FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:両親
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

コーヒー飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


皆さん聞いてくださいな


郵便局から

私の貯蓄が1000万円を超えるので

貯蓄をストップするようにと連絡が来た!



夢を見ました・・・



今日も能天気なマコトです



                     



さて8月15日は終戦記念日でしたね


この日は


「昭和天皇が戦争の終結を国民に告げた日」ですが


全日本国民が色んな思いの中で

このラジオ放送を聴いたことでしょう


敗戦の色が濃くなった当時

私の母は女学生でしたが疎開先の軍需工場で

ベニヤ板の戦闘機を作っていたとか


上空から見て

日本にはたくさんの戦闘機があるのだと

米国に思わせるためだけのベニヤの戦闘機は

決して空を飛ぶことのないエンジン無しの戦闘機です

それでも皆

日本が勝つことを信じて

張りぼての戦闘機を作っていたのでしょうか



そして私の父

父は16歳最年少の志願兵でした

まだ子供・・・


祖母(父の母親)は父を産んだ時

明治神宮に参じて

「この子をお国のために捧げます」と誓ったらしいです



今の時代では考えられないことですが

当時の日本はそれが当たり前だったのかもしれません



「死にたくない」

「生きて帰りたい」

映画の中で日本兵がそう言ってるのをよく見ますが


父の語りの中からそういう言葉を聞いたことは無く


16歳の兵士は日本の勝利を信じて

戦う覚悟でいたようでした


しかし父が出征して間もなく終戦になり


南海の孤島から帰還したのだと聞いています







生き恥さらして帰るより
名誉の戦死を!



悲しい時代でした


若い命がたくさん散っていきましたが


日本の国を守るために戦った彼らの愛国心は


実に尊いものであったと


父の語りの中から感じ取った娘の私でありました




そして今


父が元気なうちにもう一度


父の戦争体験談を息子と一緒に聞いてみたいです


そして息子が孫っちに何かを語り継いでくれたらいいなと


そんな思いの終戦記念日も終わり


選挙一色に染まろうとしている今の日本に


あの頃のように国民の愛国心をかき立てる


価値がどれほどあるだろうかと


一抹の不安がよぎる私です



花火・・・祈る
クリックして大きくして見てね 見事です



最後まで読んでくれてありがとう

   何かを感じてくれた人 もっとありがとう

       また来てね~



↓一つだけ参加しました。
ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)

人気ブログランキング




テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ