プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:旅行
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない




[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



さてフィリピン人という民族は

一人を招待すると一族を連れて来るものだそうです


全てが終わった後に知ったことですけどね


セブの友達は彼氏と母親を

マニラの友達は息子と甥を連れて来ました


こっちは私とお嫁ちゃんと二人ですから

合計5人分の食事代から船賃に各種入場料

全て貧乏のあたくし持ちなのですよ・・・(;´д`)トホホ


フィリピン人から見ると日本人はお金に見えるらしい


「あたしゃ貧乏人よ。」と何回言っても

「オーノー」の一点張りで

全く信じてもらえません


交通手段もジップニーという乗合自動車や三輪車は

格安なんですけど

狙われると危ないからと言って

ドライバー付きのバンを24時間レンタルして

ホテルまで送迎してくれるのでこれまたひどく高額


デコレーションカー




結局預けたお金では全然足りなくて

不足金を請求されてまたまたびっくり!


ボディーガードやガイドのお礼も渡したりしたので

当初予定していた1週間分の経費の大半を

セブだけで使い果たしてしまったのでした



でも二日間最高の贅沢を味わった彼女たちは

とても喜んでくれて

手料理を持参してくれたり

果物を差し入れてくれたりと

それは大変な接待振りでありました



なので

ま いっか・・・




ママのプレゼント


最後まで読んでくれてありがとう

  これも国民性なのね

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

英語圏へ行きたい♪

お帰りなさい!

アバンチュールが多そうな旅行で羨ましいです。
何より英語を思い切り話せるのがいいですね。
私もツアーでなく英語圏に行きたいですが、
この心臓(弁膜症)だから不安です。
マコトさんが付いて行ってくれたらバッチリですが。

フィリピンのことがいろいろ知ることができて楽しい記事です。叉続きを期待してます。

国民性、文化,慣習の違いに
驚きですね。
うーん、やっぱり、日本人は
お金持ちのイメージが強いん
でしょうけど、、ね。
散財しても、得るものも多ければ
それも、よしと致しましょう。

フルーツが美味しそう!


☆コメントありがとう

v-348akiちゃんへ
そうなんです。
普通のツアーとは全然違って面白かったですよ~。
akiちゃんについて行ってもいいなら是非!
でも私の英語はひどいもんです。
akiちゃんきっと呆れると思います、はい。

v-349あみ・もとちゃんへ
はい、出て行ってしまったお金は戻りませんから諦めて、
お金で買えないものを得たことを喜ぶことにします。
次の旅行に向けて貯えなくちゃ!
あみもとちゃん、無駄遣いしない方法教えてくれない?

旅行ってそうじゃなくっても太っ腹になりがち  
でっでもぉ~~~ 丸抱えじゃぁ ┗(-_-;)┛
まぁ アタシの場合そんな旅行は実現できそうにないけどね(●´ω`●)ゞエヘヘ

先日ワハハ本舗で思いっきり笑ってきました
v-407

v-350わこちゃんへ
現実、腹は確かに太いけど、金銭面での太っ腹にはなれないよ。
ま、どこへ行っても何をやってもお金のかかる時代ではあるけどね。
しばらくおとなしく爪に火を灯して・・・無理!
わこちゃん、もしかして渋谷へ?
笑う角には福来る! 笑うのが一番さ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ