プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


いつも笑顔で
人は誰も笑顔で生きる権利があるのです


珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



今日は姑の一周忌




若い頃はとってもステキで優しい人だったけど

三十数年同居して色々あって

「あんたの世話にはならん!」

と言い放った姑も臨終には

「お世話になってありがとう。
わたしは幸せでした。」


と言って手を合わせた



しかし誰もが臨終の際にそんな風になるとは限らない


ある友人の姑は死ぬ間際まで悪口雑言

最後の最後まで感謝の言葉も無かったそうだ

友人の心には痛みだけが今も残っている


としてみると

うちの姑は良い死に方をしたのではないだろうか



死にゆく者は生き残る者に対して

どんな態度どんな言葉を残すべきか

姑は悟っていたのかもしれない


『終わり良ければすべて良し』


何もかも帳消しにできるわけではないかもしれないが

少なくとも最期に残した言葉は意義深い

労いと感謝の言葉を残したならば

長年苦労した者も救われるというものだ


死者をずっと恨んだり憎んだりするのは悲しすぎる




私も最期の時には

穏やかな顔でそんな言葉を残したい


そのためには今から徳を積まねばならないのだろう

私にできるだろうか・・・



一周忌を迎えた今日ふとそんなことを思った







最後まで読んでくれてありがとう

   思い出すことが供養だそうな

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


先週から始まった我が家の和室のリフォームは

順調に進んでいます



着手前の和室はこんな感じ

before


ふすまも古めかしく

古風なふすま

私の好みとは程遠い・・・松の大木って


ま いいですけどね

姑の部屋だったのだから姑の好みで



新しいふすまは越前手すき和紙で

無地っぽいものが入る予定です



そして壁も塗り直してこんな色になりました

壁塗り終了


まだ乾いてないからムラになってますが


乾くとだいぶ明るくなると思います


洗い屋さんも入って


柱や欄間や天井もきれいに洗ってもらいました



今週中にふすまと畳と新しい障子が入ります





そして・・・


そして・・・


かつて姑が暮したその部屋は



にっくき嫁

の憩いの部屋になるのだぁ~~~~~



いいよね?


35年も面倒見てきたんだから


私がもらっても






最後まで読んでくれてありがとう

   寝るときは仏壇を閉めようっと

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



実はこの4月1日から1週間

フィリピンへ行ってきます



友人が結婚するのでお祝いに行くのです



ずいぶん歳の離れた友人だって?

ほっといてちょうだい


28歳で大学教授をしているフィリピン人です


彼女はセブに住んでいるので

セブ島観光は彼女とフィアンセの担当です



それからマニラに向かいます

マニラでは二人の友人が待っていて

交替であちこち連れ回ってくれます



プランは全てあちゃら任せなのでお気楽な旅です


四六時中現地人が一緒なら

治安云々も気にしなくていいし



一人で行くのかって?

いえいえ今回はお嫁ちゃんを連れて行きますよ



周囲の人は皆

「どうしてパパリンじゃなくて
お嫁ちゃんと行くの?」


と不思議がります


お嫁ちゃんも同様に

友達や親戚から

「なにゆえ姑なんぞと旅に?」

と聞かれるそうな



いいじゃありませんか

別にいじめたりフィリピンに置き去りにしたりしませんって


海外旅行に行ったことがないというから

フィリピンなら英語圏だし

私がいれば大丈夫(たぶん)だから

んじゃぁ一緒に行くかい?と聞いたら

行く行くと答えたんですもの


日頃息子の世話をよくやってくれてるので

感謝の気持ちもあってね



旅費はぜ~~~んぶ私にお任せ~~~

と後先考えない義母はつい言ってしまったのでありました



嫁姑だけの旅行っておかしいですか?

不安は微塵も無いんですけど




最後まで読んでくれてありがとう

   嫁として30年以上学習してきたからだいじょうび

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


昨年末に逝った姑には

近所に二人の仲良し婆さんがいた



そうね

20年ほど前になるかしら

姑キクは70歳ぐらいで

お向かいのおウメ婆さんは77歳ぐらい

一軒おいて隣のおハツ婆さんは75歳ぐらい



この長寿3ババトリオ

よく我が家の姑の部屋に集まって

お喋りを楽しんでいた


・・・というかボヤキ合っていたと言ったほうが正解?


もちろん嫁や婿の悪口に決まってる



三人とも足は悪いが口は達者だから

飽きもせず同じことを上り下り延々と喋っていた



さてこの長寿3ババトリオにも

年貢の納め時がやってきた



まず昨年9月におウメ婆さんが97歳で昇天

続いて12月に我が家のおキク婆さんが90歳で昇天

そしてとうとう先日おハツ婆さんが95歳で昇天した



お通夜の席で

「きっとあの二人が呼んだのよね。」

と私たち嫁軍団は口々に言い合った





「そぉら来た来た。
おハツさん待ってたよ。」




「あんたのとこの嫁さん
全然泣かなかったね。
憎たらしい!」

(あんたの嫁だって泣いてませんけど)



「あれまぁ、ここは
ずいぶんいい所じゃないの。
これからもよろしくね。」




今頃

あの世では長寿3ババトリオ

三人揃ったものだから水を得た魚のごとく

悪口雑言言いたい放題

賑やかに喋りまくっているんだろうな




そんなことを考えながら

仏壇にお線香をあげる私だった






最後まで読んでくれてありがとう

   それにしても日本って長寿国だなぁ

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



胃癌の再発で暮れに亡くなった姑の

四十九日も無事に終わったけど

お墓が北陸にあるので

雪が無くなる春に納骨をすることになった



なので仏壇のお骨に毎日お線香をあげている



晩年にはとにかく気難しくなって

何か言えば悪いようにばかり解釈して怒った

それ故私は自然に会話を控えるようになった





仏壇の姑はとっても静かだ



私はお線香の煙漂う中で今までに無く姑に話しかける


「おばあちゃん、
きれいなお花に囲まれて
よかったね。

美人の嫁さんに
毎日拝んでもらって嬉しかろ。」



何を語ろうと

好き勝手なことを喋ろうと

な~んにも返事は返ってこないけど

全然寂しいとは思わない



むしろ姑と向かい合って

静かに話ができる今に安らぎを感じて

ほっとしている自分がいる


実は姑が死ぬ前

姑が死んだら自分がどんな気持ちになるか

ちょっと不安だった

恨み辛みがつのって

どんな形で姑の死を受け入れるんだろうかと




でも実際にその時を迎えてみれば

姑に可愛がられた昔々のことばかりを思い出して

思わずお骨に微笑みかけてしまうんだよね


身体があちこち痛くなったり思うように動かせなくなって

ついイライラして性格も荒くなってしまったんだろうと

今頃になって姑を許せるようになった



つくづく私って幸せな性格だと思う




そして人は許すことで心を解放することができるのだと

しみじみと実感している






たくさんの花に囲まれて
寒いのでお花が長持ち


最後まで読んでくれてありがとう

   人間関係で苦労してる人に読んでほしいな

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)




゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



「まぁなんて可愛らしい笑顔・・・」


と私のこの顔を見て言った姑は

1月の91歳の誕生日を待たずに天国に旅立ちました



モルヒネのおかげでほとんど苦しまずに

安らかに逝きました



33年前に先立った舅の祥月命日だったので

きっと舅が呼んだのだと思いました


自分の親とよりも長く同居したので

本当に色んなことがありましたし

たくさんバトルもやりました


それでも最期は仏のように穏やかで

いい死に方だと思いました



「パパリンを産んでくれて
ありがとう。」



と手を合わせて最期のお別れをしてきました




そして私は休む間もなく

1カ月もほったらかしにした実家の母の元へ走ります



姑の死でがっくりと落ち込んでいる母を

元気付けるために



そのためには私が元気でいないといけませんね


大丈夫

私はスーパーウーマンですから



次回からはきっと楽しい話題を書きますね~



元気だった頃の姑
決して懐かしんではおりませぬ




最後まで読んでくれてありがとう

   

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)




゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



1月に姑は91歳の誕生日を迎える



お医者様はあと2~3日だろうとおっしゃったけど

姑はきっと誕生日まで生きるだろう



・・・そんな気がする




姑は身体も精神も我々軟弱者とは違う

何たって戦争体験者なのだから


満州で赤ん坊を抱きかかえながら弾丸の下を

ほふく前進して逃げ切った人だ


たくさんの日本人がソ連の捕虜になったが

姑は運よく逃げ切って舞鶴に引き上げてきたそうだ


赤ん坊は途中で死んでしまったが

死んだと悟られると捨てられてしまうから

ずっと生きてるかのように抱いていた

埋葬できる土のある場所にたどり着くまでずっと・・・


母親の執念とでも言うのだろうか

どんな思いで冷たくなったわが子を抱き続けたのか

想像を絶するものがある


姑の戦争体験談を聞いたのは

私が大学生の頃である



今さらだけど

もっとたくさん聞いておくのだったと後悔が残る


私は姑から聞いた話を息子にだけは伝えたいと思っている

戦争の体験を語り継ぐことが残された子の務めだから


そうしないと忘れた頃に

また愚かな戦争が繰り返されるかもしれない




感慨深げな私の話を聞いて

パパリンが言った




「へぇ~ そうなんだ。
オレそんな話聞いたことない。」





(ーー;).。oO


姑
今は半分ぐらいにちっちゃくなってしまったわ



最後まで読んでくれてありがとう

   姑のたくましさには勝てません

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



数か月前から義姉の家にいる姑は

癌の転移による痛みでモルヒネの量も増え

年を越すのも難しい状況になった


先日パパリンと孫っちと3人で会いに行ってきた

元々細い人だったので

特にやつれたようにも見えず

モルヒネで朦朧としているようでもなかった


ベッドに横たわる姑の顔を覗き込むと

姑は私の手を握って言った


「まぁなんて可愛らしい笑顔。」


(ーー;).。oO


若い頃はよく姑に可愛いと言われたけど

この十年ほどは憎まれ口ばっかりで

褒めてくれたことなど全然無かった




不思議に思った



帰ってからテニスの仲間にその話をしたら



「モルヒネの力って
    すごいねぇ!」



と言われて妙に納得した






姑
昔はこんなに元気だったのにね




最後まで読んでくれてありがとう

   笑っていいのか悪いのか・・・

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜



突然施設から家に帰ってきてしまった姑ですが

徐々に退屈になってきたらしく

夫を亡くして独り暮らしになった義姉のところへ

ほんの少しの間だと念を押して出かけて行きました

もちろんパパリンの送迎付きですけどね



だから何も世話になっていないなんて

言ったらダメですよね~


絶対に看ないと言っていた義姉も独り身になった今

姑が行くのを断る理由も見つからないのでしょう

渋々承知したみたいです



ところが姑を送り届けてほっとしたパパリンが

ある午後のこと急に私の実家に現れました

気になっていた物置の片付けをすると言って



長い間使っていなかった物置の中には

父のゴルフ道具や釣り道具が

天井まで積み上げられ

もらったけれど気に入らなくて

日の目を見ることもなかったような置物や飾り物だとか

昭和初期の名残りのような火鉢とか

どのように言い表したらよいのかわからないような

奇怪なモノ?????



それらを全部物置から運び出して

パパリンの車にギュウギュウに詰め込んで

市の粗大ゴミ収集センターに運んで行きました



母はそんなパパリンを見て感激し

ありがとうありがとうと何度も何度も頭を下げるのでした



そんな母を見て私は思うのです

母の百分の一でいいから

姑に感謝の気持ちがあったらなぁと



パパリンにありがとうと一言言ってくれたら

ちょっとは可愛いおばあちゃんに見えるのにね



あなたの息子はこんなに優しい人なのですよ



それが見えないなんて

あなたの目は節穴



それが感じられないなんて

あなたの心は空洞



誰がその空洞を埋めてくれるのでしょうね


寂しいですね

そんな終焉って・・・



最後まで読んでくれてありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:嫁姑問題
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔

珈琲飲みながら読んでるあなた!
吹き出しても知~らない


「節約」を連呼してますよ~
これを見れば必ず元気になれる!

[広告] VPS



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜




突然施設を出て家に帰ってきた姑を

毎日パパリンが説得し続けました

家にいても面倒を見てくれる人は居ません

誰も食事を作ってくれないし

掃除も洗濯もしてもらえない




なのに姑に理屈は通らないのです


 

考えてみてください

物事には道理というものがあって

筋道を立ててこそ結果が導かれるものです



ところが姑の場合は感情オンリーで動くので

いくら事細かに説明しても

納得することは無いのです


ただあるのは

いやだ!という感情だけ



施設の方からも

聞く耳を持たないのでどうしようもないと

匙を投げられてしまいました


しかも家に帰るのだと勝手に周囲に言いふらし

入所仲間の中には帰りたくても帰れない事情の人が

たくさん居られるのに

その人たちの動揺を煽り

施設内をパニックに陥れたと

施設からお小言を頂戴し


これではもう二度とこちらでお世話になることは

叶うまいと諦めざるをえなかったのでした


あそこならと本人も二つ返事で承知して

一年近くも待ってやっと入れた施設だったのに





そして強引に退所した姑は

私に食事のデリバリーを注文させ

部屋にたてこもること一週間



今度はその宅配の食事がまずいと文句を言いだしました



30年間世話をしてきた私に

今までもあんたの世話になってないし

これから先も世話にはならないと

そうはっきり言ったことは

きれいに忘れてしまったみたいです



言われた本人は決して忘れられるものではないですけどね



そして私は相変わらず実家と家を行ったり来たり

忙しい毎日を送っています



何も知らない実家の母が

今日も嬉しそうに私を迎えてくれました



母には言えないのです

姑が家に帰ったことを知ったら

母は間違いなく私に来なくていいと言いますから





しかしこれも弱虫の私に与えられた試練で

ここを乗り越えて行くしかないのでしょう




私は思います

きっと優しくてにこやかなおばあさんになりましょう

いつも周りの人たちに感謝の気持ちを忘れない

温かい心をもったおばあさんになりましょう



最期の時に

ああ いい人生だったと

そう心から思えるように・・・







最後まで読んでくれてありがとう

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ