プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:未分類
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



黒部~東北旅行も最後の記事です


最後の記事は私らしく締めくくりたいと思います


これを現地で買うために行きました




魚沼産コシヒカリの新米




新潟~♪




我々貧乏人の口には滅多に入らない

魚沼産のコシヒカリの新米を

どうしてもご当地に行って買いたかったのです



自宅に帰ると

この日のために用意しておいた


圧力IH


圧力IHの銅釜ですぞ

最高のお米で最高のご飯を炊くために

大枚はたいて・・・



もらいました


実家の母に




そして初めて炊いたこだわりのご飯で~す


水晶のようなごはん



ああ しあわせ・・・

日本人に生まれてよかった~







最後まで読んでくれてありがとう

   体重2キロもお土産に持ち帰りました

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

こんにちは!

とてつもない距離の移動をしたんですね~
新米の味も格別だったと思います。
この季節は食が進んで止まんないーーー!

つやつや~

お米の王様魚沼こしひかりの新米いいですね~。
わたくし、親の田舎が新潟なものですから魚沼、十日町地方には年に数回通ってますが、
お米だけは買った事ありませ~ん。
なぜなら産地なのに「お高い!」から。(苦笑)
野菜類は安いのに、お米は保存が効くせいか首都圏で買うのと変わらないんですよねぇ…

あ、前回コメントのキャンピングカーとは器用なパパリンさんがDIYで作った板敷のハイエースの事ですよ~(笑)

魚沼産だーー

私、この間も考えていたのがこの魚沼産のお米の事。

20年くらい前にお米が無くてタイ米もセットでお米を売っていた頃、夫が新潟に仕事で行っていた時に知り合った方の妹さんが魚沼の農家に嫁いでいて、玄米で180キロ買って頂きました。

そのお米の美味しかった事、今でも忘れられません。

ご近所に配ったりあちこちにお裾分けしたり最高の贅沢は魚沼産のお米以外ありません。

今でもお米は新潟のコシヒカリですがあの時の本場物のお米をもう一度食べたいわ

日本人で私も良かった!

今日は♪
最高のお米の新米をその為に準備したお釜で炊いて食べる☆
読んだだけで食欲が湧いて来ました。
私もご飯党なので日本人で良かったと思います。

☆コメントありがとう

v-348共白髪さんへ
パパリンの無計画な行動に振り回されました。
それでも魚沼でコシヒカリが買えたことは最高の幸せ。
どんなに遠回りしようと行く価値のある場所です。
本当に一生忘れられない美味しさでした、ゴックン。

v-349まろ君へ
確かに全然安くありませんでした。
都会で買うのと同じような価格でしたけど、味に期待してよかった。
こちらで買う魚沼産コシヒカリよりずっと美味しかったです。
まろ君いいなぁ・・・新潟に親戚があるなんて。
ネットで新潟から取り寄せたら同じくらい美味しいお米が買えるかしら?
でも失望したくないし、お金も無いし・・・アハッ。

v-350ひなたんばーばちゃんへ
どうしてどうしていつもひなたんばーばちゃんって・・・
スケールが桁違い!
180キロですって? 魚沼産のコシヒカリが?
私その180キロのコシヒカリに埋もれて死んでもいいわぁ。
なぜか銘柄が同じでも味が違いますよね。
暇とお金があれば魚沼まで買い付けに行きたいくらいです。

v-351akiちゃんへ
でしょ~?
もう最高でしたよ。
お互いに日本人に生まれてよかったね~。
今度食べれるのはいつのことやら・・・。
それにしてもどうしてこんなにお米に味の違いがあるのでしょう。
気候や風土が米作りに影響してるんでしょうかね。
全国で同じくらい美味しいお米が作れたらいいのにね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ