FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:旅行
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜




ただいま~


無事に帰ってきました



石垣島


グレートバリアリーフを思わせる

さんご礁に囲まれた八重山諸島の

海の色はまさに七色

太陽の光で様々に変化する海の色は

生涯忘れられるものではありません



さて旅のお話の始めは

厄除けで有名なシーサーについてです



シーサーの雌
 
シーサーの雌です

前足の下に子供がいて

虐待ではなく躾けをしているのだそうな

人間っぽい・・・

シーサーの雄

シーサーの雄




元々シーサーは対ではなくて屋根の瓦職人が

漆喰(しっくい)の残りでこんなふうに

一体だけ作ったのが始まりらしいです

環境保全地区の竹富島で見られます

家を災厄から守るシーサー



それが長い年月の間に

門柱の上に置かれるようになって

一対になったのだそうです


なぜ竹富島のシーサーだけ一匹なのか


ガイドさんも知らなくて

私が興味津々あちこち聞いて回った成果です



シーサーもなかなか奥が深いですな

あうんの口のシーサーもいましたし


神社にある狛犬との関連も調べてみたい



ということで今日はシーサーのお話でした



仲間川のマングローブクルーズ
仲間川のマングローブ



最後まで読んでくれてありがとう

   命の洗濯ができました

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

いいなぁ

旅が最近は夢です。

友達と行くのもいいよねーー。
そのかわり、誰とでも行くのは出来ないけど。

私、しばらくは行かれそうにないから、旅番組で楽しんでいますよ~~~。

おはようございます(^_^)/

シーサーのうんちく ありがCHU♪('ε゚人)*.+゜
へぇ~~~そうだったのね φ(..)メモメモ
アッチの世界でも子育ては母親担当なのね(^^ゞ

七色に輝く海を眺めて
身も心も洗濯・・・パワーアップしてきたマコトちゃんっですね(*^^)v

おかえりー

三重を飛び越えて八重の山に行っちゃったのね。
で、泡盛の話しかと思いきやシーサー。
でもこのシーサーの存在がのどかでいいのよね。
オスとメスの違いがあるとは知らなかったなあ。
狛犬もだけど、獅子舞にも似てるねえ。
それも調べてね。

v-348ひなたんばーばちゃんへ
ひなたんばーばちゃんも旅行が大好きですよね。
ハワイに何回もいらしたし、羨ましいです。
旅行は行けるときに行けばいいと思います。
無理して行ってもいいことないですから。
またそういう時が来ますから気長に待ちましょう。

v-349わこちゃんへ
口を開けて福を呼び込むシーサーと口を閉じて悪魔を入れないシーサーがいて、これが阿吽と同じ顔になるんだよね。
本当に面白いと思いました。
どうせすぐに忘れちゃうんだろうけどね。
もの凄いハードな日程だったのでパワーダウンかも・・・。

v-350こみ師匠へ
ただいま~!
やっぱり師匠は泡盛なのね。
下戸の私は興味無し。
ゲゲゲッ! 獅子舞も調べるのか?
しかし・・・確かに似ている。
それもそのはず元をたどれば皆中国の獅子だそうですよん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ