プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


いつも笑顔で
人は誰も笑顔で生きる権利があるのです


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



・・・・・・



まだ母と一緒に暮らしています




実は病院でドクターに言われたのです


「独り暮らし?
とんでもない! 無理でしょ!」



その上

「施設に入れたら?」


とまで・・・



幸い耳の遠い母には聞こえなかったみたいですが


いつ何時何が起こるかわからないから

監視の目は常に必要だと言うのです



そんなわけで私は帰宅を断念し

まだ宙ぶらりんな生活を続けています



何も知らない母は

毎日私が作る料理をおいしいおいしいと言って

食べています


これでいいのか悪いのかわからないけれど


no choice


そう

選択の余地は無いのかも・・・



最後まで読んでくれてありがとう

   やっぱり母には幸せに暮らしてほしい

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




コメント

どっち?

久し振りですね。元気な様子・・良かったです。
我が家に帰れない様子 大変なことですね。
しかし親がいる事といない事・・・・マコトさんとってどっちが幸せですか?。。。。
いる事でしょう!!
パパリンは子供ではないから自分で出来ると思いますよ。たいていのことは・・・

v-348鬼瓦さんへ
お久し振りです。
いつも気にかけてくださってありがとう。
パパリンには悪いけど当分我慢をしてもらうしかないのかな?
今は折衷案で自宅と母の家を半々に行ったり来たりしています。
パパリンもちょこちょこ覗いてくれてるみたいだし。
年寄りは周囲が支えていかないとね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ