プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



果報者のマコトです

ちょっといいことがありました



知っての通り私とパパリンは一年ほど別居していたわけで

私は母の世話をして暮らし

パパリンは一軒家で慣れない自炊を余儀なくされ

それでも独身モドキ生活をエンジョイしていました


可愛い子には旅をさせよと言いますが

愛する夫には独り暮らしをさせよと言いたいですな


縦のものを横にもせず

料理もからっきし

家事全般は嫁の仕事だと思い込んでいたパパリンですが

必要に迫られて驚くほど進化しちゃったみたいです

  
独り暮らしの家の中は常に掃除されて

私が居た時よりすっきりさっぱり

パンツとシャツだけでも毎日洗濯するし

野菜炒めとかタジンとか自炊できるようになりました


たぶん元々きれい好きなんでしょうね


でね

母が亡くなって49日も済み

パパリンは私のところに引越してきました

どうせまた何もしなくなるんだろうと思っていましたが

どうしてどうして随分変わりました



食事が終わると対面キッチンのカウンターに

食器を置いてくれるんです

それも毎回ですよ

あり得ないから!

慌ててありがとうを連発する私


そして今日は私が食器を洗う暇が無くて

お出かけしちゃったんですけど

帰ったらきれいに洗ってありました

びっくりです


時々掃除機もかけてくれます


パパリンにそっくりな別の人みたいな気がします


あとは料理ですが

これは拒否られました

私が

「おいしくない」って絶対言うから

だそうです


それは・・・まぁ・・・言うかもね




読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




コメント

ひさし振りです!

母上が他界されて2ヶ月余り経ちますが、マコト君は元気そうですね 人に優しくしていれば必ず優しく接してもらえるはず。
テニス仲間,パパリン、と貴女の周りには悪人はいないみたいですね。それは常日頃からマコトさんが人とのつながりを大切にしているからでしょうね。・・・

私が住んでいるところは桜並木がきれいです・でも花の命は・・・・すでに桜の木が坊主になってしまいました。初夏になるにつれ色々な花々が咲いてきます。
母上を偲びながらパパリンと一緒に花見に出かけてはいかがですか・・・

v-348鬼瓦さんへ
ずいぶん私のことを褒めてくれちゃって照れますわ。
優しい人たちに囲まれて本当に私は幸せ者だと思います。
まだまだ母がいないことに慣れなくて、出かけると母に電話しなくちゃ!あぁもういないんだって・・・。
桜の花の命はとても短いですね。でも日本中どこに行っても桜があって日本は桜の国だとつくづく思います。
私はドライフラワーになっても咲き続けますっ!

ご無沙汰してます

パパリン、偉いです
パパリンにそっくりな別の人、ゆわはんのに吹き出しました
えらいすんません、なんども拝見だけして、コメント書けんと帰って行きました
お母様も頑張らはったし、マコトさんもパパリンもほんまに親孝行なさったと思います
少し明るいエントリー拝見でけて、良かったです
ほな、また

v-349かめちゃんへ
かめちゃん、長いこと心配かけたみたいで本当にごめんなさいね。
それにこみ師匠みたいに丁寧な記事をマメに更新することもできないのに覚えていてくれて感謝感謝です。
母親を亡くすって、この世にたった独り残されたみたいな言いようのない孤独感がものすごく大きく、自分でもここまで落ち込むとは思っていませんでした。
情けないけど時間が癒してくれると思い、無理をしないでありのままでいいかなって・・・。
最後に一言、かめちゃん大好きだよ。元気もらった、ありがとう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ