FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


いつも笑顔で
人は誰も笑顔で生きる権利があるのです


珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



母が突然言いました


「もう家に帰ってちょうだい。」


母が新居に越してきてから1カ月半が経ち

もうほとんどの事は自分でできるようになりました

私もそろそろ家に帰る準備をしようかと

思っていた矢先ではありましたが

もう少し一緒にいてあげようかと

様子を見ながら過ごしていた時でした


母はこう付け加えたのです


「あなたがいると
気が休まらないのよ。
独りでのんびりと暮らしたいの。」



思いがけない母の言葉に耳を疑いました

母はそんな私の戸惑いなどお構いなしに

その後も色々愚痴り始めたのです


私が掃除ばかりするのが気に入らない

自分の家なのにどこも汚すこともできない

あれこれ指図されるのが鬱陶しい



本当にびっくりしました

母は喜んでくれてると

信じて疑わなかった自分が哀れで情けなくて・・・



でも母の気持ちを聞いた以上

私は必要無いのだと納得して

涙が出そうになるのを必死で堪えながら言いました


「わかったわ。
そんな風に思われてるなんて
少しも気づかなかった。
お母さんのいいようにするわ。
家に帰るね。」



その夜

ベッドの中で悶々としていて

私は気づいたのでした


あの優しい母がそんなこと思うはずがないのです

きっと私に家に帰る決心をさせるために

わざときつい言葉を吐いたのだと思いました



翌日母は私に言いました


昨日は酷いことこと言ってごめんなさい

毎日朝も昼も会社で食事をして

夜はここに寄って夕食を食べたらすぐに

独りで家に帰っていくパパリンに申し訳なくて

あなたをパパリンに早く返さなくちゃと思ったから・・・

でもあなたを傷つけてしまってごめんなさい



そう

母はそういう人です


私は全てお見通しなのさ (ΦωΦ)ふふふ・・・・



最後まで読んでくれてありがとう

   親は幾つになっても親ですね

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ