プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:世の中
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



福知山花火大会の露天爆発事故は

発電機に注入するためのガソリンの携行缶が

原因らしいということで

パパリンが激怒しております


なぜなら

パパリンはモトクロスレーサーなので

同様の携行缶を使用しているからです



パパリンの言葉を借りるなら

ガソリンは揮発性が高いので

携行缶内の圧力を下げてからフタを開けるのが

あったり前の常識ってもんだそうで

そのままフタを開けたらガソリンが噴き出すのは当然

ったくワケがわからん

と言っとります



この携行缶というヤツは

皆さんにはあまり馴染みが無いと思いますが

どうやってガソリンを入れるかご存知?


セルフスタンドで自分で入れることはできません

スタンドの店員さんに入れてもらわないとダメ

しかも店員さんに頼んでも

入れてくれないスタンドだってあるんです


パパリンはガソリンとハイオクを

何:何か知らないけど混ぜたものを使うらしく

いつも簡単には入れられなくて困っていたのに

今回のようなことがあると

益々携行缶を使うのが困難になると言って

怒ってるわけなんです



危険物を取り扱う人は

それなりの知識を持って十分に注意を払い

事故を起こさないように気をつけなければなりません



楽しいはずの夏休みの花火大会で

罪も無い尊い命が奪われてしまったことは

残念でなりません


最後になりましたが

亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします


捧げます




最後まで読んでくれてありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

こんにちわぁ~(^_^)/

楽しいイベントだったはずが・・・思わぬ事故
亡くなった方々未だやけどの痛みに耐えてる方
お気の毒な事でした

猛暑も災いしてるでしょうが
危険物取扱いの基本はしっかり守っていただかないと
やはり油断でしょうね
何事にも 魔・・・普段の生活でも
心していかなくちゃと痛感しています

孫ッチ君 夏風邪その後いかがですか?
ピーちゃんにエアコン って┗(-_-;)┛
ウチのインコちゃんはエアコンで夏風邪ひいちゃったけど
大丈夫ですか?

バテた!

今晩は☆

悲しい事故で心が痛みます。
危険物は充分知識を持って扱って欲しいです。

今年は異常に暑いですね。
今日は暑さのせいばかりではありませんが、
午後にはバテて、留守番に行った長男家で寝てました。

v-348わこちゃんへ
起きてしまった事故はせめて今後の教訓にして
二度と同じような事故が起きないように一人ひとりが注意を怠らないようにしなければなりませんね。
パパリンにも一層気をつけて使用してもらいたいです。
ピーは現代っ子です。
エアコン無しでは生きられないひ弱な生き物なんです。
私と同じ・・・。

v-349akiちゃんへ
私もこの事故でパパリンが使っている携行缶があれほど危険なものだと初めて知りました。
ちょっと怖くなりましたよ。
連日の猛暑の影響がそろそろ皆さんに出てくるころじゃないかしら?
グータラ過ごしてきた私は全然大丈夫ですけど、
akiちゃん、お疲れが出ませんように。

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞い申し上げます。((○┓ペコペコ
ピーちゃんも冷房効かせて健やかにお過ごしのようで何よりです。^^
パパリンさんのバイクは予めガソリンとオイルを混ぜてから給油する2サイクルエンジンではないでしょうか…。

しかしこれは本当に悲惨な事故でしたね。
テキ屋のおやじの事ですから緊張感もなくくわえタバコで給油しようとしたのではないでしょうか。
たまたまそこに居合わせただけで何の罪のない人の命まで奪われてはたまったもんじゃありません!
他にも命は助かっても一生残る酷い火傷を負った人の今後を思うと気が重くなります。

なんでガソリンが吹き出したんや、て思てましてんけど

この記事でよう、わかりました

亡くならはったかた、ご遺族の気持ちを考えるとなんとも、
時間を引き戻して、無かったことにしてしまいたい

今回の事故とは性質がちゃいますねけど

数年前、通勤(ウチは夕方から深夜までのシフトです)の根岸線が異常に混んで、最初にきた電車には乗れず、次のんにやっと潜り込んで乗車
その日は、みなとみらいで花火大会やて、忘れてましてん
ふだんイベントのあるとき、野球のあるときは、ウチは混雑を避け早い時間に電車に乗ります

あのとき、2歳くらいのお子を肩車したお父さんがごった返すホームに居てて、見たとたん『こんな危険なところへ幼児を…』て、怒りがこみ上げてきて、自分でびっくりしたんですわ

それは、なんかの虫の知らせやったんと思います
その直後、関西で花火の見物客が将棋倒しなって、小さなお子さんがたも亡くならはりました

花火、見せたげたい親心も
まだご自分が少年少女の続きのような、若い親御さんの楽しみも、否定したらあかんと思いますねけど

数万人の人が集まるイベント、それも何らかの規律があって統制がとれてる集団ならまだしも、不特定多数の人らの集まるとこへ
不用意に乳幼児を連れていかれるのんも、いかがなもんかと思いましたー



v-350まろ君へ
はぁ・・・2サイクルエンジンね。
バイクのことまろ君は詳しいのでしょうが私にはさっぱりで。
ただガソリンが引火することぐらいは知ってます。
よく車が事故で炎上したりしてますものね。
近頃何かと物騒でやたら混雑する場所には行きたくない気がします。
本当にやけどの痕はなかなか消え難いかもしれません。
心にも傷が残るのではないかと心配ですね。

v-351かめちゃんへ
こういうことって事故になってみて初めてわかることですね。
携行缶がそんなに危険だなんて。
ガソリンが噴き出すことまで誰が想像できたでしょう。
将棋倒しの事故も悲惨でしたね。
あれも大きな教訓を残す事故でした。
幼児といえば、この猛暑の中を乳母車やカートに赤ちゃんを乗せて集っているママ友たちにも怒りを覚えます。
地面から30センチのところは50度にもなってるってこと知ってるのかしら。
些細なことで他人に責任転嫁する前に、自分がしていることを振り返ってみるべきだと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ