FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


でも今日は笑いネタじゃないんですよ~
ちょっといい話をどうぞ



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


鮮やかな黄色
自然の色ってどうしてこうも美しいのでしょう
私のお肌は不自然な色だわ(;´Д`)ウウッ…





今日はちょっと感動するお話を書きましょう




あまりにも有名になりました


映画 「おくりびと」


職業としては非常にマイナーな


知る人ぞ知る納棺師





納棺師かどうかは知りませんが


この映画で思い出したことがあるのです




それは・・・


我が家の舅が亡くなったときのことです



肝硬変になり73歳で亡くなったのですが



亡き骸を家に運ぶ時に病院からついてきた男性2人が


舅を布団に寝かせてくれて


死装束とか諸々の死出の旅路の身支度を始めたのですが


その時今と違って60歳ぐらいで元気だった姑が


舅の死装束はすべて


自分が手作りしたものを使用すると言って


押入れから白い着物や頭につける三角の布


それに顔を覆う白い布も出してきたのです


しかもその四角い白い布は


37センチ×41センチの大きさでした




なぜだかお解りでしょうか?




姑は微笑んで言ったのです


「お父さんの人生は
皆良い・・・「み」「な」「よ」「い」
だから37(みな)×41(よい)。」




私はその言葉にものすごく感動しました


夫婦の姿ってこれなんだなぁって




私達遺族が業者の提供を断ると


その男性は手のひらを返したように人が変わって


「要らないんだと!」



と持ってきた品々を亡き骸の足元にポンと投げ出し


さっさと帰って行ったのですよ


結局は月参りのお坊様に色々相談して


お通夜と葬儀の準備をしたわけなんですけどね




頼みもしないのに勝手に病院からついてきて


商売にならないとなると豹変するって


罰当たりなヤツもいたものですわ




あいつらに見せてやりたいと思いましたね



「おくりびと」








最後まで読んでくれてありがとう

   感動してくれた人 もっとありがとう

       また来てね~

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ