プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


早いもので最愛の孫っちは4年生

10歳になりました

ずっと孫っち2号が授かるのを待っていましたが

待ちくたびれました



たった一人の跡継ぎ坊やなので

元気に育ってほしいと願っています


4歳から私が英語とピアノを教えてきましたが

小学校に上がるとどうやら国語が苦手なようで

「本を読みなさい。」

と言ってもさっぱり読書も好きじゃない様子


文章を読むのが遅いし読解力もさっぱりで

家庭教師といたしましてはほぼ諦めの境地です


たぶん国語は嫌いなのだと思います

それなのに孫っちは決して嫌いだと言いません


「ふつー」 ですって


それでも私としては極力叱らないようにしてるのですが

つい声を荒げてしまうこともあります

だって

本当にアンポンタンなんですもの・・・

日本人と思えないほど言葉を知らない


睨む私の前でうつむく孫っちの目から涙がポタリ


「泣くなっ!」 とまた大声を出す私


(因果な役回りだわ・・・可愛い子を叱らなくちゃならないなんて)


国語が終わり大好きな英語になると水を得た魚のよう


そして英語も終わると孫っちはにっこり微笑んで言います



「ああ楽しかった


天使のような子です


もうね

お勉強なんか全然できなくっても

許します


比較する
ピーマンかと思ったけどやっぱりミニトマトでした

最後まで読んでくれてありがとう

   いつまでハグさせてくれるかしら?

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


コメント

お孫ちゃんと勉強できるなんて
羨ましいです。
DNAしっかり受け継がれて
いますね。。

しっかり、トマト、、でしたか。
良かったですな。。

自分の教育?

今晩は☆

マコトさんはお孫さんの家庭教師をしてすごいです。
私は孫は教えないしいっさい叱りません。
エネルギーを使いたくないと思ってます。
こんな私も息子達の時はすごい教育ママだったと
本人達が言ってます。
今は自分の教育?に忙しいです♪

トマトが美味しそう!

v-348あみ・もとちゃんへ
どんな形であれ孫と繋がっていられるってことが私にとって喜びです。
お孫さんと遠く離れて暮らしていらっしゃる方は本当にお気の毒だと思いますよ。
子供を育てた時とは全く違った感覚で見ることができますし、日々新しい発見もあったりしてほんと興味深いことが多いです。
結局アレはミニトマトでしたが味は普通のミニトマトのほうが美味しいです。

v-349akiちゃんへ
孫との関わり方は色々な形があって良いのだと思います。
akiちゃんのような接し方はお嫁ちゃんにとって大層ありがたいことに違いありません。
息子は教師としての私を見てきたので私を選んだのだと思いますが、もしかしたら孫と過ごさせてやろうという親孝行なのかもしれませんね。
akiちゃんのown lifeは実に素晴らしいです。
生き生きとした生活ぶりが感じ取れますよ。

お孫さんは 将来有望ですね。これからの世の中英語が出来る人(マコトさんもそうでしたね)は絶対といって言いぐらい大成すると思います。
いまさらのように子供たちにも知恵を付けさせていたらよかったと思います。
運動神経だけに気を使っていました。
でも 子供たちが満足しているから良かったのでしょうが・・・・・

v-350鬼瓦さんへ
英語ができたくらいで大成したら苦労はしませんわよ。
私が英語を学んだのはただ単に視野を広げるためでした。
外国人と会話をする中で未知の世界を探求したかったのです。
孫っちもそれで十分かと思います。
一流大学や就職のための英語なら私は絶対に教えません。
そんなわけで私の文法はメチャクチャですよ(*^ー^)♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ