プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:自然
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


友人にビーグル犬を飼ってる人がいる

そのワンコはもう18歳になり

老衰で寝たきりになって1年半


友人はベビーベッドを買ってきて

その中におねしょシートを敷き詰め

ご主人と交替で寝たきりワンコの世話をしている

そして二人で毎週病院に連れて行く

それが1年半も続いている



私は絶対にあんな真似はできないと思う



そんな友人が白内障の手術をして

医療ミスだか何だか知らないけれど

虹彩が切れたとかで片目が全く見えなくなり

大病院で手術をすることになった

失明の危機にさらされたのだ



友人は眼圧が上がって吐き気と頭痛に悩まされながらも

気になるのは寝たきりワンコのこと



犬というのは飼い主の心を読むと聞く

入院する2日前のこと

友人がしばらく会えなくなる寝たきりワンコに

話しかけながら身体を優しくなでていたら

寝たきりワンコは二つ大きく息を吸って

そのまま動かなくなったそうだ



私にはワンコの声が聞こえた気がした


「ボクは天国に行くから
お母さんは安心して入院してね。
長い間ありがとう。」
 と




友人の手術は成功して間もなく退院する




なでなで
「ボクもナデナデが大好きだよ。」





最後まで読んでくれてありがとう

   犬は人間のパートナー

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

コメント

涙☆

今晩は☆
こう言う記事を読むとつい涙が出て来ます。
サクラも私達の心を読んだのかも知れません。
美しい別れでなくて哀しい別れでした

そんな事が本当にあるんですね。
動物って飼い主さんの心情を
察しているそうですから。。。

寝たきりの老犬の介護をされた
ご夫婦の愛情深さにも感銘受けました。

☆コメントありがとう

v-348akiちゃんへ
泣かせてしまいましたか・・・ごめんね。
サクラちゃんの時にはさぞお辛かったでしょうね。
でも最期まで愛されて愛されてサクラちゃんは幸せだったと思います。
共に過ごす日々は楽しいけれど死ぬのを見届けるのは悲しいですね。

v-349あみ・もとちゃんへ
本当にここまで人間並みに介護をするってすごいですよね。
うちのワンコは38度の記録的な猛暑の日に外で倒れてそれっきりでした。
しかも私は実家にいて、看とったのは姑だったんですよ。
ワンコもインコも寿命が短いから死ぬのを見るのは辛いですね。

こんばんは~
ペットは不思議に飼い主の心を読みますよね。
ご友人夫婦とわんこの絆がよほど深かったということでしょう。
アタシの知り合いのお爺さんは、同じ白内障のミスで失明しました。
お友達は手術が成功して本当によかったです。
きっとわんこが力を貸してくれたのかもしれませんね。

なんやもお、涙なしには読めませんわ…

以前、友人がめの愛犬ブログに(なんか有名なもんらしいですわ)『犬の十戒』を思いだして切なくなりましてん

かめにもそんな思い出があります
顔も知らん、そのワンコは九州の祖父がめ(父方)の家で長く飼われてた、知恵ものやけど臆病な雌の黒犬で
普段、滅多に外に出えへんもんが、その日に限って、祖父がめのあとを追って門の外へ出てもうてあっけなく車に轢かれ
きゃんと一声残して息たえた…

九州から届いた電報を手に
叔父がめが、うっとこの風呂場へこもって、大泣きしたそうです

新生児メレナゆうて、いまは簡単に予防治療でける病やけど、50年前はなかなか厄介な病にかかり
生まれて数日の生命で終わるはずのウチが
持ち直したのはまさにクロの死の直後
クロに救われた命ですねん

失明の恐怖は、経験のない人らの想像を遥かに越えてる思います

優しいお友だちのご快復と、健気なワンコの冥福を祈りますー



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

体調を崩してる時に
ココ子を残しては死ねないと思いました
子供たち papaッチじゃなくてv-356
チャピコもアタシの年齢を追い越してしまって
いつか・・・その日が来るのが怖いです

☆コメントありがとう

v-350yomoちゃんへ
私もとても感動しました。
そしてちょっぴり泣けました。
お知り合いのお爺さんは失明してしまったのですか?
白内障の手術はとても簡単だと聞いていたのに、
失敗することもあるとは知りませんでした。

v-351かめちゃんへ
それはそれは悲しい出来事でしたねー。
黒犬さん、後追いして轢かれたとは・・・。
それがまたかめちゃんを助けるために身代わりになった。
人は皆誰かの命を背負って生きているのかもしれませんね。
生きてる人はしっかり生きなくてはいけません。

友人も物凄い恐怖を味わったと言ってましたよ。
暗闇の世界で生きるって本当に怖いことですものね。




v-348鍵コメさまへ
私なんかにどうしてそこまで?
こんなにコメントに動揺したのは生まれて初めてです。
でもちゃんと受け止めますから。
打ち明けてくださってありがとうございました。
こちらこそ末永くお付き合いお願いします。

v-349わこちゃんへ
別れはいつか必ずやってくるものです。
今はそんなことを考えないでチャピコとステキな思い出をいっぱい作ってください。
チャピコはわこちゃんと幸せな時間を過ごすために生まれてきたんだよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ