プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:世の中
皆様おはよ こんにちは こんばんは


春のアヒル
いいでしょ?この写真
パパリンが昨日撮ってきたホヤホヤですよ
はい もちろんキムタクカメラでね!
クリックして大きくしてご覧ください






さて今日は彼岸の入りです


日本人なら誰でも知ってる祖先を供養する行事ですね




彼岸とは

煩悩を脱した悟りの境地をさします



反対に煩悩に満ちたこの世を此岸(しがん)といいます



春分3月20日を彼岸の中日として

前後3日間を合わせた7日間を彼岸といい

お墓や仏壇にぼたもちをお供えしてご先祖様を供養します




ぼたもちと言えば


棚から牡丹餅


という慣用句がありますね


思いがけない幸運が巡ってくることですが


いまどき


棚からぼたもちなんかが落ちてきても


あまり幸運とは思えないんじゃないかしら?




私なら


棚から金の延べ棒





なんかが落ちてきたら










大ケガしますから!



意味は思いがけない災難が巡ってくること


棚から金の延べ棒!





マコトの知恵絞り -123-

春の彼岸にはぼたもちを供え、秋の彼岸にはおはぎを供えますが、ぼたもちとおはぎは同じものです。ぼたもちは「牡丹餅」と書いて春の花の牡丹に由来し、おはぎは「お萩」と書いて秋の花の萩に由来します。




皆様の応援が何よりの励みです。
ちょっとだけでも勉強になったと思ったら連打よ~!

ranking_1.gifもうちょっと上がりたい!


6位ぐらいかしら?

ファイブ ブログランキング
2位でご機嫌!

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

コメント

写真とっても、すてきです。
水の紋が芸術的に撮れています。

金の延べ棒が棚から落ちてきたら
体をはってでも、死守します(笑)
応援ポチ☆

ってゆうか
タンコブ内出血してるのは
グロテスクすぎですって・・・

ポチポチポチっときます。

棚から・・・万円札

こんばんは☆
幸せそうに寄り添う・・アヒルの写真!・・良いですねぇ!
棚から・・・金の延棒・・・いや!ヤッパリ万円札・・・帯付きで!・・・それか!・・・3億当たった宝くじでも良いやぁ!

今日も棚から・・・ポチっと応援が・・・落ちたらイカンねぇ・・・完了です!

マコトさん、こんばんは♪
パパリンさんの写された、写真がとても綺麗に撮れていますね、水面の模様まではっきりと写っていて素敵な写真です。
私もこんなに上手く撮れれば良いんですがね(>_<)
パパリンさんにポチット応援します。

GOLD価格が高騰していますからね、多少の怪我なら覚悟しますわ。
ん~、でも当たり所が悪いとそれこそ此岸とのお別れになるかも。
それはちょっと困ります。


棚から金の延べ棒・・・
棚にある段階でビックリだっちゅーの!
逆にぼたもちを「幸運」と思えた時代が、
のんびりしてていいな~と思います。

ランキングってお遊びだから、いろんなジャンルを楽しむのもいいかもね。
マコトさん、お絵かきでも十分な実力者でしたよ。
今度はあちらで暴れてね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはぎとぼたもちって同じなんですね~
知りませんでした。

棚から落ちてくるのは、
溜まりにたまったCDかなぁ。。

暑さ寒さも彼岸まで~

って、ほんとそうですよね!
ついこの間お正月だったのにもうお彼岸・・
日の経つのが早いこと。
アップして見たら、とても芸術的なパパリンの写真、、
お見事です。
プロ顔負けですよ!

金の延べ棒落ちてきたら・・・
何が何でも受け止めますよ、私(笑
そして、そして、写真。
すごーい。
ステキな写真です!
こんなに上手に撮れたら撮るのも面白いだろうなぁ。
応援です!

パパりんの写真
癒されますね~i-179

棚から牡丹餅ですか。
私も 金の延べ棒とか札束の方がいいかな?
こんな事言ってたら
不謹慎かしら?
でもこれらが降ってきたら
体を張って受け止めて見せます!


☆コメントありがとう

v-348Skyさんへ
写真を褒めてくださってありがとう。
高速度カメラだそうで水紋がはっきり撮れるみたいね。
金の延べ棒だったら私もたんこぶぐらい我慢!
応援ありがとう。

v-349ミナトさんへ
あはは、ちょっと赤く塗りすぎたかいなぁ。
金は重いから骨折かな?
応援ありがとう。

v-350KAZU-PaPaさんへ
写真ね、ちょっとステキでしょ?
時々パパリンが撮ってきてくれるのをアップしてます。
評判がいいので私の記事の未熟さをフォローしてるってわけですわ。
札束に当たりくじ・・・夢は果てしなく広がるねぇ。
応援感謝します。

v-351sakuraちゃんへ
写真を気に入ってくれて嬉しいわ。
パパリンに伝えるね。
心の優しい人だから撮った写真はみんな優しげな味があるの・・・不思議ね。
応援ありがとう。

v-348nanaちゃんへ
ん~、この大きさだと嬉しいけどただでは済まないかもね。
是非無傷でゲットしたいものですわね。
昔はぼたもちが貴重だったのかしらねぇ・・・古きよき時代。

v-349こみ師匠へ
あら、棚の上に金の延べ棒ってステキじゃない。
でもガードマンが必要ね。
師匠はぼたもちが好きでしょう?
私はやっぱり延べ棒で、はい。
ランキングは主婦もシモネタが多くてイマイチ居心地がよろしくないんですけど、どこか私の居場所ないかしらね?
お絵描きはもっともっと修行しないと居られません。

v-350名無しさんへ
へたくそなイラストを褒めてくださってありがとう。
私も覗きに行かせてもらいますね。
応援もありがとう。

v-351薬作り職人さんへ
おはぎとぼたもち、日本語の妙ですわね。
春と秋で呼び方を変えるなんて・・・。
CDですか?あなたらしいわ。

v-348あみもとさんへ
ほんとに日の経つのが速く感じますね。
パパリンの写真を褒めてくださってありがとう。
いい写真が撮れたと本人もなかなか満足そうでした。

v-349ハルちゃんへ
今日はハルちゃんなのね。
延べ棒って受け止めたらどんな感じだろう。
触ったことないし・・・
写真ね、パパリンが時々撮ってきてくれるのよ。
私たち夫婦は休日別趣味別行動なのでね。
応援ありがとう。

v-350五月うさぎちゃんへ
パパリンの写真褒めてくれて嬉しいよ。
あはは、みんな身体をはって受け止めるって言ってるけど誰がウマくキャッチできるだろうね。
ぼたもちだったらクチでキャッチできるけど。



マコトさん、こんばんは

金の延べ棒を落として下さるご先祖様がいたら・・・
相当に人生が狂ってたかも知れません。

ほどほどに生きていたら、妙に面白い連れ合いを見つけてしまったもんで。
現状でもけっこう満足です。

もし、ウチの妻が棚から落ちてきたら大怪我は確実です。
ほどほどをはるかに超えた「ふくよか」ですから。

僕が彼の岸に行ってるかもしれません、そのときは。

いいですねぇ、写真。
マコトさんご夫妻のようかしら?

そうか、もう彼岸ですね。
暑さ寒さも彼岸までって言うから
このあとあったかくなるかな?
お墓参りにも行かないとね。

☆おはよう!

v-351しまねこさんへ
現状に満足されてる幸せ者のしまねこさん
あなたには金の延べ棒は不要ですね。
たぶん奥様が落ちてきたのをしっかりと
受け止めたのでは?
しっかり二人で此岸にいらしてくださいな。

v-348maekumiちゃんへ
写真いいでしょ。
うちの夫婦だなんてとんでもないわ。
絶対同じ画面に写りませんから。
北陸もそろそろ暖かくなるのでは?
兼六園のサクラも楽しみですよね~。

私ね、仕事用の名前を決める時
何が決めてだったかというとね、
「この名前なら棚からぼた餅が期待できます」って
言われたからなんですよ~~♪

ふんっ。
だけど一度もぼた餅落っこちてこないし。
口開けて待ってるのに。。。

「棚から金の延べ棒」ぷぷっ。
ちゃんと意味があるのが笑える!

ぽちっと応援です☆☆☆

今日はぽかぽかでつねー
おはよぅございますっ

金の延べ棒なら たんこぶ作っても 流血しても嬉しいタニアです

お彼岸でおばあちゃんと今年1月に亡くなったおじちゃんのお墓参りに両親と行ってきましたぁ
この時期どこのお墓も花で賑わってますね
ご先祖様も春を感じてるんだろーなー♪

☆コメントありがとう

v-349eritorieちゃんへ
eritorieちゃんはぼたもちなんか落ちて来なくても
もっとキラキラしたものがたくさん手に入ったのではなくて?
あなたも含めあなたの周囲はいつも生き生きと輝いているじゃないの。
その上何を欲しがることがあるでしょうか?
応援ありがとう。

v-350タニアちゃんへ
ホントに今は金が高騰してるから欲しいよね~。
タニアちゃんはご両親とお墓参りに行ってきたの?
ご先祖様はきっとお喜びになったわね。
タニアちゃんにも良いことがありますように。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ