プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



突然施設から家に帰ってきてしまった姑ですが

徐々に退屈になってきたらしく

夫を亡くして独り暮らしになった義姉のところへ

ほんの少しの間だと念を押して出かけて行きました

もちろんパパリンの送迎付きですけどね



だから何も世話になっていないなんて

言ったらダメですよね~


絶対に看ないと言っていた義姉も独り身になった今

姑が行くのを断る理由も見つからないのでしょう

渋々承知したみたいです



ところが姑を送り届けてほっとしたパパリンが

ある午後のこと急に私の実家に現れました

気になっていた物置の片付けをすると言って



長い間使っていなかった物置の中には

父のゴルフ道具や釣り道具が

天井まで積み上げられ

もらったけれど気に入らなくて

日の目を見ることもなかったような置物や飾り物だとか

昭和初期の名残りのような火鉢とか

どのように言い表したらよいのかわからないような

奇怪なモノ?????



それらを全部物置から運び出して

パパリンの車にギュウギュウに詰め込んで

市の粗大ゴミ収集センターに運んで行きました



母はそんなパパリンを見て感激し

ありがとうありがとうと何度も何度も頭を下げるのでした



そんな母を見て私は思うのです

母の百分の一でいいから

姑に感謝の気持ちがあったらなぁと



パパリンにありがとうと一言言ってくれたら

ちょっとは可愛いおばあちゃんに見えるのにね



あなたの息子はこんなに優しい人なのですよ



それが見えないなんて

あなたの目は節穴



それが感じられないなんて

あなたの心は空洞



誰がその空洞を埋めてくれるのでしょうね


寂しいですね

そんな終焉って・・・



最後まで読んでくれてありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜




突然施設を出て家に帰ってきた姑を

毎日パパリンが説得し続けました

家にいても面倒を見てくれる人は居ません

誰も食事を作ってくれないし

掃除も洗濯もしてもらえない




なのに姑に理屈は通らないのです


 

考えてみてください

物事には道理というものがあって

筋道を立ててこそ結果が導かれるものです



ところが姑の場合は感情オンリーで動くので

いくら事細かに説明しても

納得することは無いのです


ただあるのは

いやだ!という感情だけ



施設の方からも

聞く耳を持たないのでどうしようもないと

匙を投げられてしまいました


しかも家に帰るのだと勝手に周囲に言いふらし

入所仲間の中には帰りたくても帰れない事情の人が

たくさん居られるのに

その人たちの動揺を煽り

施設内をパニックに陥れたと

施設からお小言を頂戴し


これではもう二度とこちらでお世話になることは

叶うまいと諦めざるをえなかったのでした


あそこならと本人も二つ返事で承知して

一年近くも待ってやっと入れた施設だったのに





そして強引に退所した姑は

私に食事のデリバリーを注文させ

部屋にたてこもること一週間



今度はその宅配の食事がまずいと文句を言いだしました



30年間世話をしてきた私に

今までもあんたの世話になってないし

これから先も世話にはならないと

そうはっきり言ったことは

きれいに忘れてしまったみたいです



言われた本人は決して忘れられるものではないですけどね



そして私は相変わらず実家と家を行ったり来たり

忙しい毎日を送っています



何も知らない実家の母が

今日も嬉しそうに私を迎えてくれました



母には言えないのです

姑が家に帰ったことを知ったら

母は間違いなく私に来なくていいと言いますから





しかしこれも弱虫の私に与えられた試練で

ここを乗り越えて行くしかないのでしょう




私は思います

きっと優しくてにこやかなおばあさんになりましょう

いつも周りの人たちに感謝の気持ちを忘れない

温かい心をもったおばあさんになりましょう



最期の時に

ああ いい人生だったと

そう心から思えるように・・・







最後まで読んでくれてありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



禍福はあざなえる縄の如し


こんなことわざをご存じでしょうか?


良いことと悪いことは交互にやってくるという意味ですが

私にとっては


泣きっ面に蜂


縄のようにはいきませんで・・・

悪いことばかりが続くみたいです

頼みもしないのにね




試練の時はまだまだ続くようでございます




苦労の末やっと入所できた施設から

突然姑が帰ってきてしまったのです


それも着替えを取りに一時帰宅すると偽って

それっきり二度と戻らないと言って動きません

パパリンの説得にも全く耳を貸さず

挙句に私たち夫婦をののしり倒し



自分のことは自分でするから
一切面倒は見なくてよい

のたれ死んでもかまわない
ほっといてくれ!




そう言って自室にたてこもってしまったのです




食事はどうするの?

自分で作れないのに



宅配の弁当をとると言いました


あんたの世話にはならんから
お母さんのところでも行けばいい




そうです

私は父が亡くなり独居老人となった実家の母のところへ

頻繁に行かなくてはなりません

身体が一つしか無いので姑の世話はできません


だからこそ施設に入ってもらったのに


それもこの辺りでは最高の評判の良い施設なのに




さてこれからどうしたものか

思案に暮れてる私です



元気・・・







最後まで読んでくれてありがとう

  皆さんの応援で頑張れるかも

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:テニス
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



私は寒い冬の期間にテニスに行く時

いつもカップラーメンとお湯を持参します

なぜテニスにカップラーメンを持って行くのか

そう さぶ~いからね

でも私はほとんど食べないのですよ

アラ還ですから


ではなぜ?


それは



餌付け です



なんちゃって



実はクラブの若者たちに食べさせるためです


たった1個のカップラーメンを数人で回し食い

一種のコミュニケーションとでも言いましょうか


私も2~3本食べます

仲間ですから


それと若者たちと一体感を味わいたいからかな



この前の練習日にも私はカップラーメンを持って行き

いつものように



「おい山田
ラーメン作って。」



と言ってカップラーメンとお湯の入ったポットを渡しました



「うぃ~っす!」


しばらく経って

お腹をすかせたポン太がフタを空けました

そして


「あれっ? マコトさん
ラーメンかっちかちっす。」



どれどれと覗いてみると

丸く硬いままの麺が冷たい水の中に沈んでおりました




「お湯じゃなくて水を持ってきたんすか!」
「ちゃんと沸かさなくちゃダメじゃないっすか!」
「マコトさんちょっと危ないっすね。」


などなどと口々に勝手なことを言いやがる若者ども

まるで私がボケたとでも言いたげな様子で



私だって一瞬ヤバッと思いましたがな


けど冷静に考えてみたら

お湯をポットに入れる前に熱湯でポットを温めて

それからお湯を入れたのだから

間違うはずは無いのです



おかしい・・・

そんなすぐに冷めるとは思えないし


調べてみようと置いてあるポットを取り上げてみると

重たいじゃないの

お湯・・・いっぱいに入ってるし



じゃあこのラーメンカップの水は何?


ちょこっと飲んでみてポン太が言いました




「ポカリの味がするっ!」



真相は

山田が私のポットと間違えて誰かのポカリを

ラーメンに注いだのでありました



それから急いでポカリを捨てて

熱湯を注ぎラーメンを作りなおしました




食べれました・・・とりあえず




また一つステキな思い出ができました



ボケてなくてよかった~




最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



ハイレベルのバンドを辞める決心をしたパパリンは

今週の練習日にペットも持たず

ご挨拶に出かけて行きました




なのに



帰ってきたパパリンは言いました



「やめるの・・・
        やめた。」





どうやらサークルの皆さんに引き止められたみたいです

前のペットの人が辞めちゃって

ペットが不在って理由もあったでしょうが

パパリンを引き止めるなんてねぇ・・・


「へぇ・・・
パパリンのペットの腕が
認められたの?」




「いや 
それはないだろう。」



と謙虚なお答え


自分の技量をちゃんとわきまえております

感心感心




「んじゃあどうして?」


「さぁね
わからない。」




何じゃそりゃ?


しかもパパリンがやりやすくなるようにと

これからは次の週に演奏する曲を

前もって選んでくれるそうな



そんなわけで

挫折しかけたパパリン奮起して

夜な夜な消音器とメトロノームを携えて

2階で練習に励んどります




┐('~`;)┌ ヤレヤレ







読んでくれてありがとう

   挫折したら報告しまっせ

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



またまたパパリンの話題です


前に書いたように会社のジャズバンドで

トランペットを吹いた経験のあるパパリンは

知人から誘われてあるサークルに入りました

ところがそこは元プロみたいな凄腕の演奏家の集まりで

300曲のレパートリーをその日の気分で

自在に演奏するようなところでした

凡人のパパリンにとっては場違い的な

私から見ても長くはもたないだろうと思われる

そんな集まりだったのです



とまぁここまでは過去記事に書いたことでしたね



さて週に一度練習に参加していたパパリンですが

私の心配していた通りある日の夕食時に


「俺・・・やっぱりやめようと思う。」


と言いました


努力家のパパリンとしては

決まった曲を毎日家で練習して

1週間後皆と合わせる

そんなふうにやりたかったみたいです


300曲もある中から

その日演奏する曲を予測することは不可能です

練習無しでいきなり演奏って・・・

パパリンには無理です



ついていけない



それじゃやめるしかありませんものね



「いいじゃん やめたって。
音楽はどこでも誰とでもできるよ。
別のサークル探してもいいしね。
楽しくやれなくちゃ意味ないよ。」




そう言ってやりましたが

内心ちょっとがっかりしました

どこまでやれるか見たかったし

毎日家で消音器を付けて練習してる姿も

結構いい感じだったのに・・・



ま しょうがないっす



私のテニスがそうであるように

ストレス発散と心身のリフレッシュのためだけでなく

誰かにに優しい笑顔を向けられる

そんなパパリンでいてほしいから・・・



パパリンのペット
パパリンのペットの音色はロマンティック






最後まで読んでくれてありがとう

   ちょっとかわいそうなパパリンでした

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



遊ぶことに忙しいパパリンをランチで釣って

一緒にお買い物に行きました



パパリンとお買い物と言えばホームセンターです


私は洗剤や台所用品などの雑貨類

パパリンは何だかわからないガラクタ品


見て歩くコーナーが全く違うので

適当に携帯電話をかけることにして別れました



お買い物の途中で一回パパリンと遭遇した時は

私はワゴンに山積みで

パパリンは手に何も持っていませんでした

特に買いたいものも無く手持無沙汰のようでしたが

「もうちょっと回ってくるね。」という私の言葉に

諦めたパパリンは黙って離れて行きました



それから30分ぐらい経ったでしょうか

色々買いこんで満足した私はレジの近くで

パパリンに電話をかけました


すると目の前にパパリンと同年代のおっさんが

同じように携帯電話をかけていました



大きな声で

「おいっ! どこにいるんだ!
いい加減にしろ!
日が暮れるぞ!」


と怒鳴っています



しまった!

パパリンも怒っているかしら?

そう思いました


すると電話に出たパパリンから

「もしもし、終わったの?」

といつもと変わらぬ声が返ってきました




その時たぶん

おっさんを見る私は鼻の穴をおっぴろげて

さぞ得意気な顔をしてたことでしょう




そして同時にパパリンが私と

お買い物に行きたがらない理由が

なんとなくわかった気がします




そして皆さま
今気付いたのですが
本日アクセス数が15万を超えました
これもひとえに皆さまのお陰と
深く感謝いたします
これからも何卒よろしくご贔屓に





最後まで読んでくれてありがとう

   パパリンがパパリンでよかったど~

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



定年後1週間の半分がお休みになったパパリン

毎日それは楽しそうです



世の中には退職後何もすることが無くなって

生きがいを無くしたり

ボケたりする殿方もいらっしゃるようですが

パパリンは全然違います



オートバイもマウンテンバイクもやりながら

毎日何時間もトランペットの練習に精を出し

時間が足りないとほざいとります



そんなパパリンが先日友達から誘いを受けて

とあるバンドに見学に行ってきました

独りで練習するだけではつまらないのでしょう

以前会社のジャズバンドでペットを吹いていたので

その経験を生かして新たなバンドで

またペットを吹きたくなったのでしょうね



ところがそのバンドは思いのほかハイレベルで

元プロみたいな人の集まりらしく

300曲ほどあるレパートリーから

その日の気分で選んだ曲をいきなり演奏する

しかもアドリブもあったり

パパリンが出したこともないような高音もあったりで

事前にたっぷり練習してからでないと

吹けないパパリンにとっては

初見でアドリブなんぞとんでもないわけで

ほとんどついていけなかったらしいのです



それでも3回ほど練習に参加した結果



やめようかどうしようかと悩んでいます



私はやめてもいいと思っています

だって音楽なんて才能がモノを言いますから

凡人のパパリンがいくら努力しても

プロみたいな連中についていけるわけがない



皮肉なもので

絶対音感だけど努力をしない私は音楽をやめちゃって

せいぜいカラオケに行くくらいなのに

才能の無い努力の人パパリンが

死に物狂いで毎日練習してるんです



なんならパパリンの代わりに

私が行きましょうかねそのバンドに



楽器は無理だから




司会 でも



ピー 24.2.29
ピー「司会じゃなくて前座のお笑いショーじゃないの?」




最後まで読んでくれてありがとう

  いつか皆さんにご披露できるといいな

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ