FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:料理
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

コーヒー飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


昨日の記事に

息子が赤ちゃんのときに近所のおばあさんのおっぱいを

くわえていた話を書きました



「大事な息子なのに人任せにするなんて」

「不潔なおばあさん!」

「キモい~!」「不潔~!」「ゲゲ~ッ!」


そんな風に捉えることもできたはずなのに

そこに書かれたコメントは

そうではありませんでした



「古き良き時代」

「温かい近所付き合い」

「おばあさんの優しさ」



正直皆さんの捉え方に驚いた私です


現代に欠落した生身の人間関係が


そこにあったのだと再認識することができました



預かってくれたおばあさんは


一度も不機嫌な顔をしたことも無く


いつだって


「いいよいいよ ゆっくりいっといで!」


そう言って誰の赤ちゃんも自分の孫と同様に


子守をしてくれたものです



今だったら

他所の子供を預かって

その間に何か間違いでもあったら大変だと

まず用心が先に立って

余計なことはしないほうがいい


こう思うのが当たり前の世の中になっています



そりゃそうですよね

何かと言えばすぐ弁償だ慰謝料だ補償だと訴える


事故の責任を相手側に擦り付けることばかり考える



そんな親の子供を誰が預かる気になるでしょう




「何かあったらあった時」


私がそういう脳天気な人間でいるのは


あのおばあさんがいた時代を私も生きていたから


きっとおばあさんの優しさやぬくもりを感じて


暮らしていたからなんだなぁって思いました


ステキなコメントに感謝します





さて


夕食
豚肉のガーリックソテー・レンコンのはさみ揚げ甘酢煮
実家の父が作った生食用のほうれん草の緑が綺麗
そしてやはり父が北海道から取り寄せてくれた松前漬(特大数の子です)



大食いのパパリンと私ですからまだありますよ



特別のおじや


このおじやはワケありなんざます


実は昨年の12月にnanaさんの記事から


嬉野温泉風湯豆腐というのを見つけました


重曹(タンサン)の大豆を柔らかくする特性を生かして


鍋に重曹を加えて煮ると豆腐や揚げがトロトロになるのです


その食感を試してみたくて作りました
(写真を撮ってたら溶けちゃうから撮らずにさっさと食べたわ)


最初は透明なだし汁が重曹の作用で豆腐が溶けて


まるで豆乳鍋のように真っ白になりました


一緒に入れた白菜もとろけてしまい
(失敗作じゃないよ・・・たぶん)

美味しくなったスープでおじやを作ったのです



いやぁ~ ヘルシーで美味しかったこと!


脂っこいおかずの好きなパパリンも絶賛してくれました


詳しい作り方を知りたい人は

nanaさんのブログ「ナナとブーの旅日記」

12月7日の記事を見てね


半世紀生きてきてもなお


未知の食べ物にありつける喜び


ああこの感激を皆さんと分かち合いたぁぁぁい










ポチッと押して帰ってね

ranking_1.gif元気よくポチッとお願い!


にっこり笑ってポチッとね!

ファイブ ブログランキング
励みになるのでクリックを!

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ