プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にコーヒー・ブレイクを


ただし鼻からコーヒー出さないでね



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



昨日と一昨日

実家の父と猫屋敷ののバトルを書きました



実はこれには後日談があって


本日大安売りの出血大サービスってことで


書いちゃいましょうね




あの包帯グルグル巻きの事件から

どれほど経ったでしょう


たちは相変わらず庭に入ろうと

家の周囲をウロウロしてはみたものの

そこはあの父ですから

抜かりはあろうはずも無く

隙間を見つけては有刺鉄線によるメンテナンスを

怠ることはありません


完璧な父の勝利を確信していた私たちですが



とんでもないことが勃発しました





裏庭の隅にある物置小屋の下で






出産

されてしまったのです



どこからどうやって入ったのかわかりません


でも物置小屋の下から

子猫たちの鳴き声が聞こえます


こういう時の母猫は怖いです

母が何かを取りに物置小屋に近づくだけで


物置小屋の下から物凄いうなり声が・・・


怖がりの母は回れ右で逃げ帰る始末



またもや怒り心頭に発した父



(大丈夫よ 延ばさないから
今日は最後まで一気に書きますからね)



今度は放水作戦です


庭のフェンスのネットを一角だけ開けてから


物置小屋の下に向かって

放水開始!



しばらく放水した後

家に入って様子をうかがっていると・・・


は水が嫌いですからね


出て来ましたよ

子猫をくわえて・・・



そして父が開けた穴から出て行き


また戻ってきては子猫をくわえての繰り返し



数匹いたかしら



ともあれ無事に奴らを脱出させた後


父はまたていねいにネットを張り直したのです





いいとこあるじゃないのお父さん




きっと今日あたりまた父とのバトルが

繰り広げられていることでしょう
猫の引越し
「モタモタすんじゃないよっ! ジジイに捕まるじゃないか!」
「へい 姉御っ!」





83歳の父よ頑張れ!

ranking_1.gifポチッと父を応援


ポチッと猫を撃退

ファイブ ブログランキング
ポチッと押して笑ってね

テーマ : なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル : 日記

コメント

猫といえども、子を思う気持ちは同じなのね。
その後どうしたのかな。

飼うなら飼う、飼わないなら飼わない。
お父様のように、徹底した態度が
結局大事なんだと思います。

放水で宿替えするように促したのね…やさしいねそれにしても、どうやって母猫は入ってきたのかな?
たしかに、出産には安全な場所かも?

やっぱりそこまで行ったら保健所じゃない?

私もそれまでされたら怒り大爆発だわ

ウチの近所にも、車庫で猫に出産された家があります。
最初はえさをやっていたらしいのですが・・・
結局追い出したんだとか。
最後まで面倒を見る気がないなら、中途半端な親切はす
べきでないですよねv-412

ウチは猫がいるせいか、よく野良猫がうろうろしてます。
今も黒猫がうろうろしているんですが、yomoは
「絶対よその猫にえさをやらないでv-363v-363
といい続けてます。
ウチのババは無類の猫好きなので、落とした刺身など猫の
好きそうな残り物をやろうとするんですが、断固v-359阻止
してます。
こればかりは、鬼嫁と心の中で思われようが譲れません。
だってウチがこれ以上生き物を飼える家でないことは、毎日
買い物をするyomoはよく知ってますから。
最後まで面倒を見る気がないなら、半端な親切をすることは
かえって残酷ですからね。

「猫屋敷」って呼ばれて近隣に迷惑かける家こそ、実は猫を
飼う資格はない家なんじゃないかなあ、とyomoは思ってます。

猫屋敷の住人は猫飼う資格ないですね。↑に同じです。
猫が好きな人もいれば、嫌いな人もいる。
苦手な人に対する礼儀知らず・・

お父様、大変なエネルギーですよね。
でも負けず頑張って欲しい。江戸っ子だってねぇ!
ポチポチポチじゃないニャァニャァニャァ

マコトさん、こんばんは♪♪
子猫が生まれていたんですね。
お父さんはまた大変でしたね!
でも気持ちの優しい一面が出ていましたね♪(*⌒ー⌒)♪
放水して猫さんが自分から立ち去る様に仕向けた
お父さんは素晴らしいと思います。

うちの親父も猫嫌いです。
とんでもないひどいことを口にしますが、
もう猫のスピードにはついていけないみたい。
私は犬も猫も好きなんだけど、
畑に置き土産もらった時は、やっぱり腹が立ちますね~

>放水開始!

って虐待ですって!

☆コメントありがとう

v-348maekumiちゃんへ
バトルは密かに続いている模様です。
相変わらず猫は虎視眈々と隙を窺い
父はメンテに余念がありませんねー。
そして猫屋敷もあのままの状態です。
猫は気ままに行動するから飼うのも難しいかもね。

v-349空豆ちゃんへ
ホントにどうやって入ってきたんでしょうねー。
謎のままです。
野良猫の本能で人間が手出しできない場所を選ぶのね。
手は届かなくても水は届いたね。
人間の脳の勝利?

v-350ひなたんばーばちゃんへ
保健所ね・・・それは考えつかなかったわ。
飼い主さえちゃんとしてくれればねー
ご近所なんだものトラブルは避けたいからさ。

v-351yomoちゃんへ
おお!なかなか毅然と立ち向かってるね。
猫のいるところに猫は集まってくるでしょう。
なんたって餌にありつけるかもしれないもんね。
yomoちゃん、偉いよ、頑張ってね。

v-348kayoちゃんへ
つないでおけない猫を飼うのって難しいと思うけど
それにしてもやり方ってあるでしょうにね。
父も歳だからエネルギー切れになるかもしれない。
応援してくれたのね、ありがとう。

v-349sakuraちゃんへ
父は生き物には優しいね。
私も生き物なんだけど・・・私には厳しい。
しかしこのバトルはエンドレスになりそうだわ。
これに懲りて物置小屋の下での出産はやめてもらいたいね。

v-350こみ師匠へ
とんでもないひどいこと・・・それ知りたいな。
猫はすばしっこいから人間がなめられるかも。
そこを頭脳でいかに対抗するかが腕の見せ所?
畑にやられちゃうのー?
それは困るね、食べ物だから。

v-351ミナトさんへ
きゃ~!ミナトさん・・・
ブログやめても来てくれるんだ、嬉しいよー。
ミナトさんの辛口のヒトクチコメント好きだし。
年寄りを悲しませないようにしておくれ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ