FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:教育・育児
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

コーヒー飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


買い溜めてあった食糧が尽きて


仕方なく日焼け防止メイクを施しスーパーへ






エアコンの効いた店内で私の目の前を3人連れが行く


後姿はまるで小学生


背の低い華奢な体型


オレンジ色のTシャツにジーンズの女性が


両脇に頭2つ分は大きい中学生の男子を従えている


そのときは気にも留めなかったけれど


レジを済ませて商品を袋に入れていると


先ほどの3人連れが目の前に現れた



さっきの女性は2人の男子の母親だった


その母親が私の目の前でとんでもないことを始めた


カゴから肉や魚のパックを次々と出すと


そのパックを片っ端から破って


中身だけビニールの小袋に入れていく



そして肉汁や魚の血のついて汚れたままのトレイを


2人の息子たちにゴミ箱へ捨てるよう命じた


(ええっ? そんなことしていいの?)


唖然と見つめる私の視線など全くへっちゃらで


母親はすべてのパックをビニール袋に移し終えると

カラカラカラ!

と備え付けのロールのビニール袋を10枚ほど


手に巻き取りレジ袋へねじ込んだ


2人の息子たちも同様に倣い

カラカラカラ!




驚いた!


あの子たち


将来どんな男になるんだろう



かわいそうだけど


親は選べないもんね



せめて



人畜無害の主夫になってほしいと

願わずにはいられない私であった





月と花火
月「ちょっ、ちょっとあんさん!そんなとこに出たらあきまへんえ!」
花火「あら、あたしの美しさをひがんでるのね。みっともないわ。」
月「ひ、ひがんでる? みっともないやて? うちは月どす!」
バチッ! バチバチッ!(火花)





最後まで読んでくれてありがとう

   笑ってくれた人 もっとありがとう

       また来てね~



↓こんなの作ってみました
ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)

人気ブログランキング




テーマ : ちょっとした出来事 - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ