プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


昨年末に逝った姑には

近所に二人の仲良し婆さんがいた



そうね

20年ほど前になるかしら

姑キクは70歳ぐらいで

お向かいのおウメ婆さんは77歳ぐらい

一軒おいて隣のおハツ婆さんは75歳ぐらい



この長寿3ババトリオ

よく我が家の姑の部屋に集まって

お喋りを楽しんでいた


・・・というかボヤキ合っていたと言ったほうが正解?


もちろん嫁や婿の悪口に決まってる



三人とも足は悪いが口は達者だから

飽きもせず同じことを上り下り延々と喋っていた



さてこの長寿3ババトリオにも

年貢の納め時がやってきた



まず昨年9月におウメ婆さんが97歳で昇天

続いて12月に我が家のおキク婆さんが90歳で昇天

そしてとうとう先日おハツ婆さんが95歳で昇天した



お通夜の席で

「きっとあの二人が呼んだのよね。」

と私たち嫁軍団は口々に言い合った





「そぉら来た来た。
おハツさん待ってたよ。」




「あんたのとこの嫁さん
全然泣かなかったね。
憎たらしい!」

(あんたの嫁だって泣いてませんけど)



「あれまぁ、ここは
ずいぶんいい所じゃないの。
これからもよろしくね。」




今頃

あの世では長寿3ババトリオ

三人揃ったものだから水を得た魚のごとく

悪口雑言言いたい放題

賑やかに喋りまくっているんだろうな




そんなことを考えながら

仏壇にお線香をあげる私だった






最後まで読んでくれてありがとう

   それにしても日本って長寿国だなぁ

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

こんにちは!

ご長寿トリオだったんですね~
読んでて・・・そうかも~って思っちゃいました。
ちょっとツボにきてます。

おはようございます♪

マコトさん おはようございます♪

昨日はポカポカとした春の様な陽気でしたね♪
一転今日はどんよりとした厚い雲に覆われています。
全国的に春の嵐が吹く一日になりそうだと
天気予報で言っていました。
外を歩く時は気を付けて下さいね。
お姑さんの仲良しさんが相次いで亡くなられたそうですね。
長生きされた仲良しさん達でしたね。
きっと天国で楽しくお話をされておられると思います♪
今日から3月ですね♪
マコトさんいつもありがとうございます^^
今月も宜しくお願い致します。

☆コメントありがとう

v-348共白髪さんへ
えへへ、近所でもちょっと有名なトリオだったんですよ。
正直に言うと、嫁の悪口よりも戦時中の話が主だったようです。
とにかく昔話に花を咲かせてにぎやかでしたよ。
今はあの世が騒々しくなってることでしょう。
知~らないっと!

v-349sakuraちゃんへ
最近は寒暖の差が激しくて体調崩しそうですよね。
sakuraちゃんも十分に気をつけて体調管理してください。
半年の間に3人とも逝ってしまいました。
どこまでも仲良しな三人組だったのですね。
こちらこそよろしくお願いします。

お姑様のお悔やみも申し上げませんと、失礼いたしました

お疲れがでませんように

押さえても堪えても涙がこぼれるお葬式と、
泣かんと見送るお葬式と
両方を経験して、ひとの心に深みができますのやろね

むかし『三婆』てお芝居ありましたん、思いだしましたー


v-350かめちゃんへ
いえいえとんでもございません。
こうして時折お訪ねくださるだけで大満足でございます。
正直ほっとする気持ちが一番強かったです。
三十数年来の鎖から解き放たれたのは事実ですから。
冷たい嫁かもしれませんね。
『三婆』って有吉佐和子のですか?
TVでも何度かやってた喜劇ですね。
人生喜劇で終わりたいものです。

三婆

一人もお目にかかったことはないんだけど、
あちらの世界での光景が目に浮かぶようです。
こういう婆様たちは役には経ってないように見えますが、
じつはスパイスのような役目をしてるんですよ。
居酒屋の常連でも、一人嫌味な奴がいるとぴりりとしますよ。
あの世のスパイスガールズ、鬼たちをいじめてないかな。

v-351こみ師匠へ
そうなんです。
この光景は誰もが容易に想像することができるみたいで、
皆さん頷いてくださいました、はい。
あの世ではガールと呼んでもらえるならあたしもそろそろ行ってみてもいいかな。
後期高齢者なんて悲しい呼び方をされる前に。

アチラでも 楽しく女子会(!)v-410
盛り上がってるでしょうね~v-42
ピン子さんはお店があるから 
女子会知らずに過ごしているんですよねv-409
その分 いつも話し相手が大変ですけどv-404
機関銃のようにしゃべくりマシン お付き合い頑張りますv-411

v-348わこちゃんへ
そうだよね。
うちの姑とピン子さんは全然違うもんね。
わこちゃんも大変だと思うけど、もうしばらく?頑張って!
ステキなお嫁ちゃん!!

わかるわかる

家の母も入れて欲しい!!

どうしてあんなに人の事を言うのか考えられないんだよね~~~。

家の母もそういう話題が大好きさーー。

私は嫌いだなぁ

v-349ひなたんばーばちゃんへ
どうぞどうぞ、もちろん入れてあげるわよ~。
ああいうのって習性なんでしょうかね。
私も嫌いだけど、そのうちに好きになっちゃうんだろうか?
あんなオバアにはなりたくないけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ