プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


読みながらコーヒー飲んでるあなた
ふき出さないようにご注意を!

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



今日はプンプン怒っています


マコトは喜怒哀楽が激しすぎるって?


わかってますよ


わかってますけどまぁ読んでやってください






朝起きて鼻歌を歌いながら洗面所へ行った私が


洗面台の流しの中に見たもの


それは・・・




無造作に放り込まれた上下分かれてる


入れ歯



私がこの世で最も生理的に嫌悪するモノ


悲鳴を上げるのも忘れてトイレに駆け込む私





流してないし・・・




んもうっ!

朝っぱらから何て不快な出来事の連続!




とにかく例のブツを何とか処理してもらわねば


顔も洗えないので


姑の部屋へ急ぐ私






グワッシャーン!!!



な なんで入り口にヤカン?






雑巾雑巾・・・(あたふた)





こうして私の一日は始まりました


今日もいいことありそうね





ってあるわけ無いだろーがっ怒




胸騒ぎが・・・





二度あることは三度あった!

ranking_1.gif下がってきましたグスン・・・


5位から出たり入ったり忙しい

ファイブ ブログランキング
今は5位あたり

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

having a bad hair day, right?

入れ歯はできれば自分も見たくないですね。
でも、見てしまったものは仕方ありません。

夢に出てこないように祈ってます。

では応援

なんか『ホームアローン』に出てくる泥棒みたいな感じになっちゃってますね。。。
どこに言っても、罠・罠・罠みたいな(笑
まぁ、“マコト”さんにとっては笑い話じゃない(?)かも知れませんが…

こんにちは☆

姉さんが朝からイカるのもわかりますが、妹は爆笑です!
姉さんがあたふたしている姿、見てみたいな~。
でも読む度に「明日は我が身」と思ってしまう、妹なのでした(苦笑)



こんにちは☆
読んでるこっちまで「キーッ!!v-41」と言いたくなる出来事ですね・・・
1日の始まりがこれだと凹みますわ(-_-メ)
お気持ちお察しいたします。。。
ぽち。

あら、本当に楽しそうな一日のはじまりだこと。

ウチのじいちゃんもね、トイレで流さないのよ。
男性用トイレもあるのに小さい方だけでも
座ってするトイレを使う‥

のはまぁいいわよ。
ラクだろうしね。

でも使ったら流せよ!!と。
トイレに入ったら、まず中身を確認。
流れてなかったら流してから用を足す。
私の大事な習慣よ♪

そういえば、雑誌で見たけど
もったいないからって一日に何度かしか流さないって人いたわ。
バッチイまんま家族みんなで使ってるのよね‥。
ううぅぅぅ。
シンジラレナイ。

初めまして、Reiと申します。
いつも読み逃げしてましたがマンモのあたりからウズウズしていました(^^;
そして、ピーちゃんの10倍くらい大きな関西弁モモイロインコ♂と生活しています。

私は1人暮らしなのでトイレにお土産が残ってる経験はありませんが光景が目に浮かんでしまいました。
スイマセン・・・いつも笑わせて頂いてマス♪

マコトさん、朝から大変でしたね。
お察しします。
歳をとったら私もなるんでしょうかね、
そんな事にならない様にしたいですね。
ひげきが続かないようにポチッと凸\(*^ー^)♪応援します。

あらら~

災難続きだったんだぁ~
お可哀想に、、、
こんな日も、あるのさって
あきらめましょ。

yomoも時々目にしますですv-13・・・
マコトさんの嫌いな光景を。
ウチはジジババ両方入れ歯なので、時々目の前でモグモグされるんですが、いやですネv-409
あまり目にしたくない光景ですv-406
でもやらないで、というわけにもイカンしねv-394・・・
なので、マコトさんの気持ちはよーくわかりますよ。

応援!!!

うわぁ

当家も 三バ★トリオのせいで、トラップの宝庫

ベトコンの影に怯える米兵さながらの実戦生活が かれこれ四半世紀ほど続いております

あほ子がめが自転車で転倒して 1本だけの入れ歯を、放置してあったことはありますが
幸いにして 今のところ、フルセット入れ歯の所有者は居りませんねん

夫がめも54歳、
彼の歯も これから順次 抜けてゆくものと思われますが


お片付けができない子には 買うてあげない!と 言い放つ決心をした、本日のエントリーでしてん…

誰でも

年とったら そうなる可能性があるから
笑って許してあげてくだたいね
あたち じじばばの入れ歯平気で 洗ってたから
苦になりまちぇん
きっと ほうちうんこさんみても
笑えまつ
むふふ
やっぱり 血のつながりがあるからでつかね

御無沙汰でした~

朝から、これほどのデンジャラスが3連続きたんだから、後は大したことないんじゃないですか・・って甘い?
続きがあるの?・・ま・まさか~

続きも読みましたが悲劇の連鎖ですね。
しかも自分のミスからでないことがさらに怒りに火を注いでいるようで。
私だったら家事を投げ出して逃げたくなりますね~
行き先はもちろん山奥の秘湯です。

☆コメントありがとう

v-348小池さんへ
It was a nightmarish day.
私、入れ歯だけはどうしてもダメなのよ。
なのに時々こんな目に遭うの。
子供の頃から思ってたわ。
絶対看護婦さんにはなれないって・・・。
応援ありがとう。

v-349みなもとんさんへ
私、泥棒役? やだなぁ・・・
『ホームアローン』は観るのは楽しかったけど
自分がそんな目に遭うとはねー。
でも牧場に行って癒されて来ましたから・・・うふふ。

v-350みなみちゃんへ
これっ!爆笑なんてしてる場合じゃないってば。
日頃お気楽に生活してる私にとっては忌々しき出来事。
でも次を読んでもらえばわかるけど
夜にはもう・・・麻痺状態。

v-351夫婦レンジャーさんへ
やっぱりキーッってなるよね。
一日の始まりがこれで・・・
一日の終わりはアレでした(;´Д`)ウウッ…
まぁでもずっと続くことはないでしょう。
え?続くかもって? 許して!

v-348まえくみちゃんへ
まえくみちゃんとこのじいちゃんもそうなんだ・・・
でもじいちゃんはわかってて流さないんでしょ?
うちは忘れてるんだと思う。
でもその雑誌の「もったいないからって一日に何度かしか流さない」っていうのもやってるみたいよ。
私が一日留守にするとどうやら溜めてるみたいなの。
水がもったいないからって得意そうに言ってたもん。
汚いなぁ・・・掃除するのは私なのに。

v-349Reiさんへ
はじめまして、ようこそいらっしゃいませ。
モモイロインコの小僧君見てきましたよ。
そんなでっかいの・・・噛まれたら(´Д⊂グスン
ピーでも噛まれたら凄く痛いのよ。
でも一人暮らしじゃ小僧君は大事な家族だね。

v-350sakuraちゃんへ
お互いにね、歳とっても周囲に嫌がられたり迷惑かけたりしないで生きていきたいものだね。
悲劇は・・・続きました。
応援ありがとう。

v-351あみ・もとちゃんへ
ほんとほんと、こんな日もあるさ。
楽しくて愉快な日もいっぱいあるもんね。
でも滅多に無いほど悲劇は続いたのよ、ムカッ。
せめて美味しいものでも食べましょう!

v-348yomoちゃんへ
yomoちゃん、モグモグぐらいは我慢しなさい。
そうでないとブツだけが目に飛び込んできた時
耐えられないよ。
自分がもし入れ歯になったらどうなるんだろうと思うとメチャ不安だわ。
取り外しできない入れ歯があったらいいのにと思う。

v-349かめちゃんへ
かめちゃんもトラップの宝庫の中で生きているのね?
何と言うスリリングな生き方!
私は遠慮したい・・・
私もお片付けができない子には買ってあげたくない。
でも姑は自分で買ってるから。
しかもすごく丈夫なブツを作ってもらったと意気揚々。

v-350oniちゃんへ
oniは偉いよ。
いつもこの話題のときそう思うんだ。
でもね、こればっかりはどうしようもないんだよ。
ダメなものはダメなんだから。
誰だって苦手なものってあるじゃない。
断固笑って許すことはできないのだ!

v-351kayoちゃんへ
わーいkayoちゃんだ。
悲劇は3連続ではすみませんでした。
何とその後またまた3連続・・・オヨヨ!
でもそのうち良いこともあるでしょう。
辛抱辛抱だね。

v-348nanaちゃんへ
でしょう?
ひどいもんよ・・・
私だって逃げていきたい、山奥の秘湯にね。
でも現実を受け入れなければ明日は来ないのだ!
25年の辛抱を無駄にするわけにはいかないよ。
もう一頑張り!・・・っていつまで続くんだろうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ