プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:旅行
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



さて 台湾旅行の続きです


ガイドさんは台湾人だけど日本語がとても上手

それでも日本語は難しい言語だから

完璧に話すのはなかなか難しい

ガイドさんにずっとくっついていた私は

時々間違える日本語が気になって仕方がない




例えば

天然 はてんねん と読むけれど

日本人なら当たり前

でも台湾人はこれをテンゼン と読むみたい

私 ほかの台湾人にも確かめたのよね

例えば土産物売り場の店員さん

やっぱりテンゼンって言ってたわ


だって 自然 は しぜん だもんね

なぜって聞かれても答えられないけど

やっぱりテンゼンなんて言われたら

何のこっちゃ?と思うよね



それと 鉄道 と 線路 がごっちゃになったのか

テツロー と言ったり

細かい文法のミスはあげたらきりがないけど

ツアーの皆さんは気にならないのか聞いてないのか

知らん顔してる



だからツアーの合間

バスの中とかで教えてあげたの


そしたらガイドさんが大喜びでね

お客さんにそんな風に教えてもらったことは無いって

一つ一つメモして練習するの



私は言った


「あなたに正しい日本語を教えたら
ガイドさんの仕事をする上でこの先
とても役に立つでしょうから。」



私ってつくづくお節介だなぁと思ったけど

私も英会話やってて正しく直してもらったほうが

聞き流されるよりずっと嬉しいもの



バイクの多いこと!
台湾はガソリンが高いのでバイクがとても多いです
原付で普通に4人乗りしてました
もちろん違反だそうです(;-_-) =3




最後まで読んでくれてありがとう

それにしても日本語は本当に厄介な言語

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


テーマ : 最近の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

台湾に行かれてたのですね。
いいなー。。

日本語は、ほんと難しいのでしょうね。
漢字、ひらがな、カタカナ、読み方も
様々、、日本人の私でさえ、正しい
日本語使ってるのか疑問ですぅ。。

v-348あみ・もとちゃんへ
台湾は親日的なので楽しかったです。
近いし行きやすいのであみもとちゃんも是非いらしてください。
私は日本人に生まれてよかったと思うんですよ。
だってこんなにも複雑な日本語を使えるんですもの。
日本語を話せる外国人はいても、新聞など漢字が読める外国人は滅多にいませんからね。
そうは言ってもたった26文字しかない英語に四苦八苦してる私はまだまだ甘いですね。

ラップトップの調子がおかしいままなのかと思っていたら・・・
台湾に行かれていたのですね〜!
日本語が出来る人が多いとは聞いていますが、やっぱりサービス業が中心なのですね。
日本語は、外国語として勉強するのは難しいと思います。
特に漢字。
それに、カタカナなんかも。
たまに英語がそのまま日本語になっていたりするけど、意味が微妙に違っていたりすることもあるし。(笑)

v-349ねこなすちゃんへ
パソコンはやはり買い換えました。
だけどまだちゃんと使いこなせなくて四苦八苦してるのよ。
私はロンドンで暮らし、英語を毎日スラスラ話してるねこなすちゃんが心底羨ましいわ。
何年勉強しても思うように喋れないことが歯痒くてね。
現地に住むのが一番だけど、それも叶わないし。

ハッキリがいい☆

今晩は☆

マコトさんはいいことをしましたね。
私もECCへ行っていてハッキリ言われる辛辣な先生の方が好きです。

v-350akiちゃんへ
そうですよね。
間違いは誰かに正してもらわなければ気付かずにずっと間違えたままですもの。
akiちゃんの英語、聴いてみたいなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ