プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:世の中
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)




笑み


さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



『半沢直樹』感想文


生まれてこの方正義は勝つと信じてきた私は

半沢直樹の痛快なやり返し劇を毎週楽しみに

視聴してきました



しかし

最終回の最終場面

何なんでしょうかあの終わり方は!


銀行の窮地を救い頭取の地位も助け

悪事を暴いた半沢を左遷するとは


しかも悪の根源である大和田常務を罰することもせず

1ランクダウンだけで留任させるとは信じがたいことです


あれじゃまるでリアル過ぎるじゃありませんか


テレビは娯楽のためのものです

ストレス発散と癒しの道具です

もっと言えば

現実に叶わぬことをせめてテレビドラマの中で実現させて

ささやかな満足と現実逃避を与えてくれる

そういうものであるべきだと思うのです



現実社会はなかなかそういうわけにはいきません

大きな組織の中で社員は将棋の駒のように使われて

上司の顔色を窺いながらいい子でいなければならない


大和田の名言にあったように

「部下の手柄は上司のもの
上司の失敗は部下の責任」


こんな上司の下で働いている社員の屈辱を悔しさを

ドドーンとひっくり返してくれる半沢直樹に

そんなふうになれない自分を重ね合わせて

父の無念を晴らす日を待ち望んでいたのです


でも

突きつけられた結果は左遷



おそらくは

会議の席で頭取がもうそこまでと制止するのも聞かず

泣きながら大和田に土下座をさせた半沢に

頭取は恐怖を覚えたのかもしれませんね

半沢は危険分子だと


結局は皆自分が可愛い




出る杭は打たれる


それが結論なんですか


それじゃまるで私の人生そのものじゃありませんかっ!



私はテレビドラマはハッピーエンドじゃなくちゃダメだと

思います



1年1組  〇△ マコト



最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

コメント

半沢は返り討ちにあってましたね~
「責任はとります!こいつが!」っていう上司が多いですから、
身につまされて観てた人も多かったんでしょうが・・・
あの後、出向先でまた「倍返し」ってことになるみたい。
続編は来夏かな・・・

v-348共白髪さんへ
あらぁ~、続編が出るんですか?
なるほどね、そういうわけだったんだ・・・。
じゃあ来夏を楽しみにしていましょう。
教えてくれてありがとう!

私も、途中の回から見て
はまりました。
現代版水戸黄門と言われて
たようですが、最終回では、、えっ!

原作に忠実な終わり方らしいですから
きっと、続編か映画化もアリでしょうね。
日曜の夜が寂しくなりましたよ。。

v-349あみ・もとちゃんへ
現代版水戸黄門ですか、なるほどね。
友達が本のほうがずっと面白いと言ってたのでこれから読もうと思っています。
続編が楽しみですね。
スカッとさせてほしいなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ