プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:テニス
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



ディメンシァ(dementia)

私が時々用いている言葉です



学術用語みたいですが

解り易く言えば認知症です


認知症って言うと何だかグサッとくるんですよ


だから私はディメンシァと言います


たいていの人は知りませんから





いいんです


知られたくないですから




少し前まで姑が認知症かもしれないと心配していましたが


自分のお尻に火がついてしまったかもしれません




こんなことがありました


ネットでテニスシューズを買いました

30%OFFで1万円ちょっとのシューズです

すごく履きやすい大好きなメーカーのシューズで

これはお買い得でラッキーだと思いました


ところが届いてみると

いつものサイズで注文したのにちょっと小さくて

うーんと唸ってしまいました



無理をすれば履けないことはないんですが

テニスシューズはとても微妙で

少しでも違和感があると気になって思いっきり走れない




なので仕方なく枯れ木も山のにぎわいクラブ

持って行って私よりちょっと足の小さい人に

買い取ってもらいました



家に帰った私は再びネットで代わりのシューズを注文

今度こそ足にぴったり合うことを願って・・・





そして何気なく商品番号を見た私は

愕然としたのです



前に注文したのと全く同じ商品番号でした

もちろんサイズも同じです



そして私は再び

シューズを枯れ木も山のにぎわいクラブ

持って行き

また別の私よりちょっと足の小さい人に

買い取ってもらったのです




へこみました

かっこわり~し情けない

しょっぼ~んです






ディメンシァ以外の何物でもないでしょ?



これってまだ許される範囲でしょうか?


いやたぶん許されない範囲だよね・・・


ディメンシァ





最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

コメント

気になる☆

今日は♪

ディメンシァと言うんですね。一つ覚えました。
でも忘れそう。
認知症は自分でそうかも知れないと思うレベルでは
そうじゃないと思いますが。
姑は自分が未婚で18才と信じていて、違うと言った人に
「アンタはうそつき!」と真剣に怒りました。
マコトさんはうっかりの程度で、私もやりそうなことです。
でもこの年になるとディメンシァは気になります。

☆コメントありがとう

v-348akiちゃんへ
akiちゃん、いつもコメントありがとうございます。
ディメンシァという言葉を忘れそうだということは
まだまだakiちゃんがディメンシァに縁が無いということです。
私は外国人の友人にジョークで言われてその言葉がしっかりと記憶されてしまいました。
まだ自分を18歳だと思ってはいませんけどね、うふっ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ