FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)


マコト・ワールドは現在非常事態!


スマイルはちょっとお預けよ~



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


土曜の夜に実家へ行った私ですが

翌日曜にはもう帰ってきました



実は金曜あたりからパパリンの体調が悪かったのです

夜通しゲーゲー吐きまくり

病院に行ってあれこれ検査したけれど

これと言って悪いところも見つからず帰ってきたパパリン



吐き気と腹痛がおさまったので

パパリンは土曜に姑を車で2時間半ほどかけて

姉の家に送って行きました


そして私は土曜の晩に実家にピーを連れて出かけたのです



翌朝パパリンの様子が気になって電話をかけてみました

するとパパリンの声が震えてる!

寒気がする

体中が震える

そう言って電話は切れました



急いで息子に電話をかけて

様子がおかしいから見に行ってと頼むと

息子はすぐに車を走らせて様子を見に行ってくれました



次の電話で息子は言いました

熱を計ったら40度あったから今病院に向かってると



そして次の電話で

2センチの胆石が2個
即入院で緊急手術!



実家から3時間車を飛ばして

私も病院に向かいました


昨日今日とピーを長距離ドライブの道連れにするのは

余りにも可哀想なので

父にピーを預けて帰ってきました・゚・(*ノД`*)・゚・。



夕方病院に着くと手術の真っ最中で

手術は2~3時間と言ってたのにもうとっくに過ぎてると

心配顔の息子に

「あなたがいてくれて
本当に助かったわ
ありがとう。」


と礼を言うと

「息子だから当然だろ。」

と頼りになる返事が返ってきました




さて手術が終わり執刀医からお話を聞きました



やれやれ こんな時さっぱりだらしない私です


オツムは半ばパニック状態で

ろくに受け答えもできません


息子が代わって話を聞いたり質問したり・・・



しかも執刀医は何をするかと思えば


目の前に
摘出した胆嚢を出して
ハサミでジョキジョキ!




(;´Д`)ウウッ…
おえっぷ・・・




すると息子が


「お母さん見なくていいよ。
ボクがちゃんと見とくから。」





「ハイ・・・。」




酸素マスクをつけて眠っているパパリンを見ながら

これは夢?

いや現実なんだ

なぜこんなことになったのかしら?

などとぼんやり考えていると


ナースにお帰りくださって結構ですと言われ

息子の車に先導されてようよう家に帰りつきました

だって私ったらまるで腑抜けなんですもの

息子の車のテールランプだけをじっと見ながら

帰って来たように思います



そして明日仕事があるというのに

息子は深夜1時まで私の傍にいてくれて


寒いから送らなくていいと言い残して

夜の闇にに消えていきました



今ここに書けることはこれだけです

全てありのままに書きました

家から病院まで車で約1時間

1日2回通って私の1日が終わります

皆さんのブログへの訪問はしばらく無理かもしれませんが

お許しくださいね


どうかパパリンが早く元気になって


少年のように輝いてバイクを操る日が来るように


皆さんも私と一緒に祈ってくださいませ



テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ