プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:未分類
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にコーヒー・ブレイクを


ただし鼻からコーヒー出さないでね



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



人は死んだ後どうなるのだろう


これは永遠の謎かもしれない



色んな説があるけど

どれも確かなものではない




肉体は消えても魂は残って

人の目には見えないけれど

その辺をさまよっているという説



死後の世界

極楽と地獄があって

生前の行いにより魂がどちらかに導かれる

極楽ではお釈迦様に蓮の花

地獄では「蜘蛛の糸」に描かれているような情景が・・・

いわゆる仏教の世界




死んでしまえば何も無くなる

肉体と共に精神も消滅する

魂などというものは存在しないという説





生前はどんな生き物だったかなどという話も

生まれ変わったら何になるとかいう話も


霊界に行って帰ってきたという話しも信じがたい





実家の父は家族がご先祖様に守られていると信じ

願い事もご先祖様になさる

願いが叶うとご先祖様に感謝をし

叶わないと信心が足りないと反省をする




うちの姑は死にかけて生き返った経験があるので


絶対的な自信をもってこう言う



死後の世界など



無い


感覚的には私たちが毎晩眠りにつき

夢も見ずにぐっすり眠っている状態


何もしていないし

何も考えていないし

要するに何も無い

時間の経過さえ感じることもない

私たちは朝には目覚めるが

死は目覚めることが無いので

その状態が永遠に続くのだと姑は言う


数日間の仮死状態から目覚めたとき

とはこの状態だとわかったのだそうだ


これ

なんとなく真実っぽい感じがする



皆さんは死後の世界をどのようにお考えだろうか?



考えるピー
「生まれてきたばかりの僕に死後のことを聞かれても・・・」



答えを出すのは難しいね

ranking_1.gif皆様のポチでランキングアップを!


クリックしてくれたら上がります

ファイブ ブログランキング
3連打は虫がいい?

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

コメント

死後も魂が残ったらやり残したことが気になります。
すごく後悔しそうなので魂も肉体と共に消えて欲しい。
夜寝て、そのまま起きることなく死んでしまえたら、そして魂も残らなかったら思い起こすことも無い。
でも逆に少し寂しいかな?

体は死んでも魂は残ると思ってますよ^^
人は必ず何か目的を持って生まれてきて、それを達成する為に色んな経験を積んでいくって。
「今」をしっかり生きていかないと、「次」また同じ事の繰り返し‥。

頭でどれだけ考えていても、実際に体験しなければ解らない事はたくさんある。
今ここにいる私たちは実体験をするためにきた勇気ある魂で、人生って色んな乗り物に乗れるテーマパークみたいなもの‥。

柔道には絞め技があります。首を絞められて「おちる」といわゆる仮死状態になります。私も現役時代に何度か経験しました。お花畑の上をふわふわ飛んでいると、目の前に七色の滝が現れます。うわぁ気持ちいい~と思っていると…バンバンバンバン顔を叩かれ、無理やり起こされます…こうして死なずにすんでいるのですが、これが死後の世界の入口だったのかな?

こんばんは。

私もお父さんと同じで、何かあると、おじいちゃんおばあちゃんにお願いしていますね。
死後の世界はわかりませんが、見えない世界はあると思います。魂も。
愛するとか、憎むとか、頭で考えているようで、実は『心』で思うことですよね。心は目に見えないけど、生きていくうえで心臓と同じくらい大事な部分だと思います。だから…心=魂もあるんじゃないかな…と。




マコトさん、こんばんは
死後の世界ですか、あまり考えた事がないですが、
肉体は消えても魂は残っているのではないかと思います。
私には何も根拠は無いですがその様な気がします。
私も何かある時はおじいちゃんとかおばあちゃんに
お願いしたりしています。
天国から見てくれている様な気がしますから。

今私が読んでる本では
魂は死ぬと浄化されて
すべての記憶が消され、新しい、まっさらな魂になって
生まれてくることになってます。
それが浄化せず、いつまでも生前のままの思いが残っってしまったものが怨霊なのだとか…。

死後の世界って あるのかどうかはわからないけど
ご先祖様のおかげっていうのは あるような気がします。


姑さんが生と死の狭間を経験した事が
ビックリしました!
死とは無なんですね
私も無になるのかな~とも
考えた事があるけど
実際は感覚も何も無い世界なんですね。

死後の事は・・・

あまり考えないようにしてます。
美しいと思いすぎて、ひどい地獄だったらショックですし、
怖い所だと思い過ぎると、死ぬのが怖くなっちゃうからです。
「人間なるようにしかならん!」いつもそう考えながら生きてます^m^
ポジティブと言うのか、投げやりと言うのか・・・(^_^;)

↓鬼退治お疲れ様でした!
とうもろこし、美味しそうですわ~!
虫ちゃん・・・ご愁傷様です。

↓地獄耳の話・・・
私、間違ってました!!そうなんですか!
甲高い声のほうが聞こえにくいんですね・・・
私、完全に逆だと思ってました!
これからは、低めの大きな声にします!!
(ん?これであってますよね?)

姑さんのお話、ぐっすり眠ってたってことはないですよね。
何にもないというのもさびしいような、怖いような・・・
私は何かそういう世界があるような気がします。
案外この世があの世だったりしてね。
死後の世界もネットで検索できたら調べてみたいなあ。
その世界にはドブ掃除がないといいなあ。

☆コメントありがとう

v-348nanaちゃんへ
私もね、全部消えて無になるっていうのは自分の希望だと思うの。
それが一番きれいでさっぱりしてるから。
感情も無くなるわけだから寂しさも生きてるうちだけ。

v-349maekumiちゃんへ
maekumiちゃんは「魂は残る派」なのね。
でももし魂が不滅のものだったら私たちの周囲には何千年も昔からの魂がひしめき合ってるってわけだよね。
いたるところ魂だらけ。
で、魂は感情や思考能力あるのかしら?
人生はテーマパークかぁ・・・

v-350空豆ちゃんへ
柔道ってそんなことがあるの?
物凄いスポーツなんだね。
お花畑が見えるていうのはよく聞く話だけど
それが三途の川ってやつかな。
仮死状態・・・貴重な体験だねー。

v-351みなみちゃんへ
残念ながら私はひどい不信心者で
仏様は「ほっとけ様」と平気で言うような人間なの。
人は生きてるうちが全てだと思っているので
親も生きてるうちにできるだけ親孝行したいなと。
でも死んでからはきっと・・・ほったらかしかも。
愛する心も憎しみの心も死んだら無になると思うの。

v-348sakuraちゃんへ
sakuraちゃんの言うことはよくわかるよ。
私は冷めた人間だから死後の世界って生きている人間の都合で創造されたものだと思うわけ。
死んでしまった人が恋しくて繋がっていたいから
見守ってくれてると思いたいから
私って夢がないね。

v-349五月うさぎちゃんへ
悪霊とか怨霊とかってよく聞くものね。
そもそも霊魂ってものがあるのかどうか
科学で実証してほしいと思うわ。
私は霊感も働かないし見えないものは簡単には信じられないのよね。
確かにご先祖様がいたからこそ今の自分が在るわけだものね。

v-350せいパパさんへ
いえいえ、せいパパさん。
それは私の考えであってここに来る皆さんは殆ど魂の存在を認めていらっしゃるんですよ。
死んで無になるというのは私の願望かもしれないです。
この世に未練を残さずに逝きたいから。

v-351ユニコーンちゃんへ
いやいや、それで正解だと思うわ。
死後の世界は生きている人がより良く生きるために作ったものだと思うから「なるようにしかならん」の生き方がよろしいかと。
低い大きい声はどなたにもよく聞こえる声でございますよ。
これで悪口を言わないようにね。

v-348こみ師匠へ
あの世もあったほうがネタにはできるかも。
とにかく死んだらおしまい The Endだわよ。
あの世にドブ掃除なんてあるわけないってば。
師匠ったらよほど例のドブ掃除で頭禿げるほど苦労したのねー。


死イコール無と思う。
お釈迦さまが菩提樹の下で悟り、弟子に説いた般若心経・・この世の全ては、ことごとく物質的現象であって実体がないって。
生きてる時の全てのモノは死と同時に無になると思います。生きてるうちに大事?にして欲しいな。死んだら拝んでくれなくてもいいわ。私は無くなりますから。
でも葬式では神妙になるし、その人の生前を思うけど。
私は典型的な無信論者かも~。宗教にのめり込んで拝みに徹することは??・他力本願・どうだかなぁ・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ