


では応援

次回はオバマ大統領の書記官を
誘います。 ただ、忙しいから
うまく約束は出来なさそうですけど。

では

向こうに 私が行ったら 貴方、私がわかるかしら

マコトさんには 毎日良くしてもらってるし

いろいろ便利な世の中だし

なんだか そっちに行くの忘れちゃいそう

水に流して忘れたり
電灯と一緒に 記憶も消してしまったり

あ これはね
このあいだから マコトさんが 卓上電子計算機に向かって、面白いもの書いてて

何てゆうかは 忘れちゃったわ

ブルマだったか
なんとかの具だったか
横文字ですもの わかるわけ、ないわよ

そっから亀が来てね
替わりに書いてるの、亀の代書屋さんよ

亀に替わりが務まるかしら、心配ね

マコトさんが 書いてくれれば良いのよね

ジジリンへ
1月24日

追伸
東京は梅が咲きました
暖かい寒中です

マコトさん、こんばんは♪
何だか本当にお姑さんの旦那様が喋っている様な
錯覚を覚えました。
マコトさんはお上手ですね♪
小説家に本当になれそうですよ♪
応援ポチ 凸\(*^ー^)♪です♪

もしかしてマコトさんにお爺さんが乗り移りました?!(笑)
ぜひ小説家に!!

応援ポチポチポチ♪

ははは・・・
何の話かと思ったら。
笑わせていただきました。

おばぁさま、まだまだお元気でおられるようで何より^^
おじぃさまも、あの世でそんなおばぁさまを羨ましがっているんでしょうね。

マコトさん、小説家になれるよ。ゼッタイ^^

ホントにこんなお手紙がきたら、おばあちゃんもびっくりだろうね…びっくりついでに電気の点けっぱなし治ったらいいのに…

こんばんわ(*^_^*)~

うーん、これはスゴイv-12v-363v-363
まるでマコトさんに、おじいさんがホントにのりうつったようですネv-411
リアルに楽しませてもらいました~
間違いなく小説家になれますよ
o(*^▽^*)oあはっ♪

応援!!!

なんとっ!

最初、どういう内容なのかな?って思ってましたが・・・
すごい文才ですねっ!!
もしかして、本当におじいちゃまが乗り移って書かせたのか?
って本気で思っちゃいましたよ!!^m^
順位、王冠まで行ってますね!(^o^)丿
今日も応援ポチッして行きます!!

!!!

読み始め、何かの物語の引用かな~♪
っと読み進んで~結末で何だか温かい気持ちになりました♪♪お婆様への愛♪
応援ですっ☆☆

面白いじゃないですかっ!
小説家?なれると思いますよ♪
なんだかんだ悪口も言っときながら、最後の優しい一言が心を和ませてくれますね♪
いつまでも元気で仲良く戦ってください♪

☆コメントありがとう

v-348kayoちゃんへ
義父は早死にでしたから姑は長く残されてしまったけど
本人はずっと気を使って生きてきたから
すごくラクになったと言ってました。
案外冷たいもんですわ。
女が逞しいのか・・・
返事を書くような姑じゃないんだけどなぁ。

v-349まえくみちゃんへ
そうか、当節はイケメンホストがあの世にまで出張営業してるのか。
姑の肖像画ね、描こうと思うとピタッとペンが止まってしまうのよ。
どうしても後姿しか描けない私の感性をお察しくだされ。

v-350小池さんへ
元々物書きになりたかった時期もあって
こんなブログっていうものができたおかげで
色んな楽しみ方ができるようになったわね。
時々企画しようかしら?
応援ありがとう。

v-351かめちゃんへ
あら、kayoちゃんからご依頼の姑の返事
かめちゃんが代書してくれたのね、よかったわ。
ブルマって・・・ウマいじゃん。
そうそう、そんな感じだわよ。
カタカナ語はさっぱりですもんね。
パソのことも「器械」と言っておりまする。
東京も暖かい日やら寒い日やらで・・・

v-348sakuraちゃんへ
私、小説家になれるかしら?うふふ。
もちろん義父になりきって書いたつもりよ。
こういうのなかなか楽しめるわねー。
sakuraちゃんもQちゃんやmomoちゃんになって
お手紙書いてみたら?
応援ありがとう。

v-349むらさきちゃんへ
あはは、乗り移ってはいないけど
7役の女優なもので義父になりきって書きましたがな。
小説家になるにはネタがないと・・・
これ一つでネタ切れなんですけど。
たくさん応援ありがとね。

v-350テルちゃんへ
たまにこんな記事も面白いかと思って書いてみました。
義父は早死にしたのでこの世にいっぱい未練があったと思うのよ。
その上、女房は当分来る気配もないし
そんな気持ちをこんな形で表してみたの。
小説家になれる?がはは

v-351空豆ちゃんへ
年をとると感動や驚きってものがどんどん薄れていくの。
だからきっとこんな手紙を見ても「ふん」でおしまいね。
私はね、幾つになっても感動できる人間でありたいの。
同様に注意力も集中力も全て減退するので
電気も水道もつけっ放しは治る見込み無し。



v-348yomoちゃんへ
楽しく読んでもらえたならこの企画は大成功ね。
ちょっとした遊び心なのよ。
文才が無いのは自分自身が一番よくわかってるって。
でもありがと。
応援も感謝!

v-349ユニコーンちゃんへ
わお!ユニコーンちゃんにそんなに褒めてもらえたら
舞い上がっちゃうでないの。
ちょこっと文章で遊んでみたくなってね。
でもこれ、思いついてから書き上げるまでに20分ぐらいなの。
時間をかけるのが苦手だから小説家のような真似は無理どす。
いつも応援ありがとね。

v-350なな☆ぷうちゃんへ
ふうん、これ読んで温かい気持ちになったの?
それはね、ななちゃんが優しい人だからだよ。
こういう文章は色んなとり方が出来るから
読み手の心を反映するの。
だからななちゃんは温かい心を持ってる人だ。

v-351みなもとん君へ
深く読み取っていただいて嬉しい限りです。
私は良い読者をゲットしたなぁ。
また機会があればチャレンジしてみたいけど
みな君、ネタちょうだいよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ