プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:世の中
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない




[広告] VPS

「コンバンハ」「ゴメン、ユルシテクダサイ」
「ジョウズジョウズ」「ア ヨイショ!」って言ってます。
そして相変わらずの「チュッチュチュッチュ~」もね♪



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



こんなニュースがありました


群馬県太田市高林東町のコンビニに
ヘルメットをかぶった男2人が押し入り、
女性店員(58)に「金を出せ」と脅したが、
女性が「殴るなら殴れ」と叫ぶと何も盗らず逃走した。
太田署によると、男の1人は金属バットを持っていた。
女性店員にけがはなく、店内に客もいなかった。


かっこいい~


真に勇気のある女性なんですね



しっかりしろよ


草食男子




そう言えば私もありました


「殴るなら殴れ!」と叫んで



殴られたことが





父に・・・






最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




コメント

タンカ

このニュース見ましたよ。
粋だなあ。
あえてお姉さんと呼ばせてもらいましょう。

あらマコトさん、タンカが効かないこともあったのね。
そこんとこは仕方ないなあ。
それにしても、もう一年経ちましたか。
早いですねえ。

おはようございます♪

マコトさん おはようございます♪
そんなニュースがあったのですね
本当に勇気のある店員さんですね
それも女性の方と聞いてびっくりです!
お年も58歳と聞いてなおびっくり!
ピーちゃんのおしゃべり本当にお上手ですね♪
ピーちゃんおりこうさんとも言っていましたね
「ごめん、ゆるしてください」って本当に
かわいくて癒されました(0^ー^0)
ピーちゃんを食いちぎって遊んでいる姿
家のデコちゃんと同じです可愛いですよね♪

マコトさんのお父さんが亡くなられて
もう1年になるのですね。
早いものですね・・・

お元気だった頃マコトさんがお父さんの作られた
りっぱなお野菜や綺麗に育てられたお花をブログに
紹介されておられた事をついこの間の様に思いだされます。

「マコトさんの知恵絞りシリーズ」を何時も
楽しみにしていました。

ごはんを美味しく炊く方法や
お水を秤間違えた時にでも柔らかて
美味しく食べられる方法ってとても
勉強になりました。

マコトさん何時もありがとうございます。

寒くなりましたの暖かくしてお過ごし下さいね。

こんにちは!

「殴るなら殴れ」って言った人がいるのね~
これ本当に殴られると、
犯人はちょっとだけ罪が軽くなります。
法律って変だよね~

☆コメントありがとう

v-348こみ師匠へ
師匠も見ましたか?
かっこいいですよね~。
心で思っても金属バットなんか見たらパニくってしまって
とてもそんなこと言えません。
そんな姉御肌の人に憧れちゃう。
父には通用する言葉じゃなかった・・・。
叩かれたとき、「ウソ・・・」って思った。

v-349sakuraちゃんへ
sakuraちゃん、忙しいのに優しい言葉をたくさんありがとう。
思えばsakuraちゃんとは長いお付き合いで、
私の拙いブログをずっと読んでくださり感謝でいっぱいです。
ピーのこともsakuraちゃん無しで語ることはできません。
父の思い出もシェアしてくれて本当に嬉しいです。
ご飯は絶対に美味しくなりますから是非やってみてください。
sakuraちゃんも風邪引かないようにね。

v-350共白髪さんへ
さすが共白髪さんは物知り博士ですね。
でもどうしてそんなことになるのでしょうか。
窃盗未遂より暴行のほうが罪が軽いとか?
政治の問題も含め、一度レクチャーしてもらいたいものです。
でも授業料高くて払えないからブログの愛読者で我慢しとくかな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ