FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)






[広告] VPS

「ピーチャンハ オリコウサン」を連発しています。
飼い主に似て・・・


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜




皆さん

いつも父のこと私のことを気遣っていただき

ありがとうございます




大きな病院というヤツは

何事にも時間がかかるものでして

検査結果が出るまでにたっぷり待たされました

そして治療開始までにかかる時間も非常に長く

父も私も待つことに無理矢理慣らされてしまいました




結局入院して10日間のうちに

外泊が2回です



父はまた畑仕事ができると大喜びですが

肺癌の患者がこの猛暑の中で畑仕事なんぞしても

よろしいものか私としては大層不安でありまする



さて することも無く10日も入院していると

病室にも人にも慣れてきた父に

おせっかいのチャンスが訪れました



病室にはテレビが備わっていますよね

そして周囲の患者さんに迷惑にならないように

イヤホンをして音が外に洩れないようにします

ところが父のお隣に入ってきたオジイ患者が

大きな音を出してテレビを観ているというので

父が注意をしたそうです

そしたらイヤホンの使い方がわからないと言うので

教えてあげたんですって

その日はそのまま静かにテレビを観ていたオジイ患者

翌日には再び大きな音を出して観ていたそうです


父はまた注意に行きました

オジイ患者は静かになりましたが

しばらくするとまた大きな音が・・・


またまた父が今度はちょっと怒って注意すると

オジイ患者は静かになりました


こんな繰り返しが10回ほど続いたそうです



堪忍袋の緒が切れた父

看護師さんに言えばいいのにとうとう


「おいこらっ!
何度同じことを言わせるんだ!
ここを触るなと言っただろうがっ!」




そうこうしているちに

そのオジイ患者は別の部屋に移って行きました



ところが間もなくそのオジイ患者が

移動先の部屋から父のベッドへ遊びにやってきたそうです




あんなに父に怒られたのに

オジイ患者は父を好いてるらしい



父が不思議そうに言いました




(愛が芽生えたのかしら?)




今日はちょっと面白いオジイ患者同士のお話でした


おしまい






5時起きでお百姓は辛いっす・・・



大きなお世話の父をポチッと応援してね

人気ブログランキング


テーマ : 今日の日記 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ