FC2ブログ

プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:テニス
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


読みながらコーヒー飲んでるあなた
ふき出さないようにご注意を!

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



「話上手の聞下手」と言いますね


自分が話をするのは上手だけど

人の話を聞かないまたは聞けない



私は長い人生の中でたくさんの人と出会いましたが

「話上手の聞下手」はたくさんいます



お喋りが好きな人はほとんど

「話上手の聞下手」



私も若い頃は教師という仕事柄

上から目線でつい喋りがち

「話上手の聞下手」に属していたと思います



しかしこれでは

人から信頼される人間にはなれないと感じたのは


やはりこの二十数年来お世話になってるテニスクラブ

枯れ木も山の賑わいクラブ

このクラブのメンバーはほとんどが私より年上で

しかも半分は男性です


子供を教えるような上から目線は

到底通用するものではありません



このクラブで皆と一緒に教わってるうちは

「話上手の聞下手」でもよかったんですけど


少しばかり上達して

クラブのコーチになったとき

私は愕然としました


クラブ員と私との間に流れる異様な空気

何を言っても反発され

そっぽを向かれ



気がつくと私はひとりぽっち・・・


別の指導者の下で皆と一緒にテニスを習っている時と

全然違うんです


今思えば当たり前のことなんですけどね


上に立つことの難しさ


今までは自分が上達することだけを考えていればよかった

でも今度は自分よりもクラブ員のことを

考えていかなければなりません


子供の頃から何不自由無くわがままに育ち

自分の思うように行動してきました

友達もたくさんいて

私はいつも皆から愛されていると

そう信じて生きてきました



アマちゃんでしたね



頭ごなしに怒鳴れば怒鳴るほど

命令口調で押し付ければ押し付けるほど


私は皆から拒絶されていきました




(このままじゃダメだ
私が変わらなきゃ!)




ここで私が考えたことは


「話上手の聞上手」になることでした


自分が喋る前にまずは相手の話を聞くことです


これは私にとって簡単なようでかなり難しいことでした

でも私は「話上手の聞上手」になることができました

正確にはまだ発展途上なんですけどね


なぜ私が「話上手の聞上手」になれたかというと


これはクラブの皆のおかげなのです



私は今までにもブログの中で度々

夢は持ち続ければ叶うもの

誠意は必ず通じる


そういったポジティブなことを書いてきましたが

全て私の経験から確信したことなのです




私が自己変革を試みて

自分より皆のことを優先して考え

まず相手の話を聞く姿勢をとるようになると


皆の態度が徐々に変わってきました

もちろん長い時間がかかりましたよ


でも長い時間をかけて培った信頼関係は

容易に崩れることもないのです



その後色んな役員の肩書きが増えて

数々の困難に出会いました

テニスをやめなくちゃならないかと思うほど

追い詰められたこともありました



でも私にはたくさんの仲間がいて

「あなたの帰る場所はここにある
思うようにやったらいいよ」



そう言って背中を押してくれました


だから今もこうして私はここに居られるのです



今でも至らぬところは多々ありますが

今の私はクラブ員たちの強い信頼に守られているので

安心して怒鳴っています




「こらーっ!
何度言ったらわかるのよ!
足を動かせっ!」




ふぁいとぉ~!





努力は必ず報われると信じて!

ranking_1.gif25位以内に戻れるのはいつのことやら


6位あたりかしら ありがとう!

ファイブ ブログランキング
5位よ ありがとう!

テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ