プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜




さて今日は台湾の歴史について・・・・・






な~んてウソよ


だって中国とか台湾の歴史って

戦争の歴史なの

勝ったり負けたり占領したり占領されたり

そういう話ってあんまりねぇ




今日はなぜパパリンと私の旅が

ウサギとカメの珍道中だったかというお話をしましょう


元々北陸生まれのパパリンは

おっとり~とした性分で

江戸っ子の私はシャカシャカ 気忙しい性分

旅行中ずっとそうだったんだけど

私は常に列の先頭で添乗員のすぐ後ろ

喧しい中国人ツアーに混じって添乗員の話を聞こうとしたら

絶対に近くにいなきゃダメなのよ

解らないことはすぐに質問できるしね


なのに

パパリンったらいつだって列の最後尾


誰もパパリンに点呼や見張り番を頼んだりしていないのに

いつも2人は26人の頭と尻尾


でね

皆が気にして

「ご主人大丈夫?」って聞くから

「大丈夫よ。最後が落ち着くんでしょ。」とか

「ケンカしたの。」とかって答えといたわ



空港でもそんな調子で

私は先頭で他の仲間たちとペチャクチャ

パパリンはとんでもなく後ろのほうに並んでる

でも家族が一緒にパスを提出しなくちゃならない時があって

添乗員と仲間のおばさまたちが

「マコトさんのご主人~~~!
前に来てくださ~い!」


なんて呼んでくれたりしてね



私達夫婦が並んでいたのは


乗り物の中だけだったわ




私はテニスで走ることに慣れてるから


歩くのも速いウサギさん



パパリンは・・・・・


バイクにまたがってるだけだもの


やっぱりカメさんよね~



2人の差は趣味にあったのね




はて・・・これも何だったかしら?





最後まで読んでくれてありがとう

   写真はパパリンの担当だったのよ

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


テーマ : 最近の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ