プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:旅行
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない




[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



セブの二日目は船でボホール島へ渡りました


そこには

会いたいと思っていた手のひらサイズの猿

ターシャがいました



ターシャ


大きな目と体長より長い尻尾が印象的

大人でも100gほどの重さで

本当にちっちゃいの


ストレスが溜まると自殺を図るほど繊細で

絶滅の危機に瀕しているのだそうです


何だか・・・日本のサラリーマンみたい


大事に見守ってあげなくちゃね



ってどっちを?




再び船でセブに戻り

ホテルの部屋でフィリピーノたちとパーティー

英語の解らないお嫁ちゃんも

結構ボディー・ランゲージを楽しみ

セブの最後の夜が終わりました



母の日に
お嫁ちゃんから母の日のプレゼントをもらいました

こんな私でもとりあえず母なんだわね~




最後まで読んでくれてありがとう

   次回はマニラ編です

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

v-348鍵コメさんへ
そうだったんですか・・・了解しました。
そちらのほうも行ってみて安心しました。
身体だけは大事にしてくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ