プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:世の中
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜




横浜で踏切に倒れていた74歳の男性を助けた


40歳の女性が電車にはねられ亡くなったニュース




女性の勇敢さを讃える人々が多い中


亡くなった女性と助かった男性の年齢差も含め


正しい選択ではなかったという意見もあり


命に重さは無いとはいえあながち否定もできません



助かった男性はさぞ辛いだろうと思うのです


自分の身代わりに若い女性の命が絶たれたのですから



勇敢な女性だ

もし自分だったら動けなかっただろう

そんな勇気は無い

ただ見てることしかできない

足がすくんで動けない



などなど街行く人々が色んな考えを述べていました




でもこんな意見もありました

自分も飛び込んで助けたと思う


実は私もそう思うのです


人間というのは咄嗟の場面で思考は働かず

反射的に行動するのではないかと

損得勘定はもちろん危険性や正義といったものも

一切考える隙も無く

咄嗟に身体が反応するのではないでしょうか


人助けの本能が私達の中に存在するからです


それが

「助けなくちゃ!」の一言に

現れているように思えるのです




しかし彼女の行為の正否がどうであっても

私は年齢的に

同乗していたお父さんや事件を知ったときのお母さんの

心情を思わずにはいられません


長年慈しみ育ててきた

可愛い娘を亡くし


きっと今はどんな賞賛の言葉も受け入れられないでしょう


2人にとってこの出来事は不幸以外の何物でもありません


親より先に死ぬなんて・・・


親としてこんなに悲しいことは無いのです


私にはとても美談だなんて言えません




このような事故を起こさないために


私達国民は交通ルールの遵守を肝に銘じ


更に国も何かすべきことがあるのではないでしょうか?




最後まで読んでくれてありがとう

   ご冥福をお祈りします

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


テーマ : 最近の出来事 - ジャンル : 日記

コメント

このニュースは、とてもショッキングでした。
どちら側に立っても、悲惨でいたたまれない
でしょう。。
その時刻、そのタイミング、その場所に
居合わせたら、自分ならどうしたか、、
このような不幸な出来事が無い様に
願います。。





v-348あみ・もとちゃんへ
本当にね、自分だったらどうしたでしょう。
冷静になってしまったらきっと身体が動かなかったと思います。
昔、ご主人が電車に飛び込み自殺をした友人のことを思い出して胸が痛くなりました。
命の何とはかないことか・・・。
あみもとちゃん、いつもありがとう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ