FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



胃癌の再発で暮れに亡くなった姑の

四十九日も無事に終わったけど

お墓が北陸にあるので

雪が無くなる春に納骨をすることになった



なので仏壇のお骨に毎日お線香をあげている



晩年にはとにかく気難しくなって

何か言えば悪いようにばかり解釈して怒った

それ故私は自然に会話を控えるようになった





仏壇の姑はとっても静かだ



私はお線香の煙漂う中で今までに無く姑に話しかける


「おばあちゃん、
きれいなお花に囲まれて
よかったね。

美人の嫁さんに
毎日拝んでもらって嬉しかろ。」



何を語ろうと

好き勝手なことを喋ろうと

な~んにも返事は返ってこないけど

全然寂しいとは思わない



むしろ姑と向かい合って

静かに話ができる今に安らぎを感じて

ほっとしている自分がいる


実は姑が死ぬ前

姑が死んだら自分がどんな気持ちになるか

ちょっと不安だった

恨み辛みがつのって

どんな形で姑の死を受け入れるんだろうかと




でも実際にその時を迎えてみれば

姑に可愛がられた昔々のことばかりを思い出して

思わずお骨に微笑みかけてしまうんだよね


身体があちこち痛くなったり思うように動かせなくなって

ついイライラして性格も荒くなってしまったんだろうと

今頃になって姑を許せるようになった



つくづく私って幸せな性格だと思う




そして人は許すことで心を解放することができるのだと

しみじみと実感している






たくさんの花に囲まれて
寒いのでお花が長持ち


最後まで読んでくれてありがとう

   人間関係で苦労してる人に読んでほしいな

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ