FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



父が亡くなって初めて姑に会いました


姑に会う前はこんなことを考えていました




姑はきっと泣くだろう

父のことを色々思い出してさめざめと泣くだろう

私は泣かずにいられるだろうか

もらい泣きしたらどうしよう

ずっと我慢してきたのに涙腺緩んじゃうかな




真剣にそんなことを考えていました







施設から久々に帰宅した姑は私を見ると

ちょっと会釈して自室へ入って行きました



姑の部屋に行ってみると

姑は慌ただしく衣替えをしていました



私の顔を見ても何も言わないので




「お父さん・・・死んじゃった。」


一言そう言うと姑が答えました





「忙しくて
それどころじゃない。」




え?





驚きました






父は長年姑のためにどれだけのことをしてきたでしょう

姑がサツマイモが食べたいと言えば

父は毎年美味しいサツマイモを作り

姑が好きだからと自分が食べないズイキも作り

姑が何より好きな干し柿を作り

渋柿を一つずつ焼酎で拭いてビニール袋に入れ

甘く柔らかくなった柿を毎年送ってくれました


父は常に「おばあちゃんにあげて」と

野菜の横に和菓子を入れることも忘れない人でした



身体を悪くしてあちこち痛くなっても


それでも毎年


そう・・・癌が再発して入院する間際まで


姑のことを気遣って畑に通っていました







私は部屋に戻って


初めて涙を流しました




それでも私は姑を憎みはしません


父がそれを望むはずはないからです




自分のことしか見えない

自分のことしか考えられない


姑は恐らく自分の意に反して

そんな老人になってしまったのでしょう





そうだよね?・・・・・お父さん




最後まで読んでくれてありがとう

   

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ