プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:世の中
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


いつも笑顔で
人は誰も笑顔で生きる権利があるのです



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


誤表示問題がまだ冷めやらぬうちに

今度はトンカツ店チェーン『和幸』での

キャベツの使い回し事件

お客を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい


他人の食べ残しを食べさせられた身になってみるがいい

理由なんか関係ない

高い料金を払って使い回しのキャベツを

知らないうちに食べていたなんて



恐らく他の店でもこういう事例はあるだろう

誤表示事件と同様

これから芋づる式に発覚するのかもしれない

何年か前に老舗料亭で

刺身の食べ残しを別の客に提供して

そこの女将が自分なら食べられないと

しゃぁしゃぁと言ってのけたのを思い出した





そうしてみると私自身幾度と無く前の客の食べ残しを

巧く盛り付けなおして食べさせられてきたかもしれない

今までにも小皿に乗ったお新香を

「ん?」と違和感を持ってじっと見たこともある



もしかしたらそんな目にあってないのかもしれないが

客を疑心暗鬼にさせること自体が罪ではないだろうか




料理を作る側と食べる側のバランスが崩れてはいけない

客は料理人を信頼すればこそ大切なを任せるのだ




ここまで色々騙されると

もう外食そのものが危なく思えてくる

自分で作った料理しか安心して食べられないのか



厨房で何をしてるかわかったもんじゃない


そうなるとこれからは

オープン・キッチンのレストランしか利用できない



真面目に営業している多くの飲食店

真心込めて料理を作っている料理人たち

被害者は客だけではないのだ



彼らにどうやって償うつもりなのだろうか


愚かな行為の代償はあまりにも大きい





最後まで読んでくれてありがとう

   当分外食は控えようかな

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : 最近の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

ごぶさたです~

このニュース、個人のお皿にあった食べ残しじゃなくて、
バイキングのようにお客さんが自分で取れるキャベツだったらしいですよ。
だとしたら、残して当然ってこと。
だから私は、それならそんなサービスやめろって思いました。
なんにしろ、味でない部分でお客を集めたがる店が多すぎ。
店を選ぶなら厨房の見えるところって聞いたこともありますよ。
日本でも安心して外食できない時代ですねえ。



v-348こみ師匠へ
私もあとから知ったんですけど、何だか紛らわしい表現ですよね。
そんなに騒ぐようなことじゃないような気もします。
ただ、レストランの厨房でバイトしてた子がほんとの意味での食べ残しを盛り付け直して出すのは当たり前で、厨房を見たら絶対に食べられないって言ってたの。
お店をどこまで信用したらいいのか悩んでしまいます。
薄暗い居酒屋なんかでやりそうな感じもするし・・・。
師匠も外食多いから気になるでしょ?
気持ちよく飲み食いしたいよねぇ。

おはよぉん(^_^)/

アタシも最初はドキッとしたけど
っでも やっぱし 嫌よねっ
食品のなんたらCM見ても
「ほんまかいな!」って疑ってみるようになるって嫌よね
この前鰹のユッケ作ったんだけど
あれって細かく叩いた鰹のお刺身にごま油を混ぜるのよ
牛肉偽装の話でpapaッチと大盛り上がりでした o(*^▽^*)oあはっ♪

v-349わこちゃんへ
ゴメンね、私ちっともお邪魔できなくて。
自分の家と実家の往復も2年を超え、かなり体力消耗しています。
ブログも続けるのがやっとの状態でこの先不安だよ。
ああ、いつになったらのんびり暮せるんだろうか・・・。
鰹のユッケかぁ、おいしそうだなぁ。

可愛い!

今日は♪

可愛いい人形ですね。思わず笑顔になります。

外食も怖いですね。ついこの間まで外食は殆どしませんでしたが、その分今はしばしばしてます。
大丈夫かな?と思ってしまいますが・・・

v-350akiちゃんへ
3センチほどのこの人形は四国の金比羅山の参道で見初めたものです。
この子が笑顔の大切さを教えてくれます。
我が家はパパリンが外食嫌いな人なのであまり外食はしませんが、
行くなら厨房丸見えのレストランに行きたい心境ですね。
美味しいものも美味しいと感じないような不信感を持って食事をしたくないです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ