プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:世の中
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


読みながらコーヒー飲んでるあなた
ふき出さないようにご注意を!

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



どうやら私は天から

「おまえはブロガーであり続けよ」

と命じられているらしい



ちょっと休もうかと思っても

ネタの方から

「これを記事にせよ」

と転がり込んでくる



「書く事が無い」

というようなことはありえないのだ


経験が豊かである

とも言える
(この歳じゃ経験豊かは当たり前だが)

小説家のように話を作り上げなくてもよいのはありがたい

実際にあったことを書くだけだから私にもできる






今日は高齢化社会となった今どこにでもありそうなお話



私はいつものようにスーパーで買い物をしていた


最近はカゴを持って歩くのが億劫で


必ずワゴンを押して歩く
(老婆の手押し車では決して無い)

ワゴンのカゴの中には

ほうれん草とモヤシとレンコンが2パック


その状態で私はおにぎりに入れるタラコを物色していた

大きめが4つ入ってるのと

小さめが5つ入ってるのをつくづくと見比べ

経済性と満足度を戦わせていた


結果的に満足度が勝利して大きめ4つのタラコをゲットし


カゴに入れようと


あれ?

カゴに入れようと


ん?

ワゴンが無い



二つのタラコを両手に持って見比べている間に

手から放したワゴンが見当たらない


まだ買う前の商品だから

財布をすられたときほどうろたえはしないものの


「誰があんなものを盗るかなぁ?」

「まさか店員さんが放置ワゴンと間違えて?」


などと考えながら私は周囲を探し始めた



すると5メートルほど先に


一人の老婆がワゴンを押して歩いているのが目に止まった


チラッとほうれん草らしきものがのぞいている



私は確かめるためそばに近づいた


老婆はカボチャをカゴに入れようとしていた


よく見ると

やはり私のワゴンである
(正確には私のものになる予定の商品を乗せたワゴン)



「あの・・・
このワゴン間違えてません?」


と尋ねた



「わたしの買いモンだわ」

老婆はガシッとワゴンを握る



私は

もういいわ

買いなおせばすむことだからと思い


「そうですか」

とその場を離れようとした時


「おばあちゃん!
おばあちゃんのワゴンはこれ!
もう・・・すいませんねー」



とお嫁さんらしい女性が現れた


「あんたっ!
わたしの買いモンを盗ったんだね?」


と嫁に食ってかかる老婆



「何言ってるの?
自分で置きっぱなしにして
またそういうことを・・・」


と笑顔で答えるできたお嫁さんだが

負けていない老婆は声を荒げる


「ったく手癖が悪いんだから」


オツムはちょっとアレのようだが

口の達者な老婆は私に一言




「あんたはもういいわ
許してあげる」




おしまい





ベストのおにぎり
このおにぎりパワーで冬を乗り切れ!




明日はわが身か!

ranking_1.gifおお!おかげさまで久々の20位台!


5位 ありがとう!

ファイブ ブログランキング
こちらも5位 ありがとう!

テーマ : ガンバレ私! - ジャンル : 日記

コメント

はぁ・・・ですよね・・・

確かに明日はわが身ですよね・・・
出来ることなら、死ぬ寸前まで、
シャンとしていたいなぁ・・・と思っているですけどね。
こればっかりは、自分にもどうなるか分からない事なんで・・・

なんと心の広い

おお!できたお嫁さんですね
マコトさんも、もう一度買い直せばなんて^^
ま、私は声もかけれないかもしれませんね

。。。明日は我が身

(((p(>o<)q))) いやぁぁぁ

そうなんですよね
私も月に数回施設にボランティアに
行っているのですが
は~と思うことがたまにありますね
でも、すぐに忘れるみたいで
大事にはなりませんが
本人の事を考えると
悲しいですがボケているので
幸せなのかもとも思ってしまいます。

なんとも、、

ネタが向こうからやってくるのですね!
いろんな人がこの世の中には
いるんですねぇ~。
お嫁さんらしき女性、、笑顔で受け答え
して、、
えらいなぁ!


( ̄□ ̄;)!! 『明日は我が身』かも…きゃぁぁぁぁぁあ~

知り合いのおばあちゃま(95歳・独居)は、孫の顔わからんようになり、
家事をしに通ってくれる孫娘を
侵入者と思い込み、
毎日 玄関で待ち構えて 叩いたりつねったり 罵倒してはったそうです


被害妄想なるのと、危険物(お台所のガスとか)の取り扱いが危うくなるのが、一番厄介やろね

きっと易者サンに見てもろたら

『マコトさん、あなたにはババ難の相が…』

マコトさんの 手作りおにぎりは 美味しいらしい…

しやけど
タラコ1本、コレステのもと(笑)

ああはなりたくないと思う自分となってしまうんではと思う自分がおります(><)

せめて可愛い婆と呼ばれたい(笑)

おにぎり!

すごい豪華!(^^)

ごちそうしてくださいませ☆

☆コメントありがとう

v-348ユニコーンちゃんへ
ほんとにねー、
誰だってボケたくないよね。
でも先のことは解らないし
心配しても始まらない。
ただあんな風になった人に罪は無いってことだけ
私たちが認識してあげないとかわいそうかもね。

v-349げんえいさんへ
お嫁さんはすっかり慣れて割り切ってるんだと思います。
げんえいさんはあと30年は大丈夫。
・・・と言ってあげたいけど知~らないっと。

v-350せいパパさんへ
せいパパさんは施設にボランティアに行ってらっしゃるのですか?
尊敬しますねー。
私など家にいる姑だけでいっぱいいっぱいですから。
お仕事されながらボランティアをなさるなんて
ホントに偉いお方ですわ。

v-351あみ・もとちゃんへ
長生きしててあちこち故障が出てろくなことないけど
ネタの宝庫だけが私の財産かもしれない。
トホホ、お金にならないわー。
あみもとちゃんが大ばあちゃんの扱いに慣れてるように
お嫁さんもきっと毎日のことで慣れっこになってるんじゃないかな。

v-348かめちゃんへ
かめちゃん、いつも読みに来てくれてありがとう。
その孫娘さん、偉い人だなぁ。
私だったら「マコトキック」お見舞いしてるかも。
あと3人私の肩にかかっているので
「ジジババ難の相」に改めてちょうだい。
タラコ1本入れが私のポリシーなんで妥協はできまへん。(しかもこれを3個食べるのよ)
薬でなんとかなるでしょ。

v-349BUNちゃんへ
パソコンの寿命占いによれば私はボケる間もない早死にらしいので・・・喜んでいいのだろうか。
可愛いおばあちゃんがいいよねー。
ボケ方も色々あるだろうし家族に暴力ふるうようなババじゃどうにもこうにも。
私のおにぎりごとき、北海道の美味しい食べ物の足元にも及びませんわよ。

マコトさん こんにちは

ブログに書くことが
ポンポン出てくるのは
脳が柔らかい証拠なんでしょうか?

こちらは忘年会の後遺症に
悩まされております。。
はしゃぎすぎました(笑)
応援☆=

☆コメントありがとう

v-350薬屋店長さんへ
脳は柔らかいと思いますよー。
柔らかすぎてしまりが無いから忘れてばっかりだわ。
店長さんは二日酔いですか?
おごってもらって美味しいもの食べすぎ?
応援ありがとう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ